1月21日(土)神奈川ゆめコープ産地訪問&交流会がありました!

こんにちは!
イーエムジャパン
ネット通販店長の高橋万里子です。

パルシステムって聞いたことありませんか?
TVのCMでかわいいウシさんが宣伝している宅配システムです!
宅配トラックも街中で、よく見かけるようになりましたよね。

paru-450-1

神奈川県でゆめコープの会員さんは、横浜を中心に30万人強!
なぜ、こんなにゆめコープの宅配パルシステムが
都会の多くの消費者に人気なのか?というと・・・

 

神奈川ゆめコープパルシステムでは、
消費者さんの代表が監査人として参加する
「産地の公開確認会」を行っていて、
消費者さんたちが、自分たちの口に入る「野菜」が
どの産地で、どのように育って、消費者のもとに届くか?
「自分たちの目で確かめる」というすばらしい
生産者と消費者の交流の場づくりを実現しているからなのです。

 

170125-5

EMジャパンでも、神奈川ゆめコープへの納品で

パルシステムの会員さんへ
昨年だけでも、キャベツが約43,000玉、
大根が約21,000本、
春キャベツが約31,000玉もお届けしているのです。

 

そして、H29年1月21日(土)
冬の大根、春のキャベツの産地として三浦半島で
神奈川ゆめコープ会員さんたちの
産地訪問&生産者さんとの交流会が行われたのでした!
EMJ和田長浜事務所の君和田さんから、
体験収穫と交流会の画像が届いたのでのご紹介しますね。

 

1月21日(土)AM10時:京急の三浦海岸駅集合で
参加人数は35名
スタッフ、農家さん、EMJ社員を含む総人数は53名でした。
マイクロバス2台に分乗して、
野菜を供給してくれる三浦半島EM研究会の産地へ

 

170125-4

石渡さんの大根とキャベツ畑で収穫体験!

どれが、いいかなぁ~???
まず、ターゲットを見つけるまでが大変!!!
そして、いいなぁと目をつけたものを引っこ抜く・・・
えいっと、ひっぱる楽しさ・・・
これ、農作業をしたことのない人や子供たちにとっては
感動物なんですよね~。

 

170125-7

 

収穫体験の後は、潮風アリーナでランチを食べながら交流会
生産者さんと消費者さんが、直接、会って
直接、お話が聞けて、意見交換できる場なんです。
今、消費者の一番の関心の的である・・・
「食の安全性」は、今日、参加した人たちにとっても
一番、気になるところですよね。

 

170125-2

お母さん&ちびっ子の?に答える下里さん

 

170125-1

子供たちからの質問に答える長嶋友弘さん

 

170125-3

質問に答える加藤さん

 

170125-6

大根について絵を描いて説明する石渡さん

 

この交流会を通じて
お互いの顔が見え、信頼関係が出来るのです。
日本の「農業」や「安全な食の流通」にまで
双方の考えと理解が深まり・・・
共感が拡がる場となっていくのです。
こうした取り組み、イベントにより
生産者は、消費者に支えられながら、
安全・安心・高品質の野菜づくりをめざすことができるのです。

 

 

三浦半島EM研究会の野菜はお野菜大好き便でお届けしています!
>>>★EM野菜を月に2回お届けのお野菜大好き&ちょこっと便

>>>★EMジャパンのお客様の声<一覧>へ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る