EMJペット倶楽部:ウーパールーパーの「ルーちゃん」です!

覚えてますか?

愛らしい外見の、80年代に一世を風靡したウーパールーパー。
日清焼きそばUFOのCMでは、UFOの愛の使者としてキャラクター化されていましたね。
リューシスティックという種類の、体が白くて黒眼のウーパールーパーちゃん。

ウーパールーパーは、1985年頃に突如!日本に出現した謎の生命体・・・
ピンク色の身体につぶらなお目々、顔の両側にあるヒラヒラが特徴的。
日清UFOのCMでUFOの愛の使者としてキャラクター化されたり、歌のレコード化などで人気となり、一躍ブームを生み出したが、エリマキトカゲ等当時人気となった動物同様ブームが静まるのも速かった。近年では安価で流通しており、飼育難易度も高くなく、
ゆったりした動きで両生類ファンを魅了するペットの位置になっているそうな。

さて、今ではあまり見かけない珍しのウーパールーパーの話題がなぜ・・・?
実は、飼ってる人がすぐ、そばに・・・社内にいたのです!


正式名称「メキシコサンショウウオ」の名前の通り、ウーパールーパーの原産国はメキシコで、ソチミル湖の周辺にいたものを増やし、ペット用として販売したことが始まりと言われています。しかし、野生のウーパールーパーは湖の埋め立てなどによって数が激減し、現在では国際的な商取引が規制されているようです。

主な主食は魚類や昆虫で、のんびりとした動きで食べる姿が愛らしいです。性格はおだやかで、物陰でじっとしていたりゆったりと水底を歩いている姿を見ることができます。しかし、複数飼育をする場合は喧嘩をしないように注意する必要があります。

は両生類の中でも特殊で、幼体のまま成熟して大人になります。

08年のソチミルコの調査で野生個体は100体程度と推定され(海外ドキュメント番組より)、絶滅寸前の希少種となってしまい、ワシントン条約によって保護され輸出が固く禁じられている。現在、日本で入手可能なものは保護される以前に海外で繁殖した個体を日本でさらに増やした個体となっている。絶滅寸前の野生種が流通する事は有り得ないので安心されたい。白に黒眼の「リューシ」、白く目が赤い「アルビノ」、黄色い「ゴールデン」、斑の入った灰色の「マーブル」、野生に近い色の「ブラック」等の品種が知られています。

securedownload-1

さて、今ではあまり見かけない珍しのウーパールーパーが

なんと!我が社の副社長宅にいたのですっ!

というのも、息子さんが1ヶ月前に養殖のウーパールーパーを買ってきたんだそうで

「ルーちゃん」と名づけられ、すっかり家族の一員に・・・

おとなしくて動かないと思いきや、1日4粒のお食事タイムの時には

水中を飛んで?来るし、ジャンプもするし、水底を走り回ってるそうな(^^;)

リビングの一角で、ジーと水槽の中でサンゴを見つめている「ルーちゃん」

遠い遠ーい故郷を思い出しているみたいなんだよねぇ・・・と、副社長。

あの~「ルーちゃん」は、淡水魚なんではにゃいのでしよーか?

ナハハ・・・(^^;);;;

笑いの絶えない家族の許で、幸せな「ルーちゃん」

よかったネ♪

securedownload