日別アーカイブ: 2016-05-16

ヘビ苺を焼酎に漬けた汁を塗るだけで虫刺されやニキビやあせもが治る?

こんにちは!
イーエムジャパンの高橋万里子です。
東京から、伊豆高原に移り住み、アトリエで愛犬ピノコと一緒に、
陶芸活動を続けている作家の高木京子さんに誘われて
伊豆高原アートフェスティバル」にやってきました。
一碧湖畔の湿地帯に青い花、チョウジソウが群生してると聞き
車で10分、連れて来てもらいました。

160514idu-650-1

夏日でしたが、湿度が少なく、さわやかな5月晴れ
伊豆高原の一番さわやかな季節・・・

160514idu-650-2

これですね。
野生なので、すごく地味ですが、すごくひそやかできれい・・・

160514idu-650-3

湿原にぽこぽことチョウジソウが生えてました。

160514idu-650-4

チョウジソウの見物に来たのですが、それよりびっしり

160514idu-650-11

ヘビ苺の群生に驚きです。
こんなに、たくさんのヘビ苺なんて初めてです。

160514idu-650-5

高木さんの話によると、ヘビ苺を焼酎(ホワイトリカー)に漬けると
その漬け込み液が、皮膚病や虫刺され、あせもにすごく効くのだとか・・・
松本のおばあちゃんの知恵袋で、高木さん幼少のご用達ぬり薬だったんだとか
「へぇー、知らなかった・・・」と話してるところに・・・

160514idu-650-12

家族連れが、ヘビ苺を摘んで、せっせと瓶に入れてるではありませんか!

160514idu-650-13

さっきの高木さんの話がすごく「信憑性」をもって
目の前の瓶に現実となって現れたのでびっくり・・・
「コレ、撮影してもいいですか?
これ漬け込んでからどのくらいで使えるんですか?」とお母さんに聞いてみた。

「すぐ、使えますよ。ニキビとかにも効くし
うちでは、1年に1回、漬け込んで、1年中、家族で
蚊に刺されたり、かゆいときに塗っています。
すごく効くし、この子は赤ちゃんのときから使ってるんですよ。」

「ひょえーーー。ほんとだったんだ。」
それも、ここは静岡県、高木さんのおばあちゃんは、長野県情報!
いやぁ、関東、東海、信越にまたがる全国的情報ではありませんか!
来年は、瓶に焼酎を入れてヘビ苺を収穫に来ることを決意・・・

160514idu-650-6

橋のむこうはこんもり森になっていて
涼しい木陰が続きます。

160514idu-650-7

さわやかな風も吹いてきて、なんだかとっても幸せ

160514idu-650-8

これを森林浴というのでしょうか!

160514idu-650-9

遠くにキジがいましたが、撮影できませんでした。残念!

160514idu-650-10

でも、素敵な時間とたのしい情報をありがとう!

160514-650-m1

ランチをタイ料理のお店で頂いたのだけど・・・
ここにも谷川さんの絵が飾ってある・・・

160514-650-m2

伊豆高原にはアートの世界が日常に存在しているんですね。

 

伊豆高原アートフェスティバルは5/31まで開催されています!

看板犬ソラちゃん!12歳のいる伊豆高原のギャラリーはこちら

宮迫千鶴さんのアトリエ「南庭工房」に行ってきました

陶芸作家「高木京子さんの世界」へもどうぞ、お越し下さいね。
高木京子さんプロフィールはこちら

お客様の声へ!
ペット倶楽部へようこそ!
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★店長ブログTOPへ>>>

EM情報誌「エコピュア」に連載「空色のノート」の画家:宮迫千鶴さんのアトリエ「南庭工房」に行ってきました!

宮迫千鶴さんのアトリエ「南庭工房」に行ってきました!

160516-650-9

画家、エッセイスト、様々な肩書きを持つすてきな女性、宮迫千鶴さんを知ってますか?

160516-650-6

画家でありエッセイストの宮迫千鶴さんは、1970年代の終わりから80年代にかけて、
団塊の世代の女性たちのオピニオンリーダーとして活躍した美しい女性です。

1988年頃、東京から、伊豆高原に移り住み、アトリエの庭で花や野菜たちに囲まれて、
土のそばにいる時が最高に幸せと感じて描かれた絵はこの上もなく、
美しくやわらかで、明るく、土の声、風の音、花の命溢れるものばかりです。

160516-650-1

パートナーの画家・谷川晃一さんと「伊豆高原アートフェスティバル」の企画したことも
有名で、実は伊豆高原に引っ越されてから、EM情報室から出ていた季刊誌「エコピュア」に
宮迫千鶴さん絵と文:の連載「空色のノート」が毎号掲載されていました。

EM情報誌「エコピュア」に連載「空色のノート」
160516-650-5

自然にそって素朴に謙虚に生きている人や動物、樹木や草、石、
風のそよぎや空に浮かぶ雲、晴れやかな水平線などをモチーフに、
自然や生命の尊さが力強く、おおらかな絵と文で表現されていました。

160516-650-7

もう、8年前に亡くなられていますが、
彼女の残した作品は今も多くの人の心をはなしません。

私もその一人、今回、陶芸作家の高木京子さんから、
「伊豆アートフェスティバル」の案内が届いた時、
アトリエ「南庭工房」に連れてってもらうことにしました。

160516-650-8

2016年5月14日、伊豆高原は快晴!
アトリエ「南庭工房」は美しい高原の木々の中にありました。

160514-650-m4

パートナーで画家の谷川晃一さんと宮迫千鶴さんの遺された作品とともにお二人の作品が並ぶ

160514-650-m5

愛妻のかってアトリエだった家を買い取り、ギャラリーになっている会場での二人展

160514-650-m6

お二人の幸せな作家の暮らしと愛が永遠に続く場所・・・
伊豆高原アートフェスティバルに来れない方、ご安心くださいね。
なんと、葉山にある神奈川県立近代美術館で
谷川晃一・宮迫千鶴展が10/22~1/15まで開かれるんですよ!

160516-650-2

160516-650-4

伊豆高原アートフェスティバルは5/31まで開催されています!

陶芸作家「高木京子さんの世界」へもどうぞ、お越し下さいね。

看板犬ソラちゃんのいる素敵なお庭の伊豆高原のギャラリーはこちら

★伊豆高原の一碧湖のヘビ苺で虫刺されの薬が作れる

高木京子さんプロフィールはこちら

お客様の声へ!
ペット倶楽部へようこそ!
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★店長ブログTOPへ>>>

EMで家庭菜園奮闘中

こんにちは。

イーエムジャパンです。

鎌倉のとあるお山でEM家庭菜園奮闘中!

先週末、ジャガイモの芽かきにの頃かしら?と

えっちらおっちら自転車コギコギ

行ってきました。

DSC_0330

まだお花は咲いていませんでしたが

少しずつ成長しております。

良かった(^^♪

芽かきとは言っても

私的には小さいジャガイモゴロゴロ

が好きなので、

テキトーに

細い茎のものがあれば

抜く、という感じ。

それよりも

大事なのは、

土寄せかな?

ジャガイモさんが

土から出てきちゃって

太陽に当たるのを

避けるため。

日光に当たると

緑化してソラニンという

毒素を増やしてしまい

食べられなくなってしまうのよ。

 

次の土寄せは

蕾が付きはじめるころ

でしょうか。

 

それでは今日も

ステキな一日を〜。

 

>>>>>イーエムジャパンHPトップに戻る

>>>>>EMJ店長ブログに戻る

 

 

 

 

 

EMJペット倶楽部:伊豆高原のギャラリー看板犬ソラちゃん!12歳

EMJペット倶楽部へようこそ!

こんにちは!
イーエムジャパンの高橋万里子です。
アトリエを伊豆高原に建て制作活動の拠点を伊豆に移した、
友人で陶芸家の高木京子さんから、
伊豆高原アートギャラリーの案内をもらったので
5/14新緑まぶしい、伊豆高原へ出かけてみました。
伊豆高原のギャラリーで迎えてくれたのは看板犬のソラちゃん!12歳

続きを読む