月別アーカイブ: 2015年3月

EMJ通信 [3/20号] ★映画「蘇生」公開記念 特別上映会&講演会

☆EMJ通信
バックナンバー一覧

mm-header-600
EMJ通信 [3/20号] ★映画「蘇生」公開記念 特別上映会&講演会
『 EMJ通信 309号 』H27年3月20日発行
http://www.emj.co.jp/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1. 映画「蘇生」公開記念 特別上映会&講演会・・・・EMJ 高橋 万里子
2. 2015☆映画「蘇生」公開記念春キャンペーン・・・H27/3/31まで
3. EMJオンラインショッピング!・・・年中無休・ポイントも貯まる!
4. EMJ今月のわくわくプレゼント・・・てぃだの生塩が10名様に当たる!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画「蘇生」公開記念 特別上映会&講演会のお知らせ
…………………………………………………………..

3.11直後から福島県で放射能の除染実験に取り組んでこられた比嘉照夫
教授とEM研究機構の活動を捉えたドキュメンタリー映画「蘇生」が、「祈り
〜サムシンググレートとの対話」に代表される新進気鋭の白鳥哲監督によっ
て完成し、4月4日(土)から劇場公開がはじまります。

「人類は地球をどこまで汚染し続けるのか」というサブタイトルのもとに、
汚染され破壊し尽された母なる地球を蘇らせるのに微生物の力を借りるとい
う有効な手段があること、そしてそれを実践している比嘉教授を紹介した映
画です。

映画では、比嘉先生の幼少の頃、教授としてEMが完成するまでのエピソード
などが紹介され、また、ジャーナリストの船瀬俊介さんはじめ、何人かの学
者さん、そしてEM健康生活でもおなじみの現職のお医者さんである杉本一郎、
田中佳の両先生も出演されています。

この度、5月10日(日)メルパルク東京で、映画「蘇生」公開記念 特別上映
会&講演会が開催されることが決定しました。
当日は、白鳥監督をお招きし、映画にかけた想いを語っていただきます。
また、EMの開発者である比嘉先生と、EMによる放射能汚染対策を進めてきた
新谷氏からもご講演いただきますので、楽しみにしててくださいね。

▼ドキュメンタリー映画「蘇生」について詳しくはこちら
http://emj.co.jp/blog/emxg/?page_id=3197

…………………………………………………………..

◆EMJ社長の感動親父ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/emj_yusuke/

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

★…・・・2015☆映画「蘇生」公開記念春キャンペーン・・…★
(H27/3/31まで)
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr150

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

★…・・・春の5大特典&プレゼント・・…★

☆期間中1万円ご購入ごとに有機のタネ1袋プレゼント!
(有機のタネで、本物の無農薬野菜を作ろう!)
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1464

☆ご購入の方(3/31まで)全員に「EMの増やし方」リーフレットプレゼント!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1465

☆EMW2本お買い上げの方にスプレーボトル(100cc)プレゼント!
&<期間限定>新発売!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1466

☆あなたのEM自慢を手紙&FAXでお送り下さい!
抽選で30名様に映画「蘇生」のチケットをプレゼントします!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1467

☆プロハーブ2500円以上お買い上げの方に、ポータブルバック進呈!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1468

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

イーエムジャパンのオンラインショッピング!
http://emj.co.jp/

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

年中無休、24Hオープン!クレジットもOK!ご自宅までお届け!

◎今、話題の微生物の命のエネルギーをとりいれたEM飲料「EM-X GOLD」
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr13

◎EMで家庭菜園はじめませんか?
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr119

◎鎌倉市は4月からゴミ有料化へ。生ごみ処理容器のご注文が殺到中!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr93

◎人、ペット、植物などあらゆる家庭内環境を「蘇生」してくれるEMWです!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr4

◎高い薬代を払う前に、毎日、安全で安心の食物を体に取り入れましょう。
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr5

◎よい環境で暮らすことが健康への道、幸せは心と体が健康であってこそ!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr6

◎春は花粉症で、お鼻のまわりはカサカサ?外出したら、すぐ入浴も効果的!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr7

EMの「すばらしい商品」と出会うことができましたでしょうか?

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

●セミナー&イベントカレンダー●
http://emj.co.jp/blog/emxg/?cat=120

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

○ドキュメンタリー映画「蘇生」は4/4(土)より劇場公開のお知らせ!
http://emj.co.jp/blog/emxg/?cat=221

○H27/4/7〜4/9 GOLDのルーツをたずねて沖縄ツアー
http://emj.co.jp/blog/emxg/?p=3266

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
インフォメーション
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

○今すぐ、会員登録♪で500円分お値引できる・・・!!
https://c07.future-shop.jp/fs/emjapan/MemberEntryEdit.html

○レビュー書き込みで100ポイント(100円相当)プレゼント!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr59

○お誕生月ご購入の方に「EMきび糖しお飴」をプレゼント!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr54/gd1311

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
★今月のプレゼント★
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

◎<EMJ今月のわくわくプレゼント>
ご注文・メルマガご購読・会員の方の中から、毎月、EMJ選りすぐりの商品
をプレゼントしています!
てぃだの生塩を抽選で10名様にお届けします!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr57

イーエムジャパンネット通販店長 高橋★TOPへ戻る>>>

Q : 出来上がったEM活性液はどのくらいもちますか?

◆よくある質問:出来上がったEM活性液はどのくらいもちますか?

20150501-650-3

◆ 回答 ◆

活性液は完成後1週間くらいが、一番安定した「良質」のものですので、
なるべく早く、1~2週間でお使いください。

生き物なので、ほおっておくと、だんだん元気がなくなってきます。
保存は、陽の当たらない冷暗所に置きます。
よく、活性液がたくさんあって、余って使い切れず、
EM1号も使い切れない、どうしたら、いいのか?
という質問する方がいらっしゃいます。

使うぶんだけ、作る。
古くなった活性液は、効果があまりありません。
排水口に捨てていただきますが、もったいないですよね。

お忙しい方、時間のない方には、活性液は作らず、
そのままEM1号をうすめてお使いになることをおすすめします。
※そのままお使いになる場合、糖蜜はいりません。

EM1号(1L)を2Lペットボトルで、そのまま1000倍に薄めたとします。
なんと、500回も使用できます。(2L×500本)
500倍でも250本!
少量作れば、もっと、もっと、1年中、365回だって作れます。
EM1の保管期間は1年ですから、古いEM活性液を使うより、
バランスの良い、効果的なEM1を直に使われた方がお得かもしれません。

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

Q : エンバランス容器に果物を入れるとまろやかになるのはなぜ?

◆よくある質問:エンバランス容器に果物を入れるとまろやかになるのはなぜ?

1352_3

◆ 回答 ◆

エンバランスには、活性促進、熟成促進をする働きがありますから、
果物をエンバランスに入れると、早く熟すことになります。
例えば、少し、かたい柿をエンバランスに入れると、早く熟していくので、
渋さがとれて、甘く熟した味(まろやか)になります。

逆に、メロンなどを熟れすぎないように少し置いておきたい場合は、
入れるのをやめておいた方がいいでしょう。
エンバランスに入れると、早く熟していくので、追熟するタイプの果物、
マンゴー、メロン、パパイヤ、キーウィ、りんごなどは、
これ以上、発酵させたくないときは入れない、
発酵させたいときは入れる…という使い方をした方がいいでしょう。

エンバランス効果は、新鮮保存袋も容器も、繰り返し使えて、効果は変わりません。

※出し入れしやすい「エンバランス新鮮チャック袋 中広口サイズ(6枚入り) 」が出ました!

20150613-450-14

※大きな果実、長い野菜を入れるのにEMB 新鮮袋 米5kg用8枚入りもおすすめです。(写真は空芯菜が2束はいっています)

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

Q : なぜ、EMは水道水でうすめてはいけないのですか?

◆よくある質問:なぜ、EMは水道水でうすめてはいけないのですか?

645_1

◆ 回答 ◆

EM1号も、EMW(自然のチカラ)も生きた微生物たちです。

水道水には、塩素が含まれています。

塩素はEMの中の菌を殺したり、働きを鈍くしたりしますので、

水道水を使用する場合は汲み置きしたり、浄水器を通して塩素を

できるだけ抜いたものを使うことをおすすめします。

 

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

Q : 封を開けたEMWは冷蔵庫に入れなくてもよいのですか?

◆よくある質問:封を開けたEMWは冷蔵庫に入れなくてもよいのですか?

31_1

◆ 回答 ◆
冷蔵庫には入れないでください。

EM1EMW(自然の力)も、生きた微生物たちです。
15℃以下の場所で保管すると、活動を休止する菌がおり、
それらの菌が活動するまでに時間がかかるからです。

温度変化の少ない、直射日光の当たらない暗い場所で保管しましょう。
保管期間は1年で、ボトルに表示されています。

(注)飲むEMドリンク「EMXGOLD」は封を開けたら、冷蔵庫へ。
また、ボトルの注ぎ口には口を直接つけないで、
他の容器か、グラスなどに注いでから飲んでください。

>>>★イーエムジャパンホームペー
ジのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOP
へ戻る

★映画「蘇生」<1>★

イーエムジャパン ★映画「蘇生」★

★蘇生<1>★
微生物の可能性が未来を救う!!☆EMで、地球蘇生への道筋をドキュメンタリーで描く。 EM(微生物)の蘇生能力から、今、地球規模で抱える汚染問題の解決策を探る映画です。

◆5:白鳥哲監督の2015年最新作映画「蘇生」のあらすじ

◆4:「蘇生」完成試写会3/7(土)17:00~スペースFS汐留にて

◆3:映画「蘇生」の劇場公開は4/4(土)よりスタート!

◆2:白鳥哲監督インタビュー「微生物の力を借りれば、地球は蘇生するんだ!」

◆1:白鳥哲監督インタビュー「健康とは地球と共生することで得られるもの」

映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」の白鳥哲監督の最新作「蘇生」ストーリーのご紹介です。
人類が汚染し続ける地球環境を、福島の放射能汚染から蘇生化させる一筋の希望 微生物(EM)の可能性について追求したドキュメンタリー映画!
日本全体が目をそらそうとしている中、放射能の問題に真っ向から 取り組む白鳥哲監督を称えたいです。

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EM誕生物語<6>

EM誕生物語<6>

★EM誕生物語<6>★
微生物の可能性が地球の未来を救う!!☆EMは現在、世界で150ヵ国以上にわたり普及し、国内でもあらゆる地域で広がりを 見せています。 人類の幸せな未来のため、その可能性が最も注目されている技術の一つ「EM」の誕生物語です。

★1980年EMの発見⇒1982年農業資材EM1号として販売⇒環境・水質浄化にも効果⇒2010年宮崎口蹄疫拡大防止で農林水産大臣から感謝状⇒EMによる放射能除染提言、防災・東日本大震災復興活動展開中 

EMは自然界に存在する人や環境に有益な働きをする微生物たちの集まり。
琉球大学農学部の 比嘉 照夫教授 によって見出されました。

EMの中には数十種類の働きの異なる微生物が入っています。
主な微生物として、食品に使われる同じ仲間の乳酸菌、酵母をはじめ
光合成細菌、放線菌、糸状菌などがあります。

このEMを土に入れることにより、土の持つ力を十分に発揮させ、
植物が健康に育つ環境を作り出します。

当初は土壌改良資材として開発されたEMですが、現在では農畜水産だけでなく
水質浄化をはじめとする環境改善や、食品、医療、建築、教育など
様々な分野に広がっています。

◆EMで人も地球も蘇る!

地球誕生から現在までの時間を1年、365日とします。
1月1日に惑星「地球」が生まれてから、人類が誕生したのはなんと、12月31日の58 分なんだそうです。

人類は地球上ではまだ、たった2分だけの「住人」なのです。
そんな新参者の人間だけが、自然に逆らって生きています。
他の地球上の生物は、自然の循環の中で生き、死んで大地に還ります。
人間だけが、排気ガスやCO2をまき散らし、ダイオキシンや環境ホルモンを大地 に埋め、化学物質や洗剤を海に流し続けているのです。

20世紀後半、地球温暖化、気候の変化、戦争、貧困、餓え、病気など、私たちは、 多くの問題に気付きました。
「EMの開発父」比嘉照夫氏は、太古から地球上に存在する、あらゆる生物の祖先 でもある、「微生物」に問題解決のカギがあると考え、「EMで人も地球蘇る!」 と提言しています。

◆EMで地球を救う大変革

1900年末、世界中では、地球温暖化や、酸性雨、環境ホルモン、農薬が大きな問題 でした。
1997年に、比嘉氏は著書「地球を救う大変革」を出版。
EMで第一産業での生産を高め、貧困、病気をなくし、地域社会・環境を守り、国 を守り、地球を大事にしよう!という世界規模、地球規模の大改革を提言! 世界各国で翻訳、出版され、大反響をまきおこしました。 EMは今、世界54カ国でEMの製造がおこなわれて、EMが使用されていおます。 そのうち朝鮮民主主義人民共和国、ベトナム、ラオス、ミャンマー、ブータン、モ ルジブ、エジプト、シリア、ベラルーシの8カ国は、直接各国の政府機関と提携し、 事業を推進しているのです。

日本では、比嘉氏は、いちはやく、環境に負荷をかけず、河川の浄化、生ごみリサ イクルのバイオ資材としてEM活用を提言、実践し続けてきました。 2006年以降、市場でのオーガニック農業物の需要拡大に伴い、生産地でのEMの需 要も爆発的に拡大。
学校現場での「食育」「環境」教育も進み、自治体でのCO2削減「生ごみリサイ クル」事業への推進、無農薬栽培でのベランダ家庭菜園家のニーズによりEMが爆 発的に需要が増えている現状です。

2009年の宮崎県の口蹄疫予防にEMが効果を上げました。
2011年3月には、東日本大震災がおこりました。

こんなときだからこそ、復興のために、未来のために、子供たちのために、出来る 限りのことをしなくてはなりません。 比嘉氏は、EMでの除染、塩害対策を提言しています。 EM研究機構、EM研究所では、要請のあった自治体に対して、EM活性液を無料 提供することで、東北復興を支援しています。

◆エコピュア:比嘉照夫氏連載「夢に生きる」
各種情報提供はEM研究機構
EM無料提供についてはEM研究所

◆EMによる放射能除染対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_49.php

◆EM技術による臭気および土壌汚染(塩害、ヘドロ、放射能)対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_41.php

※比嘉照夫教授プロフィール
(ひが・てるお) 1941年沖縄県生まれ。EMの開発者。琉球大学名誉教授。名桜大 学教授、国際EM技術研究所所長。アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長、(財) 自然農法国際研究開発センター理事、NPO法人地球環境・共生ネットワーク会長、 農水省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長。著書に 「地球を救う大変革①②③」「甦る未来」(サンマーク出版)、「EM医学革命」 「新世紀EM環境革命」(綜合ユニコム)、「微生物の農業利用と環境保全」(農文協) など

_______________________________

<比嘉照夫教授のプロフィール>
比嘉 照夫(ひが てるお)

1941年12月28日沖縄県生まれ。
琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了。
1970年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。
1982年に同大学教授。2007年には同大学名誉教授となり、同年 4月より名桜大学教授及び国際 EM 技術研究所 所長(現在、国際EM 技術センター センター長)に就任。
「EM 」を研究開発し、EM は農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分 野で活用され、現在世界 150ヵ国余に普及されている。また、「EM 」は1997年 1月発行の『現 代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体 で積極的な活用が進められている。

_______________________________

■主要著書
「微生物の農業利用と環境保全」 (農文協.1991年)
「EM環境革命」      (総監修.綜合ユニコム.1994年)
「EM産業革命」        (総監修.綜合ユニコム.1997年)
「地球を救う大変革」     (サンマーク出版.1993年)
「地球を救う大変革②」   (サンマーク出版.1994年)
「地球を救う大変革③」  (サンマーク出版.1997年)
「本物の世紀」    (共著.PHP研究所.1995年)
「微生物が文明を救う」 (共著.クレスト社.1995年)
「EMで生ゴミを活かす」 (サンマーク出版.1995年)
「比嘉照夫のすべて」 (サンマーク出版.1998年)
「甦る未来」 (サンマーク出版.2000年)
「EM医学革命」  (総監修.綜合ユニコム.2000年)
「蘇生海塩の驚異」  (共著.綜合ユニコム.2001年)
「-新世紀- EM環境革命」 (総監修.綜合ユニコム.2003年)
「シントロピーの法則」 (NPO法人地球環境共生ネットワーク.2011年)
「新・地球を救う大変革」 (サンマーク出版.2012年)

_______________________________

■現在の主な役職
自然農法国際普及実行委員会委員長
アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長
(公・財)自然農法国際研究開発センター評議員
(財)日本花の会技術顧評議員
有用微生物応用研究会会長
全国EM普及協会会長
EM医学国際会議実行委員長
NPO 地球環境・共生ネットワーク理事長
NPO 花のまちづくりネットワーク理事長
農林水産省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長
その他、国・県の各種委員を多数歴任

EM:Effective Microorganisms[有用微生物群]

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EM誕生物語<5>

イーエムジャパン EM誕生物語<5>比嘉照夫(ひがてるお)教授へのインタビューより

★EM誕生物語<5>★
微生物の可能性が地球の未来を救う!!

☆EMは現在、世界で150ヵ国以上にわたり普及し、国内でもあらゆる地域で広がりを 見せています。 人類の幸せな未来のため、その可能性が最も注目されている技術の一つ「EM」の誕生物語です。

◆EM誕生のいきさつ

EMは、1980年、比嘉氏の研究室で発見されました。

当時、琉球大学農学部の助教授だった比嘉氏は、研究室に123種類ほどに絞り込ん でいた実験済みの微生物を密封したまま、(微生物を密封容器に閉じ込めることは 常識外れとされてた。)数日、放置して出かけてしまいました。

戻ると、容器は膨張、中は白く混濁して、PH3.5をすでに超えていました。 微生物学の常識では、PH4近くになると、微生物はノーマルな活動ができず死滅 すると考えられていたのです。

しかし、信じられないことに、密封容器の中で、81種類、生きていたのです。 比嘉氏が微生物学専門でなかったからこその、幸運な「偶然の失敗」による発見。

これが、EMのはじまりです。

◆EMという名前

EM(有用微生物群)の特徴は、光合成細菌、乳酸菌、酵母菌、納豆菌を中心に、 お互いに安定して共生した状態を形成しつつ、かつ抗酸化のパワーをもっていて、 既成の微生物学の常識をはるかに超えた内容でした。

比嘉氏は、天才的勘で、将来、地球を救う「EM」の効果を確信、農業利用への 研究に没頭しました。

当初EMは、沖縄農業の神様と親しまれている名前「サイオン」と命名されました。 しかし、世界的に評価されEMの需要が広がっていく中、簡明な英語名が必要とな り、1982年には、「EM(Effective Micro-organsms=有用微生物群)」という名 前になり、EM1号、2号、3号として世に出たのです。

農業資材として普及しはじめた「EM」はまたたく間に、業界で注目を集めました。 しかし、EMのすごい効果は、農業だけにとどまらず、環境、工業、医療などのあ らゆる分野でも、多くの国で利用され注目を集めることとなるのです。

◆EMで地球を救う大変革

1900年末、世界中では、地球温暖化や、酸性雨、環境ホルモン、農薬が大きな問題 でした。
1997年に、比嘉氏は著書「地球を救う大変革」を出版。

EMで第一産業での生産を高め、貧困、病気をなくし、地域社会・環境を守り、国 を守り、地球を大事にしよう!という世界規模、地球規模の大改革を提言! 世界各国で翻訳、出版され、大反響をまきおこしました。 EMは今、世界54カ国でEMの製造がおこなわれて、EMが使用されていおます。 そのうち朝鮮民主主義人民共和国、ベトナム、ラオス、ミャンマー、ブータン、モ ルジブ、エジプト、シリア、ベラルーシの8カ国は、直接各国の政府機関と提携し、 事業を推進しているのです。

日本では、比嘉氏は、いちはやく、環境に負荷をかけず、河川の浄化、生ごみリサ イクルのバイオ資材としてEM活用を提言、実践し続けてきました。 2006年以降、市場でのオーガニック農業物の需要拡大に伴い、生産地でのEMの需 要も爆発的に拡大。
学校現場での「食育」「環境」教育も進み、自治体でのCO2削減「生ごみリサイ クル」事業への推進、無農薬栽培でのベランダ家庭菜園家のニーズによりEMが爆 発的に需要が増えている現状です。

2009年の宮崎県の口蹄疫予防にEMが効果を上げました。
2011年3月には、東日本大震災がおこりました。
こんなときだからこそ、復興のために、未来のために、子供たちのために、出来る 限りのことをしなくてはなりません。 比嘉氏は、EMでの除染、塩害対策を提言しています。 EM研究機構、EM研究所では、要請のあった自治体に対して、EM活性液を無料 提供することで、東北復興を支援しています。

◆エコピュア:比嘉照夫氏連載「夢に生きる」
各種情報提供はEM研究機構
EM無料提供についてはEM研究所

◆EMによる放射能除染対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_49.php

◆EM技術による臭気および土壌汚染(塩害、ヘドロ、放射能)対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_41.php

※比嘉照夫教授プロフィール
(ひが・てるお) 1941年沖縄県生まれ。EMの開発者。琉球大学名誉教授。名桜大 学教授、国際EM技術研究所所長。アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長、(財) 自然農法国際研究開発センター理事、NPO法人地球環境・共生ネットワーク会長、 農水省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長。著書に 「地球を救う大変革①②③」「甦る未来」(サンマーク出版)、「EM医学革命」 「新世紀EM環境革命」(綜合ユニコム)、「微生物の農業利用と環境保全」(農文協) など

現在登録されている商品はありません

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EM誕生物語<4>

イーエムジャパン EM誕生物語<4>比嘉照夫(ひがてるお)教授へのインタビューより

★EM誕生物語<4>★
微生物の可能性が地球の未来を救う!!☆EMは現在、世界で150ヵ国以上にわたり普及し、国内でもあらゆる地域で広がりを 見せています。 人類の幸せな未来のため、その可能性が最も注目されている技術の一つ「EM」の誕生物語です。
更なる研究でEM4号、EM3号が開発され、EM(そのころは名前はサイオンでした)は評判になっていきました。

1982年から沖縄石垣島の平井で実験栽培がスタート! 日本のEM無農薬栽培が産声をあげたのです。

1986年7月、世界有機農業会議で、EM2号、3号、4号の併用効果について発表。 それまで、栽培に役立つ微生物の英訳はBeneficial(有益な)Microorganisms(BM)でしたが、 それと区別する為、Effective Microorganisms(EM)と名づけられました。

1つの液で全てに活用できる現在のEM1号が普及できるようになったのは、1986年10月のことである。 使用方法が簡単で、培養できコストダウンできることから、EM1号は瞬く間に広がり、世界中の有機農業 の主要な資材になっていったのです。 その後、畜産における衛生環境の改善や、河川浄化などへの応用が拡がり、現場ではさらに多くの EMを拡大培養する必要に迫られ、100倍利器などで、大量培養の方法を公開。 世界中にEMは拡がっていったのです。

EMに含まれる微生物の数は、数種類から数十種類とさまざまですが、 どの中にも乳酸菌と酵母と光合成細菌の3つは必ず入っています。この3つのうち1つでも欠け たらだめなのです。 役割としては、光合成細菌が糖分やアミノ酸をつくる生産者です。 一方、乳酸菌や酵母は、糖分やアミノ酸を使い、炭酸ガスやアンモニアなどを排泄する消費者です。 しかし、その排泄物を使って、光合成細菌が再び、アミノ酸や糖分をつくるのです。ですから、 これらがずっと閉じ込められても、お互いにエサを与え合うわけです。 そしてもう一つ大事なことは、EMには好気性菌と嫌気性菌の両方がいます。すなわち相矛盾する 微生物も一緒に入っているということです。こういうことは従来の微生物学の常識からは考えられ ないこととされています。 したがって理論に反するということで、最初は誰もEMを信用しなかったのです。

世界的にも有名な「EM」の開発者、比嘉照夫(ひがてるお)教授へのEM生活社のインタビュー より抜粋

_______________________________

<比嘉照夫教授のプロフィール>
比嘉 照夫(ひが てるお)

1941年12月28日沖縄県生まれ。
琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了。
1970年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。
1982年に同大学教授。2007年には同大学名誉教授となり、同年 4月より名桜大学教授及び国際 EM 技術研究所 所長(現在、国際EM 技術センター センター長)に就任。
「EM 」を研究開発し、EM は農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分 野で活用され、現在世界 150ヵ国余に普及されている。また、「EM 」は1997年 1月発行の『現 代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体 で積極的な活用が進められている。

_______________________________

■主要著書
「微生物の農業利用と環境保全」 (農文協.1991年)
「EM環境革命」      (総監修.綜合ユニコム.1994年)
「EM産業革命」        (総監修.綜合ユニコム.1997年)
「地球を救う大変革」     (サンマーク出版.1993年)
「地球を救う大変革②」   (サンマーク出版.1994年)
「地球を救う大変革③」  (サンマーク出版.1997年)
「本物の世紀」    (共著.PHP研究所.1995年)
「微生物が文明を救う」 (共著.クレスト社.1995年)
「EMで生ゴミを活かす」 (サンマーク出版.1995年)
「比嘉照夫のすべて」 (サンマーク出版.1998年)
「甦る未来」 (サンマーク出版.2000年)
「EM医学革命」  (総監修.綜合ユニコム.2000年)
「蘇生海塩の驚異」  (共著.綜合ユニコム.2001年)
「-新世紀- EM環境革命」 (総監修.綜合ユニコム.2003年)
「シントロピーの法則」 (NPO法人地球環境共生ネットワーク.2011年)
「新・地球を救う大変革」 (サンマーク出版.2012年)

_______________________________

■現在の主な役職
自然農法国際普及実行委員会委員長
アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長
(公・財)自然農法国際研究開発センター評議員
(財)日本花の会技術顧評議員
有用微生物応用研究会会長
全国EM普及協会会長
EM医学国際会議実行委員長
NPO 地球環境・共生ネットワーク理事長
NPO 花のまちづくりネットワーク理事長
農林水産省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長
その他、国・県の各種委員を多数歴任

EM:Effective Microorganisms[有用微生物群]

現在登録されている商品はありません

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EM誕生物語<3>

イーエムジャパン EM誕生物語<3>比嘉照夫(ひがてるお)教授へのインタビューより

★EM誕生物語<3>★
微生物の可能性が地球の未来を救う!!☆EMは現在、世界で150ヵ国以上にわたり普及し、国内でもあらゆる地域で広がりを 見せています。 人類の幸せな未来のため、その可能性が最も注目されている技術の一つ「EM」の誕生物語です。
人工的に、発酵合成型の土壌をつくれないのか? 研究を続ける結果、光合成細菌と病原抑制効果のある蛍光性放線菌の代謝エキス、EM2号が 葉面散布剤として開発された。 しかし、2号の弱点は分解の遅さだった。土壌は腐敗、発酵、合成の連動の仕方、どのような微生物が主体になるかで分類できる。

更なる研究でEM4号、EM3号が開発され、EM(そのころは名前はサイオンでした)は評判になっていきました。

1982年から沖縄石垣島の平井で実験栽培がスタート! 日本のEM無農薬栽培が産声をあげたのです。

「EM」の開発者、比嘉照夫(ひがてるお)教授へのEM生活社のインタビュー より抜粋

_______________________________

<比嘉照夫教授のプロフィール>
比嘉 照夫(ひが てるお)

1941年12月28日沖縄県生まれ。
琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了。
1970年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。
1982年に同大学教授。2007年には同大学名誉教授となり、同年 4月より名桜大学教授及び国際 EM 技術研究所 所長(現在、国際EM 技術センター センター長)に就任。
「EM 」を研究開発し、EM は農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分 野で活用され、現在世界 150ヵ国余に普及されている。また、「EM 」は1997年 1月発行の『現 代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体 で積極的な活用が進められている。

_______________________________

■主要著書
「微生物の農業利用と環境保全」 (農文協.1991年)
「EM環境革命」      (総監修.綜合ユニコム.1994年)
「EM産業革命」        (総監修.綜合ユニコム.1997年)
「地球を救う大変革」     (サンマーク出版.1993年)
「地球を救う大変革②」   (サンマーク出版.1994年)
「地球を救う大変革③」  (サンマーク出版.1997年)
「本物の世紀」    (共著.PHP研究所.1995年)
「微生物が文明を救う」 (共著.クレスト社.1995年)
「EMで生ゴミを活かす」 (サンマーク出版.1995年)
「比嘉照夫のすべて」 (サンマーク出版.1998年)
「甦る未来」 (サンマーク出版.2000年)
「EM医学革命」  (総監修.綜合ユニコム.2000年)
「蘇生海塩の驚異」  (共著.綜合ユニコム.2001年)
「-新世紀- EM環境革命」 (総監修.綜合ユニコム.2003年)
「シントロピーの法則」 (NPO法人地球環境共生ネットワーク.2011年)
「新・地球を救う大変革」 (サンマーク出版.2012年)

_______________________________

■現在の主な役職
自然農法国際普及実行委員会委員長
アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長
(公・財)自然農法国際研究開発センター評議員
(財)日本花の会技術顧評議員
有用微生物応用研究会会長
全国EM普及協会会長
EM医学国際会議実行委員長
NPO 地球環境・共生ネットワーク理事長
NPO 花のまちづくりネットワーク理事長
農林水産省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長
その他、国・県の各種委員を多数歴任

EM:Effective Microorganisms[有用微生物群]

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EM誕生物語<2>

イーエムジャパン EM誕生物語<2>比嘉照夫(ひがてるお)教授へのインタビューより

★EM誕生物語<2>★
微生物の可能性が地球の未来を救う!!

☆EMは現在、世界で150ヵ国以上にわたり普及し、国内でもあらゆる地域で広がりを 見せています。 人類の幸せな未来のため、その可能性が最も注目されている技術の一つ「EM」の誕生物語です。

安全な微生物(菌)を捜し求めて、2000種余りの菌を集めてきたが、悪臭を出すものや 不快感を感じるものは除外すると300種近くまでに絞られてきた。 安全性実験(当時はグッピーを使用)を行い、81種が残った。

意図せず、結果的にこれらの菌が混ざる事件が起こり、それをヒントに乳酸菌・酵母・光合成 細菌を一緒にして栽培実験をしたところ、発酵分解もうまくいき、肥料としてのパワーもあって 、作物の味も栄養も収量も良くなったのだ。1980年のことでした。

酸化腐敗、発酵、合成の系は土壌中では同時進行の形をとるが、どの系の比率が高いかで、土壌の よしあしが決まって来る。 有機物の生成と崩壊の主導的な役割をなしているのが、有機物を分解する際に放出される水素イオン。 この水素イオンが酸素と結びつけば、水になったり、補酵素に受け渡されて有益に働くのだ。 最も、理想的な土壌は、腐敗に対して、発酵が優位となり、それと合成系が強く連動した 発酵合成型なのだ。

当時の農学研究者の間では、乳酸菌や酵母を農地に入れることは受け入れられて いませんでしたが、研究を続けたのです。

「EM」の開発者、比嘉照夫(ひがてるお)教授へのEM生活社のインタビュー より抜粋

_______________________________

<比嘉照夫教授のプロフィール>
比嘉 照夫(ひが てるお)

1941年12月28日沖縄県生まれ。
琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了。
1970年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。
1982年に同大学教授。2007年には同大学名誉教授となり、同年 4月より名桜大学教授及び国際 EM 技術研究所 所長(現在、国際EM 技術センター センター長)に就任。
「EM 」を研究開発し、EM は農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分 野で活用され、現在世界 150ヵ国余に普及されている。また、「EM 」は1997年 1月発行の『現 代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体 で積極的な活用が進められている。

_______________________________

■主要著書
「微生物の農業利用と環境保全」 (農文協.1991年)
「EM環境革命」      (総監修.綜合ユニコム.1994年)
「EM産業革命」        (総監修.綜合ユニコム.1997年)
「地球を救う大変革」     (サンマーク出版.1993年)
「地球を救う大変革②」   (サンマーク出版.1994年)
「地球を救う大変革③」  (サンマーク出版.1997年)
「本物の世紀」    (共著.PHP研究所.1995年)
「微生物が文明を救う」 (共著.クレスト社.1995年)
「EMで生ゴミを活かす」 (サンマーク出版.1995年)
「比嘉照夫のすべて」 (サンマーク出版.1998年)
「甦る未来」 (サンマーク出版.2000年)
「EM医学革命」  (総監修.綜合ユニコム.2000年)
「蘇生海塩の驚異」  (共著.綜合ユニコム.2001年)
「-新世紀- EM環境革命」 (総監修.綜合ユニコム.2003年)
「シントロピーの法則」 (NPO法人地球環境共生ネットワーク.2011年)
「新・地球を救う大変革」 (サンマーク出版.2012年)

_______________________________

■現在の主な役職
自然農法国際普及実行委員会委員長
アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長
(公・財)自然農法国際研究開発センター評議員
(財)日本花の会技術顧評議員
有用微生物応用研究会会長
全国EM普及協会会長
EM医学国際会議実行委員長
NPO 地球環境・共生ネットワーク理事長
NPO 花のまちづくりネットワーク理事長
農林水産省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長
その他、国・県の各種委員を多数歴任

EM:Effective Microorganisms[有用微生物群]

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EM誕生物語<1>

イーエムジャパン EM誕生物語<1>比嘉照夫(ひがてるお)教授へのインタビューより

★EM誕生物語<1>★
微生物の可能性が地球の未来を救う!!☆EMは現在、世界で150ヵ国以上にわたり普及し、国内でもあらゆる地域で広がりを 見せています。 人類の幸せな未来のため、その可能性が最も注目されている技術の一つ「EM」の誕生物語です。
研究のスタートは土壌病害の対策だった。

土壌中のカビ(糸状菌)全体の中で、病原性・腐敗性のフザリウムがどのくらいいるか?によって土壌の 健全度が変わることが分かってきた。

土壌中には、様々な微生物がいるが、大きくは機能性からみて分解と合成の系に分けられる。

糸状菌に(カビ)に頼らず、その他の細菌類(バクテリア)に有機物を分解させて、安全な 堆肥を短期間でカンタンに大量につくれないか、さまざまな細菌を集めてきて研究することに した。

世界的にも有名な「EM」の開発者、比嘉照夫(ひがてるお)教授へのEM生活社のインタビュー より抜粋

_______________________________

<比嘉照夫教授のプロフィール>
比嘉 照夫(ひが てるお)

1941年12月28日沖縄県生まれ。
琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了。
1970年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。
1982年に同大学教授。2007年には同大学名誉教授となり、同年 4月より名桜大学教授及び国際 EM 技術研究所 所長(現在、国際EM 技術センター センター長)に就任。
「EM 」を研究開発し、EM は農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分 野で活用され、現在世界 150ヵ国余に普及されている。また、「EM 」は1997年 1月発行の『現 代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体 で積極的な活用が進められている。

_______________________________

■主要著書
「微生物の農業利用と環境保全」 (農文協.1991年)
「EM環境革命」      (総監修.綜合ユニコム.1994年)
「EM産業革命」        (総監修.綜合ユニコム.1997年)
「地球を救う大変革」     (サンマーク出版.1993年)
「地球を救う大変革②」   (サンマーク出版.1994年)
「地球を救う大変革③」  (サンマーク出版.1997年)
「本物の世紀」    (共著.PHP研究所.1995年)
「微生物が文明を救う」 (共著.クレスト社.1995年)
「EMで生ゴミを活かす」 (サンマーク出版.1995年)
「比嘉照夫のすべて」 (サンマーク出版.1998年)
「甦る未来」 (サンマーク出版.2000年)
「EM医学革命」  (総監修.綜合ユニコム.2000年)
「蘇生海塩の驚異」  (共著.綜合ユニコム.2001年)
「-新世紀- EM環境革命」 (総監修.綜合ユニコム.2003年)
「シントロピーの法則」 (NPO法人地球環境共生ネットワーク.2011年)
「新・地球を救う大変革」 (サンマーク出版.2012年)

_______________________________

■現在の主な役職
自然農法国際普及実行委員会委員長
アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長
(公・財)自然農法国際研究開発センター評議員
(財)日本花の会技術顧評議員
有用微生物応用研究会会長
全国EM普及協会会長
EM医学国際会議実行委員長
NPO 地球環境・共生ネットワーク理事長
NPO 花のまちづくりネットワーク理事長
農林水産省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長
その他、国・県の各種委員を多数歴任

EM:Effective Microorganisms[有用微生物群]

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EM1号で菜園の土作り

EM1号<わくわく家庭菜園セット>

■EM1号とは?
EM1号とは、土壌改良の最もベーシックな資材。 乳酸菌、酵母、光合成細菌など人と環境に有用な微生物を複合培養したものです。 働きの異なる数十種以上の微生物(光合成細菌・乳酸菌・酵母・グラム陽性の放線菌・ 発酵系の糸状菌等)が、土壌中で連動し相乗効果を発揮、微生物が作り出した各種の酵素、 生理活性物質、アミノ酸、核酸などが、植物の生育成長にプラスの影響を与えます。 EM希釈液を作り、用途により水で50~1000倍にうすめて使用します。 例えば農作物への散布、川などの浄化、お掃除にも効果的。農薬を使わずに本来の土 の力を引き出し、フカフカの土へと変える微生物の働きも、食品で使われている乳酸菌 や酵母が主のEMですので、安心してお使いになれます。

■菜園の土づくり!
基本的な土づくり:種まきや苗の定植前に基本の土づくりをします。
夏場は2週間以上、冬場は1~2か月前までに行いましょう!

1)完熟堆肥(落ち葉や草や作物残渣を2年間発酵完熟させた腐葉土で園芸店で 購入できる)
EMボカシ2型(又はEM生ごみ堆肥)を投入。
2)EM活性液又は米のとぎ汁EM発酵液を500~1000倍に薄めて1L/平方メートル 散布。その後、完熟堆肥やEMボカシなどが土によくなじむようにすき込む。 備中鍬などを使って深めに耕しましょう。
3)畝幅は60~80cmくらい(できるだけ経験者に聞いて行いましょう。)畝間 は野菜が成長すると作業がしにくくなることも念頭において30cmくらいは あけ、日中、陽がまんべんなく当たるように南北につくるのが一般的 また、区画の一隅に、EM生ごみ堆肥を入れる場所を作っておくと追肥に使う のに便利。

4)生ごみ堆肥の施行
畝に沿って条状に堀った穴に入れる。土とEM生ごみ堆肥をよく混ぜる。
さらに上から土をかぶせる。
(やせ土の場合は、あらかじめ完熟堆肥、籾殻 クン炭、貝化石などを土とよくなじませ、基本の土づくりをしてから行い ましょう。)

EMは生ごみを栄養たっぷりの有機たい肥にできます!
◆EM生ごみ堆肥の作り方はこちら
◆EM生ごみリサイクル容器はこちら
◆EMボカシ600gはこちら・ EMボカシ10kgはこちら

■種まき・苗の定植・水やり
種まきには、土に直接まく「じかまき」と、一度苗床やビニールポットなどに まいて、苗がある程度育ってから移植する「苗床まき」があります。植え替え る時、根を傷めやすいものは「じかまき」にしましょう。

■よい土はフカフカしている
堆肥などの有機物を土に入れると土中の微生物がこれを発酵分解します。
分解物ネバネバとした糊のようなもので、土粒と土粒をくっつけ、団粒をつく ります。さらに団粒と団粒が結合して、大きな団粒になります。 団粒になると、土の隙間が広がり、水はけ、水もち、通気性のよい、フカフカ の土になるのです。
※EMは土中の微生物に働きかけ、発酵分解するのを助けます。

EMは米のとぎ汁で増やすことができます!
◆EM米のとぎ汁発酵液の作り方はこちら
◆EMの活用法はこちら

EMは本来の土の力で、作物や植物を健全育成!

<有用微生物土壌改良資材>EM1号 500ml

◆5:白鳥哲監督の2015年最新作映画「蘇生」のあらすじ

こんにちは!イーエムジャパンネット店長の高橋です。
映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」の白鳥哲監督の最新作「蘇生」ストーリーのご紹介です。

20150307-650-2

人類が汚染し続ける地球環境を、福島の放射能汚染から蘇生化させる一筋の希望
微生物(EM)の可能性について追求したドキュメンタリー映画!

20150307-650-1

日本全体が目をそらそうとしている中、放射能の問題に真っ向から
取り組む白鳥哲監督を称えたいです。

ドキュメンタリー映画「蘇生」 | EMJ店長ブログ

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパン
ネット通販店長 高橋

★TOPへ戻る>>>

お客様の声:EM1号 1L

お客様の声:EM1号 1L
商品番号 0022002
EM1活性液でヘアートニックを作ろう。
今まで、自前のヘアートニック(お花用活力剤を使って)を作っていたのですが、
それに今回活性液を追加して新しい自前トニックを作り使用はじめました。
2週間ほどになります。髪がフサフサしてきた感じがしています。
70歳超えても髪が黒々、フサフサです。
写真おくりますよ。
プロフィール 兵庫県/70歳以上

10_1

お客様の声へ!
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ>>>

Q : EM活性液がうまく発酵しないのは、なぜ?

◆よくある質問:EM活性液がうまく発酵しないのは、なぜ?

20150501-650-4

◆回答◆
原因は2通り考えられます。

1つ目は、仕込んだ後の培養中の温度です。
EMの培養最適温度は38度。
体温より高く、思っている以上に温かい環境で増えていきます。
冬など気温が下がっている室内では発酵がすすみません。

よい培養とは、仕込んでから、3日が勝負だとか・・・
冬であれば、EM活性液を仕込んでから、こたつに入れる、
お風呂に入れる、湯たんぽと一緒に布でくるんで発泡スチール箱に
入れるとか、暖か対策が必要です。
EMは生きていますので、シュワーと発酵がすすみます。

2つ目は、EM菌糖蜜の量(割合)かもしれません。
基本はEM1:糖蜜1:水:8ですが・・・
たとえば、塩素いっぱいの水道水で仕込んだとしたら、EM菌が弱ってしまう。
糖蜜を熱湯で溶かすのを間違えて、EM菌に熱湯を入れて死んでしまった。
こんな場合、EM活性液の中のEM菌の割合が少なくなり、増えにくくなります。
EM菌は生きています。
弱らないように、置き水で、エサ(糖蜜)をきちんと入れて、温めてあげる。
それだけです。
最初は、多めにEM菌、糖蜜をいれると失敗しませんよ。
いい条件に置いてあげると、おもしろいほど発酵します。

夏場は、ほとんど、失敗なく発酵がすすみます。
くれぐれも、毎日、蓋をそっとあけてガス抜きをお忘れなく!
発酵がすすむとき、炭酸がでます。
ほっておくと、ペットボトルがパンパンに膨らみ、
蓋を開けた時に、勢いよく(天井まで)吹き出ますので、ご注意くださいね。

最近、善玉菌のエサという(砂糖)色付きのない、比較的、炭酸がでない
もの(粉状)が出ました。
しっかり、38度に温度管理してあげれば、必ず質のよいEM活性液ができます。
おためしください。

>>>★イーエムジャパンホームペー

ジのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOP

へ戻る

◆4:「蘇生」完成試写会3/7(土)17:00~スペースFS汐留にて

こんにちは!イーエムジャパンネット店長の高橋です。

20150307-450-3

ドキュメンタリー映画「蘇生」完成試写会へ行って来ました。

20150307-450-1

新橋からすぐの日本テレビ近くのスペースFS汐留

20150307-450-2

午後17時の部に・・・

20150307-450-4

白鳥哲監督とお会いできました。

20150307-450-5

最前列には来賓でこの映画の主人公「比嘉照夫(ひがてるお)教授」が・・・
お願いして、写真を撮らせていただきました。

20150307-450-6

試写会の前に、舞台挨拶・・・

20150307-450-7

白鳥哲監督が舞台挨拶。

20150307-450-8

地球規模で進む汚染というテーマに、一筋の希望(EM:微生物)をこの世に送り出した
比嘉教授の幼年期から、現在に至るまでのドキュメンタリー映画
すばらしい映画です。
4年たってもなにも変わらず、汚染が増え続けている「福島」
5/10メルバルク東京で白鳥監督に会えます!
映画「蘇生」上映会&講演会
お問い合わせ:イーエムジャパン0120-57-4142
1800円のチケット代のうち、500円が福島・東北復興の為の寄付金となります。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

◆5:白鳥哲監督の2015年最新作映画「蘇生」のあらすじ

◆4:「蘇生」完成試写会3/7(土)17:00~スペースFS汐留にて

◆3:映画「蘇生」の劇場公開は4/4(土)よりスタート!

◆2:白鳥哲監督インタビュー「微生物の力を借りれば、地球は蘇生するんだ!」

◆1:白鳥哲監督インタビュー「健康とは地球と共生することで得られるもの」

イーエムジャパン
ネット通販店長 高橋

★TOPへ戻る>>>

FOODEX JAPAN 2015へ行ってきました。

イーエムジャパン ハーモニーライフ・オーガニック農園

FOODEX JAPAN 2015 に出展の(株)ナチュラルオーガニクスを訪れてきました!

FOODEX JAPAN 2015 に出展の(株)ナチュラルオーガニクスを訪れてきました!

タイ南部にあるハーモニーライフ・オーガニック農園は広さ約11万平米の広大な敷地に 地球が誕生してから一度も農薬も化学肥料も使用されていないすばらしい環境の中にあります。

隣接するカオヤイ国立公園の懐に育まれ空気も水も汚染されない立地で、自然の恵みを一身に 受け、安心・安全な60種類以上の野菜・ハーブ・果実をオーガニック農法で育てています。

ハーモニーライフ・オーガニック農園の製品は世界13ヶ国で数多くの方に愛されています。 タイのオーガニック認可はもちろん、取得が厳しいドイツのオーガニック認証「FOAM]や、米国の オーガニック認可「USDA]も取得。

タイのTVや日本のNHKなど多くのメディアで紹介され、映画「蘇生」にも登場した農園とカリスマ社長の 大賀さん。毎年世界中から400名以上もの方がオーガニック農法を学びに来るそうです。

全てオーガニック紅茶、ハイビスカス・ハーブなご美しく、美味しく、安全。

モロヘイヤと玄米だけの麺。酸化を防ぐ為、粉にせず、玄米を丸ごと炊いたものをペースト状にして 麺にするという徹底さ!もちろんノンフライ。理想の麺です。

ジャム、パッションはすごく美味しい。

すばらしい、すごい、是非、EMJでも販売し、お客様にお届けしたいものだと思いました。 販売できる日が来ましたら、すぐお知らせしますね。どうぞ、お楽しみに・・・。

<お問い合わせ先>
0467-45-4185 / 0120-57-4142(イーエムジャパンまで)

★他のページもお探し下さい⇒ イベント情報 [ 1 ] EMフォーラム2011[ 3 ] 2013 有機農業塾[ 2 ] 2012健康座談会 [ 4 ] 天のしずく鎌倉上映会[ 5 ] 家族の健康セミナー!(よみうりホール)[ 6 ] 2012/7/15(祝)「EM団子投入」[ 7 ] 2012/10/12(土)比嘉照夫教授EM講演会[ 8 ] 野菜の収穫体験イベント[ 9 ] 2014/4/13「EM産地訪問会」[ 10 ] 2014/7/21/(祝)/「EM団子投入」イベント[ 11 ] 高坂早苗さんのEM活性液づくり[ 12 ] 比嘉教授講演会&健康セミナー

>>>★イーエムジャパンホームペー

ジのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOP

へ戻る

ハーモニーライフ・オーガニック農園の育んだ食品たち

こんにちは!イーエムジャパンネット店長の高橋です。

FOODEX JAPAN 2015 に出展の(株)ナチュラルオーガニクスを訪れてきました!

FOODEX JAPAN 2015 に出展の(株)ナチュラルオーガニクスを訪れてきました!

タイ南部にあるハーモニーライフ・オーガニック農園は広さ約11万平米の広大な敷地に 地球が誕生してから一度も農薬も化学肥料も使用されていないすばらしい環境の中にあります。

隣接するカオヤイ国立公園の懐に育まれ空気も水も汚染されない立地で、自然の恵みを一身に 受け、安心・安全な60種類以上の野菜・ハーブ・果実をオーガニック農法で育てています。

ハーモニーライフ・オーガニック農園の製品は世界13ヶ国で数多くの方に愛されています。 タイのオーガニック認可はもちろん、取得が厳しいドイツのオーガニック認証「FOAM]や、米国の オーガニック認可「USDA]も取得。

タイのTVや日本のNHKなど多くのメディアで紹介され、映画「蘇生」にも登場した農園とカリスマ社長の 大賀さん。毎年世界中から400名以上もの方がオーガニック農法を学びに来るそうです。

全てオーガニック紅茶、ハイビスカス・ハーブなご美しく、美味しく、安全。

モロヘイヤと玄米だけの麺。酸化を防ぐ為、粉にせず、玄米を丸ごと炊いたものをペースト状にして 麺にするという徹底さ!もちろんノンフライ。理想の麺です。

ジャム、パッションはすごく美味しい。

すばらしい、すごい、是非、EMJでも販売し、お客様にお届けしたいものだと思いました。 販売できる日が来ましたら、すぐお知らせしますね。どうぞ、お楽しみに・・・。

<お問い合わせ先>
0467-45-4185 / 0120-57-4142(イーエムジャパンまで)

★他のページもお探し下さい⇒ イベント情報 [ 1 ] EMフォーラム2011[ 3 ] 2013 有機農業塾[ 2 ] 2012健康座談会 [ 4 ] 天のしずく鎌倉上映会[ 5 ] 家族の健康セミナー!(よみうりホール)[ 6 ] 2012/7/15(祝)「EM団子投入」[ 7 ] 2012/10/12(土)比嘉照夫教授EM講演会[ 8 ] 野菜の収穫体験イベント[ 9 ] 2014/4/13「EM産地訪問会」[ 10 ] 2014/7/21/(祝)/「EM団子投入」イベント[ 11 ] 高坂早苗さんのEM活性液づくり[ 12 ] 比嘉教授講演会&健康セミナー

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパン
ネット通販店長 高橋

★TOPへ戻る>>>

ハーモニーライフ農園の無農薬栽培モロヘイヤ麺とパスタ

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

タイ国ハーモニーライフ農園の無農薬栽培モロヘイヤ麺とパスタの試食をしてみました。
すごいのは、ハーモニーライフ農園ではエジプトからオーガニックのモロヘイヤの種を取り寄せ、
農薬と化学肥料を使用しないオーガニック農法でモロヘイヤを栽培しているのです。

20150306-450-6

乾麺:モロヘイヤ麺(100g×2玉)
無添加・無着色・無防腐剤・化学調味料を使用していないノンフライ麺
玄米だけで、小麦がはいっていないので、小麦アレルギーのお子さんには最適!
モロヘイヤは古代エジプトの王様が難病を治癒するために
食したといわれるほどの栄養価の高い野菜。

特にビタミンA、βカロチン、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、B2。
食物繊維は他の野菜を圧倒的にしのいでいます。

3分(コシが強いので、水にさらすのであれば、4分でもいいかも)茹でるだけでできあがり。
こちらはモロヘイヤ入りパスタ
こっちも3分~4分で茹で上がります。
ちじれ麺のほうは食感がお蕎麦にちかく、パスタはきしめんに似ています。
パスタ麺でペペロンチーノを作ってみました。けっこう美味しかったです。

クリーミーなカルボナーラはあまり美味しく感じませんでした。
シンプルなめんつゆできしめんのように食べたら、すごく美味しかったのです。
シンプルにつけ麺が非常においしいです。

ごま風味の三杯酢をかけてサラダにしてみました。これは非常に美味、とても美味しかったです。
夏は低カロリーでありながらビタミンAなどが豊富にとれるので、いいと思います。
明日は幕張メッセでのフーデックスに出展中のハーミニーライフを訪ねます。
オーガニックの野菜で作った栄養豊富で安全な食材をイーエムジャパンでも販売したいと考えています。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋★TOPへ戻る>>>

EM生ごみリサイクルで咲いたお花たち

こんにちは!
イーエムジャパン
ネット店長の高橋です。
EM生ごみリサイクルの堆肥で咲いた花です!

20150305-450-21

生ごみをEM(微生物)が分解、EMは生ごみを栄養たっぷりの堆肥に、
そのEM堆肥で無農薬のお花が育ちます。

20150305-450-26

電気も使わず、使うのは「ごみ」と「EMボカシ」だけ。

20150305-450-17

一切のエネルギーを使わず、自然界の微生物の力を借りて土から生れたものを土に返すというコンセプトが評価され IT関連の新聞で、生ごみ処理機ランキング1位 に選ばれました!

20150305-450-37

海外では偽物が販売されるなど、 BBスペシャルは生ごみリサイクル資材として高い評価を得ています。
「BBスペシャル」は容量19Lで電気もいりません。微生物の力を利用して、腐敗ではなく、ごみを発酵させて「土」として、再利用することのできる「生ごみ処理器」です。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパン
ネット通販店長 高橋

★TOPへ戻る>>>

◆3:映画「蘇生」の劇場公開は4/4(土)よりスタート!

福島における微生物の可能性をテーマに、比嘉先生・EMが取り上げられた、映画「蘇生」公開です!

20140804_「蘇生」rogo

【映画「蘇生」劇場公開】渋谷アップリンク日時2015年 4月 4日 (土曜日)

場所渋谷 アップリンク (地図)

説明白鳥哲監督の最新ドキュメンタリー映画「蘇生」
いよいよ劇場公開です!

4月4日(土)渋谷アップリンク
http://www.uplink.co.jp/

4月11日(土)大阪シアターセブン
http://www.theater-seven.com/

4月11日(土)名古屋シネマスコーレ
http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/home.htm

前売り券は劇場窓口・チケットぴあにて発売中!

チケットぴあ
http://ticket-search.pia.jp/pia/search_all.do?kw=蘇生

<注>
上記3館は「整理券制度」を導入しております。
窓口で前売券・当日券と引き換えに配布した整理券の番号順の入場となりますので、お早めに整理券にお引き換え下さい。劇場内は自由席となります。

前売券をお持ちの方も当日引き換えていただいた整理券の番号での入場になりますので、お気をつけください。

特に、初日・監督舞台挨拶がある日などは混雑が予想されます。早目に劇場窓口にて整理券をもらい、お近くのカフェなどでお待ちいただくことをご推奨致します。
整理券は入場券とかねておりますので、無くさないようお気を付けください。

尚、定員数に達しました時点で、次の上映日・時間へのご案内となります。予めご了承の上、時間に余裕を持ってお越しください。

http://www.facebook.com/events/1530821467177714/

◆5:白鳥哲監督の2015年最新作映画「蘇生」のあらすじ

◆4:「蘇生」完成試写会3/7(土)17:00~スペースFS汐留にて

◆3:映画「蘇生」の劇場公開は4/4(土)よりスタート!

◆2:白鳥哲監督インタビュー「微生物の力を借りれば、地球は蘇生するんだ!」

◆1:白鳥哲監督インタビュー「健康とは地球と共生することで得られるもの」

ハワイ州コナ地区の100%オーガニック豆

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
忙しい、なんだか、精神的にイライラする・・・という方におすすめなのが、これ!

 

1杯のコーヒーで1日がとてもハッピーになります。
ハワイでくつろぐリラックス気分が、香りと一緒に心にひろがります。

20150203-240-7

ハワイ州コナ地区の100%オーガニック豆のみの販売です。
おすすめはダークロースト
ほんとうにおいしいです。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

新潟産コシヒカリ☆有機JAS米「ブナのいのち 」

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

 

普段は玄米を炊いているのですが、たまに白米を炊くと美味しいです。
う~ん、さすが、新潟コシヒカリ!!!!

 

20150219-450-71

 

生産者さんは貝沼さん。

ブナの森からしみでたミネラルたっぷりの水が棚田をうるおし

秋は田んぼは金色になります。
こんな美しい棚田で育つお米がおいしいのは納得です。

日本でも最上級の岩船産コシヒカリ「ブナのいのち」は春をすぎると完売になる場合もあります。
ご予約はお早めに、赤とんぼクラブでも承っております。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

映画「蘇生」公開を記念して春キャンペーンスタート!

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

今日から3月、EMJでは春キャンペーンスタートです!
今回のキャンペーンは、福島における微生物の可能性をテーマに、比嘉先生・EMが
取り上げられた、 映画「蘇生」公開記念も兼ねています!
新しい生活がスタートする季節、毎日の朝食にはEMXゴールドも参加させてくださいね。

20150227-450-1

今、私たちの食生活はどんどん変化していて、なんと、年間に
8キロもの食品添加物を摂ってるそうです。
いいもの、悪いものも含めてですが、驚く数字ですね。

20150224-450-34

自然にできたものを食べるのが自然の摂理なのですが・・・
そうはいかない現在、どんどん減っている体内の酵素を増やさない限り
体はさびついていってしまいます。

春を機に、錆び付く前に、新しい健康生活はじめてみませんか?
EMJの今回のキャンペーンは、福島における微生物の可能性をテーマに、
比嘉先生・EMが取り上げられた、 映画「蘇生」公開記念も兼ねています!
映画のチケットが当たる企画もあります!

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

EMJ通信 [Vol.308] ★比嘉照夫先生の講演会(2015/3/1)

☆EMJ通信バックナンバー一覧mm-header-600
EMJ通信 [Vol.308] ★比嘉照夫先生の講演会!(2015/03/01号)
『 EMJ通信 308号 』H27年3月1日発行
http://www.emj.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 比嘉照夫先生の講演会・・・・EMJ 永井 理
2. 2015☆春キャンペーン・・・本日スタート(H27/3/1〜3/31まで)
3. スタッフが選ぶそのわけ!・・・おすすめしたいそのわけとは?
4. 冬の園芸・家庭菜園のプロになりたい!・・・冬から始めよう土づくり!
5. EMJ今月のわくわくプレゼント・・・てぃだの生塩が10名様に当たる!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

比嘉照夫先生の講演会
…………………………………………………………..

2月21日土曜日午後3時から鎌倉商工会議所ホールにて比嘉照夫先生の講演会
がNPO法人EMネット神奈川の主催で開催されました。

比嘉先生は昨年10月12日に来られる予定でしたが、台風の影響で残念ながら飛
行機が欠航となってしまいました。
「なるべく早く来ていただきたい。」という多くの方の要望もあり、スケジュ
ールを調整頂いて、この日講演会がついに実現しました。

前日から鎌倉に入っていた先生は、午前中に鎌倉城廻でハウストマトを栽培し
ている小泉農園を訪ね、EM活性液の施用量では他のEM活用農家に比べ抜きん出
ていると言われ、徐々に結果を出し始めている小泉章さんでしたが、今回先生
に指導いただいてもっとおいしくて良い野菜を栽培できるんだという自信を深
めたようでした。

午後3時から講演会が始まるまでには150席の会場がほぼ満席になっているよう
に見えました。今回の講義は同NPOが主催する神奈川EM有機農業実践塾の第一回
目の講義も兼ねており、新しい塾生9名も参加し、今年の農業塾がスタートしま
した。

…………………………………………………………..

EMJ社長の感動親父ブログ

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

★…・・・2015☆春キャンペーン・・…★
映画「蘇生」公開記念キャンペーン(H27/3/1〜3/31まで)

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

★…・・・春の5大特典&プレゼント・・…★

☆期間中1万円ご購入ごとに有機のタネ1袋プレゼント!
(有機のタネで、本物の無農薬野菜を作ろう!)
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1464

☆ご購入の方(3/31まで)全員に「EMの増やし方」リーフレットプレゼント!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1465

☆EMW2本お買い上げの方にスプレーボトル(100cc)プレゼント!
&<期間限定>新発売!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1466

☆あなたのEM自慢を手紙&FAXでお送り下さい!
抽選で30名様に映画「蘇生」のチケットをプレゼントします!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1467

☆プロハーブ2500円以上お買い上げの方に、ポータブルバック進呈!
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr150/gd1468

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

スタッフが選ぶそのわけ!気に入ってるそのわけは?
http://emj.co.jp/

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

おすすめしたいそのわけ!

エンバランスの袋!すごいねぇ。違いがわかりました。・・・スタッフ八坂

EMWEMパウダーで、ゴキブリが全然・・・。スタッフ村越

EMの靴下!部屋干ししてもにおわない!・・・熱海のY様

◎顔だけでなく、髪もEMオリーブ石鹸で洗うといい感じ。・・東京都那須様

◎90歳の兄「EMXゴールドはすごいぞ、グランドゴルフができるようになった!」
・・・横浜市 和才様

◎庭のすっぱいみかんが甘くなった!・・・横浜市 I様

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

セミナー&イベントカレンダー●

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

○2015年の3/14(土)収穫体験ツアーの募集

○ドキュメンタリー映画「蘇生」は4/4(土)より劇場公開のお知らせ!

○H27/4/7〜4/9 GOLDのルーツをたずねて沖縄ツアー

●□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□●
お得なインフォメーション
●□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□●

○今すぐ、会員登録♪で500円分お値引できる・・・!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

レビュー書き込みで100ポイント(100円相当)プレゼント!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○お誕生月ご購入の方に「EMきび糖しお飴」をプレゼント

●□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□●
★今月のプレゼント★
●□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□●

◎<EMJ8月のわくわくプレゼント
ご注文・メルマガご購読・会員の方の中から、毎月、EMJ選りすぐりの
商品をプレゼントしています!
今月は、EMてぃだの生塩100gです。

…………………………………………………………….

イーエムジャパンネット通販店長 高橋★TOPへ戻る>>>