映画「蘇生II〜愛と微生物〜」が2019年8月23日より劇場公開!

こんにちは!I Love EMの高橋万里子です。白鳥哲映画監督の最新作「蘇生II〜愛と微生物〜」の公開が決まりました!

「蘇生Ⅱ」では、地球環境と人の意識のつながりについて追及し、前作「蘇生」(2015)から更に踏み込んだ地球環境問題の新たな視点が語られています。

東日本大震災から8年。その教訓が忘れ去られようとしています。 福島第一原発事故による放射能の問題はいつの間にか、何事もなかったかのようになりつつあります。メディアも行政機関も終息を迎えてるかのように、静観・・・。しかし、広がり続けているのです。

でも、「放射能」という現実をちゃんと受け入れ、汚染から蘇生へと大きな成果を出している方々もいらっしゃるのです。

福島県を中心に55箇所にも広がるボランティアによる有用微生物群(EM)の散布活動です。映画「蘇生」でも触れたように、放射能を軽減、消失させる技術は世界に数多くあります。

その中でも、 有用微生物群(EM)の散布 を行うボランティアの方々は、震災直後から8年以上成果を出し続けています。その成果はこれからの人類のあり方に希望を与えています。

このことを多くの人に知ってもらいたい。そして、私たちの母なる地球への愛を取り戻していただきたい・・・。そんな想いでこの映画の製作をスタートさせました。

熱波と寒波。干ばつと洪水。

巨大化する台風や嵐・・・。地球環境が悪化の一途をたどる今・・・。

地球に生きる全ての生命への愛と敬意を思い出す時期にきているのです。

私たちは一人では生きることができません。毎日の食、飲み物・・・呼吸ひとつとっても、微生物や植物、多くの生きとし生けるものが介在して、生かされています。また、私たちの意識は、微生物という小さな生き物の発酵にまで、影響を与えることがわかってきています。信じる心や見返りを求めない愛が、全ての生き物に影響を与えていくのです。そして、それは、地球全体の蘇生にも繋がっていくのです。

日々の行き方と地球環境が密接に結びついていることを理解できたときに私たちの生き方は変わるでしょう。地球全体も良い方向へ向かうでしょう。
母なる地球を守り育むことは、私たち人間の責任なのです。

この映画を通して、多くの方々が、地球とこの惑星(ほし)にいる全てのいのちに対し、その責任に目覚めることを心から願ってやみません。
今、見返りを求めない・・・愛に目覚めるときなのです。
(2019年7月7日:蘇生Ⅱ完成試写会の白鳥哲監督のメッセージより

2019年8月23日よりシアタス調布ほか、順次、劇場公開されていきますのでお楽しみに!詳しくは◎映画『蘇生II~愛と微生物~』サイト又は下記からの予告編(YouTube)をご覧ください。

◎映画『蘇生II~愛と微生物~

白鳥哲監督は、4年前の「蘇生」に続き、母なる地球を守り育むことが、私たち人間の責任であり、見返りを求めない愛と微生物に地球を蘇生させる可能性があると「蘇生Ⅱ」で教えてくれています。

映画『蘇生II~愛と微生物~』の劇場上映が始まります。
ぜひこの機会に劇場でご覧くださいませ。

東京   シアタス調布   8/23~
名古屋 シネマスコーレ 8/24~
長野   シネマポイント  8/31~
大阪   シアターセブン  9/7~

《東京 イオンシネマ シアタス調布》
上映&監督トークショー:全席指定(パンフレット付き)

前売¥2,000- 当日¥2,200-
Pコード:550-035

   ~上映スケジュール~

8/23(金) 17:00受付開始 18:10開演
8/24(土) 17:00受付開始 18:10開演
8/25(日) 17:00受付開始 18:10開演
8/26(月) 15:00受付開始 16:10開演
8/27(火) 15:00受付開始 16:10開演

OFFICE TETSU SHIRATORI 地球蘇生プロジェクト事務局
〒253-0053
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北2-9-48
電話 0467-87-6731(月火木金10時~15時)
FAX 0467-87-6732(24時間受付)
Mail:info@officetetsushiratori.com

蘇生Ⅱ~愛と微生物~」 | I Love EM

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る