無農薬の新潟コシヒカリをお探しでしたら、有機JAS認定「ブナのいのち」がオススメです!

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。

今日は、EMJイチオシの無農薬栽培米「ブナのいのち」のご紹介です。

EMJ入社したての頃、まだ、貝沼純さんのお父様がお元気だった頃に
朝日村の田んぼに連れて行ってもらいました。

JR村上駅に迎えに来てくださったのは、貝沼農場の長男「純さん」
当時、お父さんの跡継ぎとして就農したばかり。

img_0235-300x225

 

純さんは、地元の農業高校を卒業後、東京園芸専門学校へ進学。
国際農業者交流協会の農業研修生としてドイツの農園で
みっちり、循環型農業を学び帰国しました。

東京園芸専門学校で知り合ったかわいい奥さんとめでたく結婚、
背の高い、たくましく、夢溢れる若い農業士でした。

kyoto_30004

車で、貝沼農場のご自宅へ
貯水池のよこに広大な田んぼがあり、今まさに稲刈りまっさかり。
こんな農繁期に来るなんて、なんて非常識な!と恥じましたが、
当時、農業に疎かった私、勉強不足の私のこと、すでに時おそしです。

稲刈り、脱穀で忙しい、貝沼一美さん(純さんのお父様)に替わり
仲のいい新婚ほやほやのカップルに、
沢山の有機栽培米の田んぼを案内してもらうことになりました。

お母様やおばあちゃんにも案内されて、
畑で、生えてるダイコンの苗をそのままかじってる
純さんの姿がかっこよくて、すっかり、
「EM農業士」さんにあこがれてしまったのです。

車の中で、私に、純さんがこう聞きました。
純さん:「高橋さん、僕、地元の農業高校を卒業したんですが、
卒業後、地元で就農したのは何人だと思います?」
私:「えっ、米どころの新潟の農業高校だし、クラスで8人位かな?」
純さん:「クラスで僕1人だけですよ!」
私:「・・・」
純さん:「クラスでたった一人!農業高校でこの現実だから・・・。」
私:「日本全体での農業の後継者不足が限りなく深刻ということですね。」
純さん:「そうなんです。」

kome-a2

ご自宅から車でかなり登った山間部のなかに
美しく黄金色に輝く棚田が拡がっていました。
私の今までの「田んぼ」のイメージが音を立てて崩れていきました。
色はゴッホの杉の油絵、風がさわやかで、その風でそよぐ稲のふれあう音が
神々しい歌曲を奏でて棚田が、まるで、神聖な神殿の前に佇む
階段のように広がって今まで行った事のない世界に入り込んだようでした。

その棚田は、広大な平野とちがい、土地の段差が大きく、何段もあるため
トラクターや刈りいれ機などの重機を入れるのに一苦労なんだそうです。
地元の人たちと、農繁期は時期を少しづつずらしながら、
土作り、代かえ、田植え、稲刈りを協力しながらやっていくそうです。

dsc00041-300x225

棚田をはさむように、水路があり、ブナの森から沁みでる湧き水が
轟々と音を立てて、棚田の水路を下っていくのです。
湧き水を手にすくって飲んでみました。
清らかで、美味しくってものすごく冷たいので、びっくり!!!

棚田の上の山の上にも一面黄金色に輝く田んぼがあり
ここは黄金と同額で売れるという幻の「黄金(こがね)もち」のもち米が
育つ場所で、新潟一高値で売買されるのだそうです。
日本海からの冷たい湿気を含んだ風が、ブナの山にさえぎられて
1年中、めぐみの雨を降らすという黄金の「土地」とよばれてるそうです。

flash_7

帰りの車の中で・・・
純さん:「僕が、就農しようと思ったきっかけは、親父の背中です。
親父は、家ではどんなに農作業がつらくても、つらいと言うのを聞いたことがない。
どんなに、疲れていても、僕たちの前で居眠りすらしたことがないんです。
いつも、地元の人たちとどうしたら、良い米を、安全につくるかを
話し合う親父の背中を見て育ったんです。
そんな親父は、僕にああしろ、こうしろなんて、一言も言わず、
地元の人たちと楽しそうに農業をしてきたんだ。」

あれから、15年、日本の農業や食糧事情はもっとひどい状況に。
最近は、高齢化が進み、放棄田が増えて、地元の人たちとの共同作業にも
かげりがでてきたそうで、有機農業の大変さを感じてるそうです。

p1030575-225x300

しかし、父となった貝沼純さん、子どもたちの未来の為にも、
この美しい朝日村の自然を守りながら、
安全でおいしい米づくりを実現しつづけてくれます。
朝日村の日本一美しい棚田には、雪溶け水、ブナの森からの湧き水が絶え間なく
流れ込み、 味わったことのない穂にそよぐ風の音、触れたことのない秋の空気、
揺れあう稲穂のささやき、実りの大切さや豊かさや、大地への感謝が自然と溢れています。

この黄金色の実りを実現した農家さんへの尊敬の念が、
「お米」への信頼を確実なものにしました。
自然と農業士さんの「こころ」の息吹を感じるお米です。

 

◆新潟産コシヒカリ◆有機JAS米「ブナのいのち」玄米5kg
◆新潟産コシヒカリ◆有機JAS米「ブナのいのち」玄米10kg
◆新潟産コシヒカリ◆有機JAS米「ブナのいのち」白米5kg
◆新潟産コシヒカリ◆有機JAS米「ブナのいのち」白米10kg
◆新潟産コシヒカリ◆有機JAS米「ブナのいのち」七分5kg
◆新潟産コシヒカリ◆有機JAS米「ブナのいのち」七分10kg

 

★お米年間契約「赤とんぼクラブ」は こちら

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

お客様の声へ!
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★店長ブログTOPへ>>>