ペットボトルのお茶もあるけれど、やっぱり新茶は急須でいただきたい♪

おはようございます。

イーエムジャパン 情報室です。

GWまっただ中!

みなさまいかがおすごしでしょうか。

IMGP1114(2)

立春から数えて88日目は雑節の一つで

「八十八夜」と言われていますね。

5月2日にあたるそうです。

八十八夜が過ぎれば、気候も安定することから、

農家ではこの頃から本格的な農作業が始まりますね。

そして、八十八夜といえば茶摘み♪

茶摘みのわらべ歌、手遊び、覚えていますか?

休み前に学校で習ったのか、

子どもが一緒にやって~というので

試してみたら、全然思い出せない(汗)

焦ってネットで調べてしまったわたし。。。

調べてみると、この手遊び、

実際の茶葉を摘む動きに似せたんだとか。

なるほど~。

そんなことを子どもにも説明しながら

たどたどしくではありますが子どもと

手遊び楽しんだりしています♪

昔から八十八夜に摘まれた新茶を飲むと長生きする

といわれていますよね。

今ではペットボトルのお茶が当たり前のようになっていますが、

やっぱり新茶は急須に入れて飲みたいものです。

イーエムジャパンでご紹介している

静岡県は掛川で250年以上続く老舗

宝和園のEM自然農法栽培茶の新茶。

お茶所で有名な掛川市で行われている茶草場農法は

世界農業遺産にも認定されています。

そのほか、宝和園で栽培されているお茶は

農薬も化学肥料も不使用、有機JAS認定、

そして一番気になる放射能ももちろん不検出です。

自然の恵みと丁寧に作られたEM蘇生茶を

じっくり急須で入れて

ゆっくり味わいながら

楽しい団らんのひとときを

過ごしてみてはいかがでしょう。

5月10日(水)から出荷始まります!

ご注文はインターネットからならGW中も受付中!

お電話は5/8(月)から受付いたします。

フリーダイヤルTEL 0120-57-4142

151201-650-cha4

 

 

>>>>>>イーエムジャパンホームページTOPに戻る

>>>>>>EMJ店長ブログに戻る