EMガーデニング手帳~鳥の被害~

おはようございます。

イーエムジャパン 園芸部です。

春を喜ぶかのように鳥のさえずりが

聞こえるようになりました。

春だな~と心地よく感じる鳥たちの声。

そんな心地よい声にも困ったわ。。。と

いう人たちもいるんです。。。

春の鳥のしわざなのかカラスのしわざなのか

定かではないのですが、

先日ガーデニングを楽しまれているお客様のお花が

まるごとバッサリ

何ものかによってことごとく食べられてしまった。。。

という話を聞きました。

お花はパンジーやビオラにジュリアンだということ。

調べてみると、

「2~3月になると木の実は少なくなり、桜などの蜜の多い花はまだ咲かず野鳥の食べ物がとても少ない時期、ヒヨドリは花弁ごと花をたべます。」

とありました。

ヒヨドリのしわざかもしれないですねー。

今日のガーデニング手帳、かわいく咲かせているお花や

家庭菜園で栽培している野菜の

鳥や動物による被害の対処法を

お伝えします♪

実はコレ、ゴミ置き場のカラスの対処法としても

活用できるので是非試してみてくださいね。

 

1 EMセラミックス「PIPE35」を3~5mの間隔で

麻ひもに通して1個ずつ吊り下げて、プランターや畑を囲む。

90_1

 

2 1よりお手頃に済ませたい場合(^^♪

”EMバリアボトル”を作ります!

EMスーパーセラ発酵Cをスプーン1杯(3~4g)入れ、空気が

入らないようにペットボトル(2L)の口いっぱいまで良質なEM活性液を注ぐ。

DSC_0895

さらにペットボトルの表面に3Vのリチウム電池を貼りつけるとパワーアップ!

(↑100円ショップでも売ってます~。あの平たい丸い電池です。)

EM活性液の作り方はこちらをクリックしてみてね。

3 家庭菜園などモグラやタヌキの被害がある場合は、

2のペットボトルの下1/3程まで土に埋めてひもで連結。EM団子をつくって

2m間隔で10~15cmの深さに埋めたらこれも効果パワーアップ!

EM団子の作り方はこちらをクリックしてみてね。(量が多いのですが。)

 

せっかく育てたかわいいお花が全部食べられてしまったのは

とっても残念。

500mlのペットボトルなら手軽に作れると思うので

試してみてくださいね。

ただお花の周りにペットボトルがゴロゴロ置いてあるのもなんだかちょっと、

という場合は、プランターの後ろ側に置ければいいかな~。

 

みなさんのガーデニングに関する質問や悩みごとに

このガーデニング手帳、役立ててもらえたらいいな~と

思います♪

 

b0137969_1418655

八重咲ジュリアン(^^♪

>>>>>イーエムジャパンホームページTOPに戻る

>>>>>ENJ店長ブログに戻る