EM芋焼酎「了」(さとる)の名前の由来

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

今日は、この秋、10月の発売が決まっている世界初「EM栽培紅はるか」
で作られているEM芋焼酎「了」の名前の由来のご紹介です。

「了」と書いて「さとる」と読みます。
名付け親は、もちろん、比嘉照夫教授!

この芋焼酎の原料のEM栽培の紅はるかの産地である、北浦みつば連合会
の故前田了会長の名前をとって付けられました。

1478_1

北浦みつば連合会のEMへの取り組みは平成5年から。
前田了会長の強力なリーダーシップと「有機安心野菜」にかける使命感に
よって、着実な成果を上げ、品目もみつばだけでなく、13品目にも及んでいました。

平成10年には、「EM自然農法実施産地」として東京都より
「特別栽培農産物物流モデル産地」として設定を受けており、
よく11年には、同組合の出荷額は40億円を突破し、全国NO.1となったのです。

当時、日本の市場に出荷されている有機栽培野菜の90%はなんらかの形で、
EMが使われているといわれたのも、この北浦みつば連合組合のEM栽培の
出荷量が圧倒的だったためです。

今でこそ、市場はオーガニック、有機ブームですが・・・
当時の農薬・化学肥料重視の農協が全盛の時代に
EMブームを巻き起こした北浦みつば連合の前田了会長の功績は大きいのです。

今、去年、収穫された紅はるかによって、仕込まれた芋焼酎
まもなく、おいしくなって世に出ます。
秋が楽しみですね。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>