菊の花びら、焼酎に浮かべて~

こんにちは。

イーエムジャパン 情報室です。

今日は9月9日、9ならび。

昔は「重陽(ちょうよう)」

の節句と言われてたらしいです。

今では節句といえば、3月3日の桃の節句と

5月5日の端午の節句が中心ですね。

昔、奇数は縁起のよい陽の数とされ、

一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、

「重陽」として節句のひとつであったとか。

平安時代では宮中の行事として詩を詠んだり

菊花酒を飲んだりしてけがれを祓い長寿を願ったんですって。

また、菊の被綿(きせわた)といって、

重陽の節句の前夜にまだつぼみの菊の花に綿をかぶせて

菊の香りと夜露をしみこませたもので、

宮中の女官たちが身体を撫でてたりもしたそうで。

なんだかとっても雅な世界ですね~。

こういった雅な風習、現代社会においては

だいぶ遠のいてしまった感がありますが、

今年の敬老の日は、

EM栽培の紅はるかを使用した

やさしい味わいが人気の

EM芋焼酎「了(さとる)」

菊の花びら浮かべて

雅にお祝いしてみては

いかがでしょう。

 

1478_3cyouyou250188お酒っぽいですが。。。

>>>>>イーエムジャパンホームページTOPに戻る

>>>>>EMJ店長ブログに戻る