2017年海の日:逗子海岸でのEM団子投げ終了しました!

こんにちは!イーエムジャパン逗子海岸担当の高橋万里子です。
今年もたくさんの方のご協力いただいて
無事、EM団子投げができました!

170717-em1

朝、9時半にはスタッフは、このメンバーで
EM団子4500個を浜に並べていました。

170717-em4

ビーチクラブの人たちも準備万端!

170717-em3

これがEM団子、4500個!
7月1日にビーチクラブの人たちに作ってもらったものとK学園の生徒さんがつくってくれたもの

170717-em5

もう、糸状菌がはって、微生物がたくさんのEM団子に仕上がっていました。

170717-em7

まずは、ごみひろい。
大人が見本を示すことで子供にも
海をきれいにする習慣がつきますね。

170717-em9

ガラスやタバコの吸殻など、海にあってはいけないもの!
それを拾ってもらいました。

170717-em10

右端が真壁さん。子供たちに海の遊びを教えるだけでなく
海を大切にすることも教えてくれます。

170717-em11

さあ、いよいよ、EM団子投げ!
はじまりますよ!

170717-em12

逗子海岸は小さな子供たちもたくさん!

170717-em13

おかあさん、お父さんの後姿をみて、海を守ることも習います。

170717-em14

もう、海の中に入って投げてくれました。

170717-em16

遠くまでなげてくれてありがとう!

170717-em17

逗子湾に流れ込む田越川の河口にも
投げてもらいました。
渚橋の下です。

170717-em18

川も海も微生物たちが、生態系を壊すことなく
限りなく、自然に近い形で
水をきれいにしてくれるのことでしょう。

 

<関連ブログ>
目には見えないほど小さな生き物(EM:有用微生物たち)の大きな力
映画「蘇生」で、白鳥哲監督は、問いかけます。
人類は地球をどこまで汚染し続けるのか?と。
白鳥哲監督の映画「蘇生」メッセージ<1>
★微生物の可能性が地球の未来を救う!EMとは?
★EMジャパンの環境活動報告はこちら
比嘉教授の著書・共著本(地球を救う大変革など)
EM団子とは?(EMだんごの作り方&団子にする訳!)
EMによる日本橋川浄化プロジェクトも12年目!

 

 

EMジャパンのホームページ
EMってこんなところに使われている?
EMってすごい!
イーエムジャパンのイベントセミナー
店長ブログのTOPへ戻る