酔芙蓉に酔いしれる~

おはようございます。

イーエムジャパン 園芸部です。

先週末、週明けの今日と

秋晴れに夏の名残りの暑さを感じますね。

先週末、娘を習い事に送った後、

ちょっと時間が空いたので

そういえば、近くに谷戸池があると言ってたなー。

ということで、早速チャリンコで行ってきました。

谷戸池は昔は農業用のため池だったとか。

なるほど、住宅地にいきなり現れるわけですね。

その後、桜が植えられたそうで、住人達の憩いの場に

なっているのでしょうね。

今の時期は、酔芙蓉が太陽に照らされて

美しく咲いていました♪

DSC_1213

酔芙蓉スイフヨウ

おもしろい名前。

なぜ酔っぱらった?のかといえば、

夕方になるにつれて

白からピンクへと変化していくからなんです。

花の細胞が赤色のアントシアニンという色素を

つくってためていくのだとか。

さらに 25℃以上あると作られやすく、

特に午後から活発に作られるので

夕方になるにつれてあか~くなってくるんですね。

 

大きく白く開いた繊細な花びらが

なんとも言えない

やさしいピンク色に変わる様子。

じ~っと眺めていたいところでしたが、

暑くて断念。

こんな風に変わるんですよ~。

酔芙蓉1

酔芙蓉4

ちなみに

光とは関係なく、気温による変化なのだそう。

酔芙蓉に酔いしれるひとときでした~。