EM(微生物)活用による塩害対策が報道ステーションで紹介されました!

2015年9月14日よる10時45分・・・
テレ朝の報道ステーションで宮城の鈴木英俊さんが登場!

20150914-650-1

津波塩害をEM活用で克服したお米の紹介を放映していました!

テロップでは微生物としか書いてなかってけど、
鈴木さん、生放送で「EMって・・・」言ってくれました!

20150914-650-3

2011年3月11日、東北大震災の津波による塩害を
宮城県仙台市宮城野区にある鈴木有機農園(鈴木英俊さん)が
EM活用で見事に蘇らせたのです。
たった、半年後には、たわわに実ったのです。

2011年3月11日の震災後、宮城県仙台市宮城野区にある
鈴木有機農園の水田は海岸からの距離2.5kmでしたが、
津波が堤防を越えて、海水に浸かるなど被害を受けました。

田んぼ一面ヘドロ混じりの海水とゴミが散乱。
農協の決定は今年の作付は見送るというものでした。
今年だけでなく、5年くらい、稲作は無理だろうと言われていました。

しかし米作り50年のベテランの鈴木英俊さんは、EMと水さえあれば
田植えはできると、一人で立ち上がったのです。
農業排水のポンプ場が壊れていたので、EM災害支援プロジェクトで
井戸を掘り、EM活性液は300~400リットルを反当り投入。
さまざまなボランティアの方々が協力をしてくれたそうです。

鈴木さんの田んぼには、おおきな緑色の看板が立ちました。

20150915-650-1

EM災害復興支援プロジェクト
塩害対策実証試験圃場
NPO地域環境・共生ネットワーク
鈴木有機農園(仙台市)

同じ、2011年の秋には、とても津波の被害にあったとは思えないほどの
稲穂が頭を垂れていました。
本当に、EMってすごいですが、ここまでできたのは
鈴木さんや地域のボランティアさんの力があったからこそ・・・
すごいですね。

 

20150914-650-2

そして、今年、全国にEMによる塩害対策実証試験ほ場で、
塩害に負けずに育った黄金色の稲穂を紹介してくださったのです!

津波の被害にあったとは思えないほどの美しい田んぼの風景が
全国に放映されました!
報道ステーションでこんなに長く放映してくれて・・・
とってもうれしかったです。

報道番組なので、微生物としかテロップには出ず、
古館さんも、EMトハ言ってくれませんでしたが・・・
ココハ、生放送!
最後に、鈴木さん、「EMって・・・」言ってくれましたよね!!!

すこい、鈴木英俊さん!!!

すごいぞ、EM!!!

 

イーエムジャパンのHPはこちら
★店長ブログTOPへ戻る>>>