阪神大震災から23年 EMの教訓をつなげて

おはようございます。

イーエムジャパン 情報室です。

23年前の今日、1月17日は

阪神大震災がありました。

若かりしそのころ、

そういえば、都内のホテルで働いていて

神戸のグループホテルへ応援に

上司が駆けつけていたのを思い出しました。

当時のイーエムジャパンでは

震災後すぐに応援部隊を派遣して

EMボカシを大量に運んでいたのだそうです。

衣類や食料の援助は

比較的迅速に対処されていて

トイレや生ごみなどの消臭対策が

一早く求められていたとか。

 

今や、日本だけでなく世界中で

頻繁に大きな地震がいつ起こっても

不思議ではない状況。

近年、東海大地震や南部大地震を

警戒する声もよく耳にします。

 

様々な災害の場面で

活用されてきたEM。

 

備えあれば憂いなし

 

とはいいますが、

 

どんな備えがあれば

本当に役立つのか、

そういったことを

みなさんに

お知らせすることが

わたしたちの

使命なのだな、

と思いました。

 

更には

EMのある

日常生活が

当たり前となる

そんな環境づくりに

励んでいきたいと

思います。

 

>>>>>EMJ店長ブログに戻る

>>イーエムジャパンホームページTOPに戻る>>

>>>EMとは

>>>EMの歴史 比嘉照夫教授