絶滅危惧種の保護活動への寄付になるハンコ(印鑑)

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。

パンダロゴでおなじみの環境保護団体WWF、

東京にあるWWFジャパンは、

野生生物や自然環境の保護活動を支援するものとして

絶滅危惧種の動物シルエットをあしらった

オリジナルのハンコ(印鑑)を販売しています。

このハンコ代金の1700円のうち、600円が

絶滅危惧種の保護活動への寄付となるんだとか!

すごく、気になって、購入してみることに・・・。

日本ならではの「ハンコ」。

ハンコの漢字の一部に、

絶滅のおそれのある動物の姿を取り入れ、

動物たちの現状に目を向けてもらおうと、

このキャンペーンが生まれたそうです。

 

さっそく、WITH STANPのサイトで

高橋と、漢字を入れてみました。

https://with-stamp.jp/

https://with-stamp.jp/

12185_2

 

私のハンコの絶滅危惧種の動物シルエットは

クロツラヘラサギでした。

地味だけど、まっ、いいか、

おしゃれなハンコで寄付にもなるし・・・

さっそく、注文!

届くのが楽しみです。

 

12185_4

 

同じ地球上のいきものなのに

地球の同じ生態系の仲間なのに

牙や毛皮の為に乱獲されたり

人間が森林を乱伐したり、

海を汚染したり、

二酸化炭素を大量放出して

地球温暖化などが原因で

数を減らしているんですものね。

 

映画「蘇生」を見て、思いました。

野生生物は、地球の自然環境そのもの。

生態系、そのものです。

絶滅危惧種の動物は明日のわが身・・・

 

人間だって、このままでは絶滅に向かっている

地球上に暮らす、同じ住民なのに・・・

取り返しのつかないことになる前に

みんなが、地球上の人間全員が、今から

地球の環境を変えることをはじめれば

きっと、変ると思う。

 

 

 

>>>★2017年☆映画「蘇生」上映会 in 川崎

>>>★2017年◎EMで甦る!地球環境セミナー

>>>★イーエムジャパンホームページへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る