私のゴミ問題:新幹線のバイオマス袋もらってしまったけど・・・?

こんにちは!I Love EMの高橋万里子です。久々に、仕事で新幹線「のぞみ」に乗りました。車内販売で珈琲を注文したら、テーブルにコーヒーとなぜか、プラスチック袋が!

とっさに断ろうと思ったのですが、世界中で起こるテロ事件以来、ゴミ箱が駅構内で撤去されてるし、ゴミは持ち帰りましょう!キャンペーンかな?と思い、そのまま、もらってしまいました。

このプラスチックのフタは必要?マックやスタバで、必ず、くっいてくるプラスチックフタ!おばさんは、紙コップだけでいいのに・・・。

そして、このジェイアール東海のパッセンジャーズの袋・・・「いらないんだけど。」という、私のような客の為に、書いてありましたよ。
バイオマスNo.110015「私たちは環境保全に取り組んでます!」
この袋は廃糖蜜(サトウキビから砂糖をとった後に残る糖蜜)から作った植物性プラスチックが10%使用されています。これにより、石油資源の節約とCO2削減が実現できました。

そーなんだ。がんばってるんだ。たしかに、 ジェイアール東海さんの削減努力は認めるけど、でも、やっぱり、このフタいらないなぁ。

空の紙コップと立派なプラスチックゴミ、いえ、フタを眺めてたら、はっと気づいたのです。前の自動ドアの左上のマーク!ゴミ箱あり!のマークですよね。

席から5メートルのところにちゃんと、ゴミ箱が!なんだ、やっぱり、袋、いらないじゃん。こんなことなら、プラスチック袋、断ればよかった!

袋とプラスチックフタの製造を止めて、コーヒーは紙コップでいいのでは?そのほうが、 ゴミも減り、経費も削減できるのでは? そして、その無駄な製造費とゴミ償却費用を、未来の植物性プラスチック100%を実現する開発に資金を回したらステキですよね。まっ、私も、断れなかったことに反省して、これからは、プラスチック袋をすかさず「断る!」スキルをつけたおばさんになろうと思います!(でも、毎日、断れないで、なんかしら、プラ袋は、増えていきます。とほほ・・・です。)

私のゴミ問題:バターは紙だけで包まれてる・・・。

私のゴミ問題:折れた傘

私のゴミ問題!:紙パックの口

私のゴミ仲間

>>>★環境を汚さないEMで生ゴミリサイクル
>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る