三浦半島EM研究会メンバーの野菜がオリンピック選手村の食材に?

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

今日は、EMジャパンの地元、神奈川県の三浦半島の
すばらしいEM栽培農家さんたちをご紹介します。

 

img_0

 

 

 

2020年には、東京オリンピックがあって
海外から大勢のアスリートがやってきます。
オリンピックに出るアスリートといえば、超一流の選手たち!

 

中でも身体に直接かかわる「食べ物」には
相当、こだわっていますよね。
東京五輪“選手村の食事”検討会議始まったばかり

 

実は、国際オリンピック委員会IOCは近年、
「スポーツ」「文化」に加え、「環境」を
オリンピック精神の第三の柱とすることを宣言しています。

 

2012年のロンドンオリンピック以降、
環境や生物多様性に配慮した大会運営を
求めてきているのです。

 

このため、2020年の東京大会で使う食材は
環境や生物多様性に配慮した
食材しか使えないと言うことです。

 

つまり、具体的には言うと・・・

 

生態系や土壌、地下水など環境に大きな負担を与える
農薬や化学肥料を使った野菜・農産物を使うな!

 

生態系に大きなダメージを与える、マグロや鯨などの
水産系の食材を使うな!

 

・・・と言っているのです。

 

2020年、たったの二週間に、
東京の極て狭い地区に
15000人ものアスリートが押し寄せるのです。

 

日本は、ちゃんと2020年までにIOCの求めている
有機食材を調達できるんでしょうか?
和食が世界遺産に登録され、注目されているだけに
なにがなんでも、IOCの求めに応じないとダメですよね。

 

EMジャパンでも、オリンピックへの有機食材提供に向け
神奈川県の三浦半島EM研究会メンバーとの提携で
有機JAS認証野菜の作付けがはじまりました。

 

もともと、EM栽培は、農薬や化学肥料を使わない農業
EMこそ、IOCの望む、環境と生態系に配慮したもの

 

川島義徳さんたち
三浦半島EM研究会メンバーは、
農薬や化学肥料を使わず、
日々、EM活用の土作り
EM活性液の散布をして野菜を栽培しています。

 

2015-emsanpu650-0

 

鈴木誠さんのキャベツは甘くて有名!
EMメロンやカボチャなど
東都生協では大人気の農家さんです。

 

鈴木浩之さんは25年前に、
有機農法研究会を立ち上げたメンバーで
三浦半島EM研究会初代会長で
地元の小学校へ食育の講演会に
行くこともあるそうです。

 

2015-miura650-1

 

石渡清文さんは、研究会が 農協とか市場やスーパーの
バイヤーに声をかけて合同でイベント活動をする際には
自分の畑を提供して、消費者さんに
畑見学をしてもらっています。

 

川名正人さんは他のメンバーと
会員が100名以上いる横須賀の消費者の会
「マリーゴールド」とも一緒 に活動しています。
マリーゴールドは、大根の根腐れをおこす
ネグサレセンチュウを殺す成分を持っており、
それらを栽培し、土に鋤き込んだ畑で大根を栽培することで、
農薬を使わずにすむのです。

 

17362083_1256764557706681_6225938289838651360_n

 

飯島聡さんは、飲料工場から出るコーヒー粕
お茶の粕などに畑で出た野菜の残渣を
EMと混ぜて、オリジナルの自家製堆肥を作っています。

 

他のメンバーも、みんな工夫して
安全・安心・高品質の野菜づくりをめざしているのです。

 

三浦半島EM研究会メンバーのつくった野菜が
2020年、東京オリンピックの選手村の食材となり
それを食べた、選手が美味しい!と言ってくれて
いい記録が出るといいですね。

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

 

 

★三浦半島EM研究会メンバーのお野菜大好き便
★イーエムジャパンホームページTOPはこちら
★EMについてもっと詳しく⇒EMとは?
★イーエムジャパン⇒セミナー&イベント情報<一覧>
★EMの軌跡⇒EMの歴史
★EMJ店長ブログTOPに戻る