EMガーデニング手帳:来年も咲かせたい!球根が終わった後の処理

おはようございます。

イーエムジャパン 園芸部です。

 

地植えではなくポットやプランターで

春先に香り豊かに咲いてくれたヒヤシンスや

ちいさなブルーの花を輝かせてくれたムスカリなどの

球根花、花が終わったらみなさんどうしていますか?

そのままポイ?

できたら来年も咲かせてみたいですよね~。

場合によっては増やせるかもしれないとしたら。。。

ウレシイですよね~♪

来年も楽しめるための、ちょっとした処理方法、

お伝えしますね。

41TpNme2rFL

花を十分に楽しんだら、

花柄は摘み取って、

茎や葉っぱはそのままにします。

お花をそのままにしておくと、

種を作ろうとして球根ではなく

子房にたくさん栄養が向かってしまうからです。

2か月ほどそのままにしておくと葉が枯れてくるので、

そうなったら球根を掘り上げて陰干しに。

表面の土をきれいに落としてネットに入れて

風通しの良い日陰で秋まで保管して

冬頃土に植えてあげましょう。

 

EM流ガーデニング方法として、

ちょっと試してみたいなと思っているのは、

お花が終わった後、葉と茎を残すのは、

この葉っぱと茎が球根に栄養をためるのに

重要な役割を果たすわけで。

だから葉が枯れてくるまでの間、

EM1号EMガーデン

水やりやスプレーをかけてあげると

球根にも栄養がスムーズに行きわたる

手助けになるんじゃないかなと。

2016garden-650

試してみますね~。

乞うご期待♪

>>>>>イーエムジャパンホームページTOPに戻る

>>>>>EMJ店長ブログに戻る

>>>>>EMガーデニング