EM「紅はるか」とは究極の蜜芋のことだった・・・?

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。

とうとう、世界初、EM「紅はるか」を使ったEM芋焼酎「了」(さとる)が誕生しましたね!

1478_1

でも、この「紅はるか」ってなんなの?

そうですよねー。

甘い、おいしい・・・と有名なのが安納芋!

ところが、ところが、安納芋より甘い、はるかに甘い!!!

のが、実は「紅はるか」なんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別名が、紅蜜芋、べにみつ・・みつ・・・みつ・・・

蜜芋っていうくらい甘い、究極のお芋なんです。

「べにはるか」は、美人の「九州121号」を母に、

いもの皮色や食味が優れる「春こがね」を父として

九州沖縄農業研究センターで育成されたもの。

名前の由来は、食味やいもの外観が既存品種よりも

「はるか」に優れるからなんですって!!!!!

まー、了(さとる)くんは、ぜいたくですね。

そんな、そのまま食べても、おいしい蜜芋を原料にしちゃうんですから・・・

それも、EM育ち・・・・。

そんな、究極の蜜芋「紅はるか」食べてみたいと思いません?

なんと、なんと、今、了くんを12本(2ケース)予約で、

この究極の「紅はるか」ちゃんがもらえるかも???

そんな、おいしいキャンペーンが今日から始まりました!

是非、こちらをごらんになってみてくださいね。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>