鎌倉「宝戒寺」の秋のお庭めぐり!

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。
祝日の9月23日、珍しく、鎌倉へ出かけました。
混んではいるとしりつつ、萩と珍しい白い曼珠沙華見たさに・・・
案の定、駅前、小町通りはめちゃ混み
鶴岡八幡で手を清めるにも、長蛇の列・・・
そんな中、「宝戒寺」は静かに「萩の花」が出迎えてくれ
珍しい、黄色と白のヒガンバナにも出会えました。

180923-hagi1

鶴岡八幡の鳥居の前の道の突き当たりにある宝戒寺の入り口

180923-hana22

入り口に向かいます。拝観料は大人200円、子供100円です。

180923-hana21

正式名は天台宗 金龍山 宝戒寺だそうです。
昔は北条氏の屋敷跡だったそうな・・・

180923-hagi5

さすが、萩寺と呼ばれるだけあって、建物が見えないくらいの萩の花・・・
この本堂に入れてもらえます。
畳にすわって、外も眺められますし・・・

180923-hagi3

もちろん、萩の花は見事なのですが・・・
境内には、本堂に上がる階段のほかは
平らで、歩きやすく、くたびれるほども広くなく
ほどよい、お庭で、楽しめるんです。

180923-hana15

この木もなにげに巨木です。

180923-hana26

白萩の花のトンネルを抜けると

180923-hana11

足元に、珍しい黄色いヒガンバナ

180923-hana10

あっちゃ、こっちゃに、白い彼岸花も・・・

180923-hana8

被写体としては、とてもおもしろい花で。ついつい・・・

180923-hana6

もう1枚、と増えてしまい

180923-hana12

気づいたら、何十枚も画像を撮っていました。

180923-hana9

花の盛りはすぎていても、ぽつんと葉なく、たつその姿は

180923-hana17

絵になります。

180923-hana24

本堂の右手にはいいかんじの手を清める場所・・・

180923-hana23

おみくじも結ぶところが石でできています。

180923-hana2
本堂をはさんんで睡蓮鉢があり、こちらは左手、中に金魚がいました。

180923-hana3

こっちは、右、メダカがいました。

180923-hagi9

左手の萩のトンネルをくぐると、

180923-hana13

鐘がありました。大晦日には108つ、うつんでしょうか。

180923-hana14

奥には、ホテイソウがわんさか!マイケルのエサもこうしなくては!

180923-hana7

黄色いヒガンバナに別れを告げて、でようとしたら

180923-hana20

苔むした石によく見ると、子供の貼り絵のよう・・・
苔の上に根をおろした植物が折り紙の葉っぱのようです。
この石は、拝観料を払う、出入り口のところに鎮座しています。
そろそろ、お別れです。

 

娘が小さい頃に、来て以来の20年ぶりの宝戒寺のお庭巡り
そんなに、混んでなくて、広さも程よく、
たくさんのお花を見れて、楽しかったです。
鎌倉駅から、15分ですからお天気の良い日に、おススメです。

 

 

>>>☆EMJ店長ブログ:季節の花はこちら
>>>☆萩寺としても有名な「宝戒寺」の白萩の花が満開です
>>>☆9月の花:彼岸花「曼珠沙華」には、赤・白・黄の3色もあるってご存知でした?

 

 

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る