黄昏の逢魔が時に、もの想う・・・

おはようございます。

イーエムジャパン スタッフ・よもやま話

いかせていただきます。

夕方に話すことかもしれません(^^;)

お付き合いのほどを・・・

 

三浦半島の付け根に住んでいます。

対岸は房総半島・・・富津の火力発電所の煙突が見えます。

天気のいい日は泳いで行けそうなくらい

すぐそこに感じる海は、まっすぐだ。

高台に住んでいると

玄関を出た途端に、四方八方坂道・・・

駅近の平らな道まで行くのに

坂を下って、またちょっと登り、また下りながら

平らな道を少し歩いて、一気に下っていく・・・

そうして日常の中に、凹凸を感じながら

何を始めるにも、終わるにも

坂道が一緒についてまわる生活・・・

 

社会人となり

タクシーに躊躇なく乗れるようになると

まわりの風景も、さほど楽しまなくなり

隣接する大企業の社宅が

1棟、また1棟と入居者を減らしていき

取り壊されるのを待つ、手持無沙汰な巨人みたい。

寂しげになって、草草が自由に縄張りを広げてゆく・・・

中でも、葛の勢力は凄まじく

ネズミの尻尾のようなツルを好きなだけ伸ばして

緑の王国を作るのに忙しい。

 

高台に住んでいると

空に少しだけ近いので、これからの季節は

夕暮れ時が楽しみになってくる・・・

お気に入りの場所で、日暮れを見るのだ。

フジ

 

坂の上に住んでてヨカッタ・・・

逢魔

 

ひとつひとつの灯りに、生活がある。

一日、一日、その日を生きて、生かされていく。

2時

人間だけが作り出す世界と、自然が見せてくれる光景・・・

歩かなければ見えない世界・・・

骨折してつくづく感じる

自分は、細胞と微生物と神秘と奇跡の集合体だと・・・

 

カラダのなかには、微生物がいっぱい・・・

一緒に、ここで生きている。

これから、一瞬の黄昏が美しい季節になります。

 

皆さまの住んでる所の夕焼けは、どこを照らしているのかな・・・

 

今週もありがとうございました。

来週もよろしくお願いいたします。

(*´ω`*)

 

 

>>>>EMJ店長ブログに戻る

>>>イーエムジャパンホームページTOPに戻る