私のゴミ問題:ポイ捨て

こんにちは!I Love EMの高橋万里子です。
長~~い梅雨から、明けた週末の逗子海岸は、沢山の海水浴客であふれていました。先月は夏休みとは思えないほど、閑散としてましたから、なんだか、街全体も活気が出てきたみたいでホッとしました。

でも、それと同時に、困ったことも・・・。

あと300メートルで海に流れ込む「田越川」の表面にゴミが浮遊。東郷橋の橋げたにはプラスチックゴミが投げ捨てられて・・・

東郷橋を右折して30歩もあるくか、歩かないところに・・・

そして、5メートル先には紙ごみ・・・

その10メートル先の植えこみのなかに、ポイ捨てのペットボトル・・・

そして、その先の住民の共有のゴミステーションがあります。ゴミステーションはきちんと分別されたゴミをきまった曜日、時間に出す、仕組みなのですが、ポイ捨てが多いと機能しなくなるのです。

コイン駐車場もゴミ捨て禁止!の張り紙の効果がなく、料金支払機の上に、ポイ捨てのペットボトル!

2015年からゴミ回収の有料化が始まった逗子では、ブルーの有料ゴミ袋での回収しか、ゴミ収集車は持っていってくれなくなりました。ですから、ゴミステーションにポイ捨てされた空き缶、ペットボトル、お弁当箱の食べ残し、プラスチックゴミなどを置き去りとなり、カラスの被害などにつながります。こうしたポイ捨てに対しての住民救済策として、市から、無料で緑のボランティア清掃用ごみ袋が無料でもらえます。私は、市役所でもらってきたこの袋で、自分の家の近くのゴミ拾いをして、分別して出しています。今日もこれから、さっきの道端のポイ捨てのゴミを拾ってこようと思います。

私のゴミ問題:新幹線のバイオマス袋もらってしまったけど・・・?

私のゴミ問題:バターは紙だけで包まれてる・・・。

私のゴミ問題:折れた傘

私のゴミ問題!:紙パックの口

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る