ボディーウォッシュでお肌がつるつる?でも、それって・・・

こんにちは!イーエムジャパンネッ ト通販店長の高橋万里子です。今日は、毎日、なにげなく使ってるボディーシャンプーのちょっと怖いおはなし・・・。

もし、あなたの使ってるボディーウォッシュが、合成洗剤だったら、そのつるつるの洗い上がり感は、実は界面活性剤がお肌に残っている証拠・・・

◎使っている ボディーウォッシュの容器の裏の表示を見て!

水・ラウリン酸・ミリスチン酸・水酸化K・ラウリルベタイン・コカミドMEA・ジステアリン酸グリコール・PPG-2コカミド・・・などなど書いてあったら、正真正銘の合成洗剤ボディーウォッシュです。

◎同じ体を洗うものでも、原料がちがいます。

一方、安全な石けんの表示は、そっけなく、原料に石けんとあるだけ!合成洗剤は、石油など鉱物系の食べられない脂で造られてますが、石けんは、ヤシ油、牛脂、米油など食べられる脂が原料です。もう、これだけで、どっちが、安全か判る気がしますよね。

◎肌が潤っているように感じても・・・?

石鹸は水で薄まるとすぐに洗浄力がなくなり、簡単にすすぎ落とすことができますが、合成界面活性剤は水で薄まっても洗浄力をそのまま維持するものが多く、
かなり丁寧にすすがないと肌に残りやすいことから肌への負担が大きいとも言われています。

「洗い上がりのつっぱり感が少なく肌が潤っているように感じる」と思ってる人、・・・ ちょっと、待って下さい!実は、『肌自体が潤っているのではなく、洗浄成分が肌に残っているから』潤っているように感じているだけのことが多いのです。

史上最高のうるおい?
TVでおなじみのボディーソープの容器の裏を見てみました!

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、BHT、EDTAー4Na、エチドロン酸、塩化K、メチルイソチアゾリノン

まぎれもなく、合成洗剤でした。

◎お肌がつるつるになるのはなぜ?

合成洗剤の合成界面活性剤は、たんぱく質と結びつく性質があり、肌や髪に残留します。 ボディーウォッシュ (合成界面活性剤)は、たんぱく質と結合するので、ヌルヌルした感じになります。そのため、自分の肌が、すべすべになった気しますが、実際は、界面活性剤が残って取れないから、そう感じるだけなのです。ちょっと、怖いですね。

◎完全無添加を選ぼう!

安全なボディーソープを選ぶのだったら、
選ぶ基準として、まずは『無添加』というものを選びましょう。
無添加とは、化学物質・防腐剤・香料・着色料・合成界面活性剤などが配合されていない物のことを言います。
これらの成分が皮膚や身体に悪影響を及ぼし、アレルギーや肌トラブルのきっかけになるのですから・・・。

◎アルカリ性を選ぶ!

最近のTVコマーシャルで、弱酸性がお肌にやさしい!と宣伝されていますが、一概に弱酸性は肌に優しいとは言えないのです。

それに対してアルカリ性の石けんは、汚れ(弱酸性)と合わさることで中和され、水で簡単にきれいにすすぎ落とせることから、つっぱり感は出ますが、それはむしろ肌の正常な反応であり、ターンオーバーを促し健康な肌へと導いてくれます。

◎やっぱり、石けんがいちばん安心!

合成洗剤の ボディーウォッシュに含まれる化学物質が 皮膚から吸収されてしまいます。だから、赤ちゃんや小さいお子さん、肌が敏感な方は、自然の成分に近い「石けん」のほうが安心でしょう。

安全なシャボン玉EM石けんのEMボディーソープはこちら

赤ちゃんや、肌の敏感な方は、シャボン玉 EM浴用石けん