よくある質問Q:海水EM活性液(塩活性液)をつくるときの分量は?

よくある質問Q:海水EM活性液(塩活性液)をつくるときの分量は?

こんにちは!イーエムジャパンの高橋万里子です。
お客様から、海水EM活性液のことでご質問がありました。
__________________________________

海水EM1+善玉+水+塩を量が、分かりません?!Σ( ̄□ ̄;)
海水を作る?!Σ( ̄□ ̄;)
海水を汲んで来る?
__________________________________

▽用意するもの
EM1号善玉菌のエサ汲み置き水・2Lペットボトル・お湯・量り・食塩

170621-sio-3

たしかに・・・
海水を汲んでくるのは大変ですよね。
実は、ふつうの食塩でOKなんです。
沢山使う、広範囲の場合、雪国で道路に撒く、溶解用の塩でもOK!

海水=塩水⇒塩活性液でもOKです。
イーエムジャパンでは塩と善玉菌のエサでつくってみました。

__________________________________

◆よくある質問Q:海水EM活性液(塩活性液)をつくるときの分量は?
__________________________________

170621-sio-4

◆A:2リットルのペットボトルで塩活性液をつくるときの分量です。
__________________________________

<材料>(2リットル分)
①2Lのペットボトル
②水(浄水または置き水1200ml・お湯:700ml)
③善玉菌のエサ 30g
④EM1号 40ml
⑤塩30g
__________________________________

▼つくる手順はこちら
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr90

170621-sio-5

※塩は当初、全部入れてましたが、今年のEM研究所の津曲さんのセミナーで、
最初、仕込むとき、塩20g入れて、活性液が仕上がってから残りの塩10g入れたほうが、
より、しっかりした、塩活性液ができるとのことでした。

170621-sio-17

海水EM活性液(塩活性液)は結界用EM団子農業用の埋炭団子の時にも
使いますから、作ってみてくださいね。

 

◆海水EM活性液(塩活性液)の作り方はこちらへ

 

◎EMで持続可能な循環型農業 サンシャイン農場
◎サンシャインの大城農場長セミナー海水EM活性液の活用法
◎EMジャパンの実験農園でEM青汁発酵液を作ってみました!
◎青空宮殿レポート:整流と結界

 

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る