まもなく、トントンの梨園から、おいしい梨の出荷がはじまりますよ!

こんにちは!I Love EM の高橋万里子です。
すっかり、日が暮れるのが早くなり、虫の音も聞こえてきましたね。秋の訪れといえば、福島の大内さんの梨の出荷の時期がやってきましたよ。今日はその梨園にやってきた雄猫「トントン」が主人公の絵本「トントンのようちえん」をご紹介させて頂きます。

文はこの梨園を営んでいる大内孝さんの奥様の有子さん。絵は福島市のイラストレーターさいとうゆみさん。オーストラリア在住のベリーズさんのすばらしい英訳がついて、フランス、オーストラリア、ベラルーシにも読者が広がっています。◇EM生活HPより抜粋>福島市のEM梨農家 大内有子さんがふくしま鎮魂の心を込めて絵本を出版

大内さんの果樹園は福島第一原発から約65キロにあります。大内さんご夫妻は、この地で梨園の再生と復興を誓いました。しかし、風評被害はひどく、放射性物質は検出されていないのに、出荷は激減して、精神的ストレスが大きかったそうです。そんなとき、一匹の雄猫がこの梨園に住み着きました。有子さんは、「私を心配して来てくれたのかな」とだれにも打ち明けることが出来なかった胸の苦しみをこの猫にそっと打ち明けたそうです。

そして、知人の女の子に出会います。津波で祖母と妹を失っていた、彼女は福島からの避難者がいじめを受けたニュースに衝撃を受け、自分が福島出身であることを隠して関西の大学に通ってました。そのときの経験は今でも語らないそうです。有子さんは、絵本なら、子どもたちの閉じた心を表現できるかもしれない!そう考えて、福島から心を支える復活の物語を発信したいと、絵本作りをはじめたのだそうです。ですから、絵本の舞台はふくしまで、モデルは果樹園でくらす猫と女の子。

トントンは梨畑で津波にのまれた海辺の町からやってきた女の子、心に大きな傷をかかえていた、 じゅんちゃんに出会う。「キズのあるなしはね とってもあまくなるんだよ」「キズをなおすためにえいようがいっぱい あつまるから とびっきり おいしくなるんだって」

じゅんちゃんは、その夜、夢でおばあちゃんと妹に会います。田んぼに虹がかかっていて、帰り際に、おばあちゃんが、じゅんちゃんの手をぎゅっとにぎります。このシーンは、有子さんが福島のすべての子どもたちに送った「元気を出して!」のエール。感動で涙がとまりませんでした。

トントンは、こころのとびらを トントン・・・小さい背中をトントンしてくれます。そして、最期に たかいはしごも トントン のぼる・・・とうたいます。このトントンは、はしごの上で黙々と、梨園で梨の木の手入れをしているご主人の背中を、心をそっととんとんしている有子さんのトントンでした。

2012年2月、有子さんは、ニューヨークの国連本部「国連女性の地位委員会」の世界YWCA代表団として参加します。国連と関連のレセプションで、福島の現状、農業者の連携、そしてEMを使った放射能の影響の低減化への取り組みなどを発表してきました。

大内さんの果樹園の梨の木は300本。毎年、専門の検査機関に出しているが、EM活性液で高圧洗浄をして、この8年間で放射性物質が検出されたことは一度もないそうです。◇EM生活HPより抜粋

大内有子さんは、2017年に震災で他界された方々の七回忌の鎮魂と福島の復活への決意をこめて、この絵本「トントンのようちえん」を出版されました。この後、「ふくしま夢絵本BEES(びいず)」を設立、若者の表現の場として活用していくそうです。

美しいふるさと「福島」で生まれた子供たちでしたが、震災後は苦しいことがたくさんありました。この絵本に登場した「じゅんちゃん」のモデルとなった女の子から、読者の私たち宛てのメッセージがありましたので、一部をご紹介させていただきます。

今、世界の人々は「フクシマ」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるのでしょう? 汚染されたゴーストタウン?住民が病気で苦しむ怖い土地?いつか「ふくしま」という響きが、ふるさとを愛する多くの人を勇気つけさせ、励ましたりすることができるようになれたら素敵です!悲しんでる人が「ふくしま」と聞いただけで、力が湧いてくるような、そんな福島にしたいです!私の考えは間違っていますか?

有子さんは、福島を思う人々、福島に誇りを持って暮らす方々の生き方に寄り添いたいと、生き方応援誌「らら・カフェ」のコラム「トントンの家族に乾杯!」を担当。

風評被害が多く、ダメージを受けていた、大内さんの梨も、有子さんの活動と丁寧な梨作りが共感を呼び、定期購入者は震災前の50人から200人に増えたそうです。

このたび、私は、自分と娘のために、この絵本を2冊購入しました。そしたら、有子さんから、いつか、「らら・カフェ」の紙面や地元の方々に、白鳥監督の映画をご紹介したいとのことでした。もう、応援するっきゃないですね。

☆トントンのようちえん(1500円税込み)福島・未来塾すばる
お申し込みはふくしま夢絵本BEESのホームページか大内果樹園(TEL&FAX:024-556-0363)

まもなく、トントンの梨園から、おいしい梨の出荷がはじまりますよ!

◎福島産 大内さんのEM梨<5kg>

◎福島産 大内さんのEM梨<10kg>