カテゴリー別アーカイブ: EMと農業

EM(EM1号)は、本来の土の力が蘇り、病害虫に強い有機農業を可能にする。

三浦半島EM研究会メンバーの野菜がオリンピック選手村の食材に?

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

今日は、EMジャパンの地元、神奈川県の三浦半島の
すばらしいEM栽培農家さんたちをご紹介します。

 

img_0

 

 

続きを読む

今が旬!そら豆の美味しい食べ方・・・

こんにちは~

イーエムジャパン 情報室です

☀格好の行楽日和☀到来~

ゴールデンウイーク

皆さま、いかがお過ごしですか?

お父さーん、昼ビール🍺楽しんでますかー(^_-)-☆

先日長崎の農家さんが横浜の百貨店で

そら豆の試食販売をしていました

見るからにプックリして美味しそ~

食べたらこりゃまた

美味しい~の(♥^.^♥)

その秘密はね・・・

続きを読む

EM農業士:武造さんと大豆100粒運動を支える人たち

こんにちは!
イーエムジャパン
ネット通販店長の高橋万里子です。

武造さんから、お電話がありました。

ホームページの書き込みに間違いがあるとのことでした。

いつも、謙虚に、できることはなんでもしてきた武造さん。

誠実で、子供たちの為、日本の農業をよくしていこうと

思って、実践してきた、すばらしい農業士さんです。

武造さんに初めて会ったのは、2001年でしょうか?

続きを読む

小さい秋はそこここに・・・

こんにちは

イーエムジャパン 情報室 です

10月も半ばだというのに・・・

木々も紅葉し始めているというのに・・・

暑ーい! ( ゚Д゚);;;

ただ今ここ鎌倉は、27℃ですとっ!

近年の異常気象は

四季の風情も曖昧にしてしまう・・・

続きを読む

EM1、EM2、EM3の働きとは?

こんにちは!
イーエムジャパン
ネット通販店長の高橋万里子です。

今、話題のEMEM菌・有用微生物)についておはなししてみましょう。
これは、よくご存知のEM1号です。

主に、土壌改良環境浄化、水質浄化、畜産における
衛生管理、悪臭抑制にも役立ちます。

好気性と嫌気性の微生物を複合培養したもので、種々の微生物の働きが
土壌中で連動し合うことで相乗効果を発揮し、土壌改良に役立つのです。
有機JAS申請には欠かせない資材です! 続きを読む

農薬を使わずに、「飛べないテントウムシ」で害虫(アブラムシ)駆除!・・・を考えた高校生はすごい!

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。

今朝のテレビで、「全国高校生みんなDE笑顔プロジェクト」で
優勝した、千葉県立成田西陵高校の地域生物研究部生徒たちの
飛べなくしたテントウムシの力拝借 害虫駆除アイデア
見ました!聞きました!驚きました!

なにが、すごいって、お金もかからず、
薬も使わず、自然に逆らわず、
遺伝子組み換えや生態系の影響もなく
テントウムシを益虫として味方につけ、
害虫アブラムシを食べてもらうという
自然界ではあたりまえの「天敵駆除法」を
高校生たちが見つけたからなんです!

高校生たちが目をつけたところは・・・
「ナナホシテントウムシ」はアブラムシをえさにしていること!

そこで、農作物にくっいたアブラムシを全部、食べてもらうため、
テントウムシが、飛んでいかないように、
2~3.ヶ月で生分解する接着剤を1滴、
テントウムシの羽にくっけて羽がひらかないようにして
逃亡を防ぎ、そこにいるアブラムシを全滅させる方法!

10月にハウスのイチゴ畑で始めた実験では、
一平方メートルに、たった2匹のテントウムシを放したところ、
67匹いたアブラムシが一週間でほぼ全滅したという!

すごい!すごい!すごい!

テントウムシに一匹ずつ接着剤を付けるのが大変だった「課題」も
2015年4月に、掃除機の吸い込み口に網を付けた装置で
テントウムシを集めて動きを止め、一匹当たりの処理時間を
2秒まで短縮するのに成功して、クリア!

20160113-650-1

高校生たちのコストが少なくて、すばらしいアイデアで
飛べないテントウムシの大量生産が可能になった。
このことが、実用化に向けて大きく前進、日本の農家のみならず
タヒチ政府が、バジルやミント栽培のために技術提供を打診するなど、
世界中から注目されているのだとか!

すごいのは、これだけでは、ないのです。

高い研究費用をかけ、人工交配で「飛ばないテントウムシ」を
つくる技術は、兵庫県の試験研究機関などが開発しているらしいが、
高校生たちが実験に使ったテントウムシは
学校周辺で簡単に捕獲できる
ただのナミテントウとナナホシテントウ!

つまり、遺伝子組み換えや、品種改良をしないで
在来の個体を使うので、生態系や、生物多様性への
影響が小さいのです。
安心ですよね。

これまでに約500匹のテントウムシを実験で使ったそうですが、
死んだテントウムシはゼロだったとか。

それだけではありません!
益虫としてがんばったテントウムシにも優しいのです!
実験後は、テントウムシの背中の接着剤に
つめを軽く引っかけて取り外し、自然に還す。

自然界に戻されたテントウムシの飛びかたや繁殖、
4~5ヶ月とされる寿命にも影響はなかったそうです。
ほんとうに、自然界の仕組みに逆らわず
低コストで、安全な害虫駆除とすばらしいアイデア!!!

高校生らしい、やさしい、あるものでやってみる・・・
そんな身近な、素朴で、小さなアイデアが
農薬でもうけてる企業に大打撃を与え
大きく、世界にはばたき、日本の、世界の農業を
変えてしまうかもしれません。

※(注)身近な天敵としてよく知られている「ナナホシテントウムシ」は
成虫、幼虫ともにアブラムシをえさにしています。
同じ、テントウムシでもニジュウヤホシテントウは茄子やジャガイモなど
ナス科の野菜を食害する害虫です。

 

 

▼有機JAS適合資材・A飼料<微生物土壌改良>EM1号 1L

EMとは

EM(有用微生物)も、目に見えないけど
やさしい、自然界にいつもそこにある身近なもの

環境に、生態系に、生き物への負荷がなく
低コストで、安全な「土づくり」や「水質改善」を
自然界の仕組みに逆らわず、可能にするのです。

 

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

りんご5kgって何個くらい?

おはようございます。

イーエムジャパン です。

 

昨日の東北地方を襲った暴風雨。

りんごさんたち大丈夫だったのでしょうか?

イーエムジャパン契約農家さんたちからの

情報によると、何とか大丈夫!との

お声が!

よかったです♪♪♪

自然には逆らえないわたしたち。

その自然と共に生きてゆく。

日々、感謝。

自然と共生しながら丹精込めて育てた

おいしいEMりんごはいかがですか~♪

 

これまで旬のりんごのご注文をたくさんいただき、

ありがとうございます!

ご注文いただく際、

「5キロってだいたい何個くらい?」

とよく質問いただきます。

そうですよね~。

キロだけでは良く分からないですよね。

もちろん、その年のできや品種によって、

また生産者によって違ってきます。

でもだいたいこんな感じ、というのが

分かるとフムフムと納得しますね。

ということで、

現在出荷中の

弘前フジは5kg:20個前後。

今後出荷予定の

サンむつは5kg:14個前後。

サンむつは大きいようです♪

10kgもご用意しております!

(数は倍くらいと考えてください。)

699_1

りんごがあなたをお待ちしています~♪

>>>>>>EMJ店長ブログTOPへ戻る

>>>>>>イーエムジャパンホームページTOPへ戻る

 

 

 

 

 

有機JAS認定EMメロンは奇跡の果実?

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。

以前、「奇跡の林檎」という映画が話題になったことありますよね。
映画になるくらい、そして題名のとおり・・・
無農薬でリンゴを育てることは奇跡に近いことなんです。
林檎に限らず、フルーツは一般的に無農薬は難しいとか・・・

この奇跡に近い無農薬栽培果実を成功させている
生産者さんが実はいらっしゃるのです。
その方は、北海道の早川仁史さん。
それこそ「奇跡のEMメロン」の産みの親です。

286_3

この有機JASマークは、無農薬で育てられた農産物の認定表示、
果樹では、化学肥料と化学合成農薬を
3年前から使用してせず栽培、生産したものをいいます。
認定は国に登録された機関が行い、
認定を受けてはじめて「有機」「オーガニック」と表示できます。

jas200

emj_8313050

オーガニックブームで最近は、どのスーパーやデパ地下でも
有機JAS認定マークのついた野菜を見るようになってきました。

でも、果実はどうでしょう。
高級メロンや桃、マンゴーやパパイヤなど・・・
おしゃれな化粧箱に飾られても、実は、この有機JAS認定を
受けているフルーツは、ほとんど見かけません。

価格以上の価値のあるメロンです。
この有機JASマークのついた早川さんのEMメロンなら
「無農薬のめずらしい北海道のEMメロンなのよー!」と・・・
差し上げる方に、プレゼントする方に堂々と、自慢できます!
そして、ご家族の方にも、安心して召し上がっていただけますね。

 

◆早川さんの北海道産 有機JAS赤肉メロン2個入/は7/31までご購入できます。

◆イーエムジャパンのEMフルーツは産直(送料0円)でお届けします!

イーエムジャパンネット通販担当

★TOPへ戻る>>>

有機JAS認定を受けているEM米産地

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。
JAS認定ってご存知ですか?
このマークがくっついているものはJAS認定されているということです。

jas200

米でこのJAS認定を受けるには・・・
化学肥料と化学合成農薬を2年前から使用していない田で、
生産した米に限ります。
認定は国に登録された機関が行い、
認定を受けてはじめて「有機」「オーガニック」と表示できます。

20140920-take2

映画「天のしづく」ですっかり有名になった、青森の福士武造さんも
もちろん、有機JAS認定米「武造のEM古代こまち」の生産者さんです。
田んぼに行くと、ちゃんと国からの認定農地だという証明書の看板が立っています。

DSC_0634-300x199

認定の検査・基準は厳しく、田んぼや畑、土地、精米所の立ち入り検査、
収穫後の農産物の検査(農薬が使われていないかなど)があります。
又、驚くのは、精米機も別々なのです。
有機JAS認定米専用の精米機まで別に用意されていることが条件です。
ここまで厳しいと、消費者にとっては、信頼のおける安全の指標になりますよね。

20140907-450-1

もちろん・・・
新潟の銘柄岩船産コシヒカリ「ブナのいのち」も正真正銘の有機JAS認定米
美しい朝日村の棚田で有機JAS認定米を25歳から生産している貝沼純さん
夏は雑草の草刈で1日に3キロも体重が落ちるそうです。
広大な田んぼと棚田の米作りは、自然との戦いと体力勝負・・・
39%という自給率の日本の農業の作り手のほとんどは
60歳以上という現状・・・

DSC_0642-300x199

価格以上の価値のあるお米です。
この有機JASマークのついたお米なら安心していただけますね。

 

◆イーエムジャパンのEM米は5kgから産直(送料0円)でお届けします!
◆お得な年間米定期便「赤とんぼクラブ」詳しくはこちら
 

イーエムジャパンネット通販担当

★TOPへ戻る>>>

EM大根がテレビに

「ザ・鉄腕!DASH」に神奈川県三浦半島の川島さん一家が出てる!
ちょっと、前の話ですけど。ご覧になられましたか?

川島さんの作る三浦大根。これぞ、在来地場産大根だが、
重くてしかも日持ちがせず、一時は人気が途絶えた。
が、1度食べたら忘れられない大根なのか、いま俄然見直されています。

この三浦半島。温暖な気候、肥沃な土地で、
大根、スイカ、メロンなど、年間を通して
収穫できるという恵まれた農村地帯。
しかも、首都圏に近く流通もばっちり。
しかし、それが逆に土の生産力を落として、深刻な事態に。
ケミカルな土壌改良では追いつかず、有機農業に転じることになったのです。

2015miura-sanchi650-3

左端が川島さんです。
そして、比嘉先生との運命的な出会いがあって、
川島さんが三浦半島EM研究会の初代会長に。
今では、EMネット神奈川の代表です。
いつも、ありがとうございます!

マグロと米糠を発酵させた魚粉ボカシっていいうのも、
なんだか高級感があっていいし、
マグロと三浦大根の煮物も相性よさそうですね。
なによりも、孫まで農業を継ぐということがなにより、
うれしそうな川島お父様でした。

テレビでは、なかなかEMって言ってくれないな。
なんででしょうね。
でも、知ってる人は知っていますよね。

 

イーエムジャパンネット通販担当

★TOPへ戻る>>>

有機大豆・紅はるか・サンふじが届いた!

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
今日は1月下旬の気温とかで、寒かったですね。

20141126-450-1

そんな中、北海道の早川農園から有機JAS認定の新大豆が届きました。

20141126-450-2

収穫したての新豆だー。おいしそう!
これは、手作り味噌セットとしてお客様のところへ届きます。
あと、お味噌セミナーに参加するといただけちゃうみたいですよ。

20141126-450-3

これは鎌倉の自社農園のさつまいも。紅はるかです。
社員にもおすそわけされました。

20141126-450-4

こっちは、武蔵さんから届いたサンふじりんご!
おいしい晩秋のみのり・・・

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

有機農業塾の2015年度塾生募集

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。
寒くなりましたね。今年もあと40日足らず・・・
で、・・・来年2月からスタートする有機農業塾の2015年度塾生募集のお知らせです。

IMG_7879

スタート日のEM基礎講座から、EM農家さん指導の農業体験も・・・
EM農家さんと、塾生さんとのつながりも
毎年、畑を借りて、大規模なEM栽培をはじめる方も出てきて

IMG_7913

すごう熱心でびっくりします。
始めたい方、2015年2月からの第④土曜日がEM講座・体験実習日になります!
お申し込みは0120-57-4142(イーエムジャパン永井まで)へ

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

早川さんの有機大豆で手作り味噌をつくろう!

こんにちは!イーエムジャパンの高橋万里子です。
すごい、手作り味噌を企画しましたよ!

日本を代表する有機生産者である、北海道・早川さんのEM有機大豆と
有機白米麹とエンバランス容器の夢のコラボです!
それも、11月末まで北の大地に根を張っていた、とれたて、
収穫したての新豆をお届けします。

 

大豆と米麹の量が同じなので、ものすごくまろやか・・・
北海道新篠津村の早川さんの大豆(品種:とよむすめ)
根張りが良く、根粒菌がたくさん付いて、鞘数が多く実入りも良い大豆

 

1442_2

日本を代表する有機生産者である、北海道・早川さん
EM完熟堆肥を長年施用し、土の酸化物を取り除き、
微生物の密度を高め、直に土の性能を高め続けています。
この大豆で作る「手作り味噌セット」は期間限定です!

この大豆畑のとなり(と、言っても車で行くほど広い=遠い)には
ななつぼしの田んぼがあります。

今日も最後までお付き合いくださいまして感謝です。
TOPに戻る

農業従事者の高齢化に挑む武造さん

日本の食に提言を続ける料理家・辰巳芳子さんが絶大な信頼を寄せる農家の
ひとりが、青森県浪岡町の福士武造さん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農業従事者の高齢化により、日本の農業の行く末を、だれよりも案じている人です。
ある日、武造さんから電話がありました。

「日本という村に100人、村人がいるとすると、40人しか食えない状況ですよ。
残りの60人はよその村から、食物を買わなければならないんですよ。
村人100人のうち、3人だけが、米を作っている。
その3人のうち、2人は65歳から75歳です。
あと、5年もすれば、その2人は70歳から80歳。
もう、米を作れない年ですよ。
今、どうにかしなければ・・・・!」

そうなんです。農地や田んぼに行くと、驚くほど、雑草の生えた畑や、
干上がった田んぼ が、あちこちに見受けられます。

耕す土地はあっても、後継者がいない、
農耕放棄された荒れた土地が目立ってきています。
その土地の隣で、どんなに耕しても、雑草の種が飛んできます。
雑草だらけの土地の下流の田んぼには、種が混じった灌漑用水が
ようしゃなく流れ込んできます。
有機JAS農家にとって、大きな問題が山積しているのです。

これの問題を武造さんは、自分だけの問題とは捉えず、
日本の農業全体の問題として見つめてきました。

武造さんが、考えた出したのは、とてつもない、
すばらしい「高齢化農業への挑戦」なのです。

それは、稲と大豆のように1年置きに連作できる「不耕起V溝乾田直まき方式」。

耕さず、籾を直播することで、田植えなしで人手不足を解消できる、
この方式は、青森県の モデル農場として、注目を浴びています。

実際に、多くの農業士の方に説明をするために、県内外を飛び回っているのです。
武造さんが考え出した、「不耕起V溝乾田直まき方式」に関心のある方は、
イーエムジャパン 0467-45-4185(高橋まで)にご連絡ください。

武造さんの産地訪問「有機農法を次世代へ」はこちら

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

北陸産コシヒカリの産地

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

虫の音が聞こえる、この頃。
新米の刈り入れまで、あと1ヶ月あるか、ないかです。
有機JAS認定のEM米の産地は、北陸にもありますので、ご紹介しますね。

20140907-450-15

◎だれよりもどこよりも古くから、自然農法に取り組んで・・・

H14年の初夏に、福井市のEM普及協会におじゃましました。
代表の南さんに、産地を案内していただいたのですが、帰り際に、ご自宅に呼んで頂き、
90歳(当時)の素敵なお父様にも紹介していただきました。
庭に大きな生ごみ処理容器があって、当時、90歳のお父様が毎朝、ご近所から、 生ごみ
をもらってきて、リサイクルされてました。
もう、20年もつづけているとのことでした。

夕暮れの中、お父様と南さんが、庭に出て、「ごらんなさい。EMで栽培して
いる田んぼの稲の色を。緑が濃いのです。EMで栽培した稲の根は深く伸びま
すが、化学肥料で栽培した根は短く、葉は垂れています。
自然農法の稲は、強 く、たおやかで、風にもつよく、1株の茎数も多いのです。」

お二人の背中には、長い年月が、流れていました。
20年前は、化学肥料が全盛期。
苦労されてきたであろう、その背中には、だれにも壊せない「誇り」が輝いていました。

北陸のEM農業士さん全てに、その「誇り」は刻み込まれていて、良い波動のお米を
お届できているのだと思いました。

20140907-450-16

EM米の産地は、福井・石川・富山の3県に跨ります。
福井のある村では、EM活用で村の財政が豊かになり、医療費は福井県で
最も少ない村になったそうです。

公共下水にEMを活用し悪臭緩和と水質浄化に取り組んだ。
その成果を踏まえ環境問題に取り組み、村民のアイデアにより、農業や
陶芸等に取り組むことによって村民が健康に、豊かになった。

その結果、医療費が軽減され、特産品が産まれ、県内外からの視察者が
増加するなど村の活性化にEMが上手に活用され
EMが村おこしの一役を担ってきたといいます。

20130921-450-17

又、この地方で生産されたEM米が都会で「美味しい」と市場価格より高く
販売されており、この地方の特色を活かした有機農業をJAが取り組むこ
とにより、経済効果が上がり、環境保全型農業の推進と、後継者の育成が
実現化し、多くの若い農業士が有機JASの認定を取得して全国に美味し
いコシヒカリを提供している。

◎北陸産EM米コシヒカリ(5kg、10kg単品)のお申し込みはこちら
◎1年中、貯蔵庫できちんと保管されたお米が届く「赤とんぼクラブ」はこちら

EM米とは、EMを活用し無農薬・無化学で育てたお米です。
国の厳しい検査を受け、有機JAS認定されたお米です。
すべて、放射能検査を受け、放射性ヨウ素・放射性セシウムが
検出されないお米です。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
新米はH26年10月25日頃の出荷予定です。

<a title=”イーエムジャパン” href=”http://emj.co.jp/” target=”_blank”>イーエムジャパン</a>ネット通販店長 高橋

<a title=”EMJ店長ブログ” href=”http://www.emj.co.jp/blog/emxg/” target=”_blank”>★TOPへ戻る>>></a>

イーエム古代こまちの産地へ

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
毎年、夏にEMJ社長は、EM米の産地の視察に出かけます。

20140907-450-14
今回は、イーエム古代こまちの産地へ。
武造さんは、日本を代表する篤農家で、
地元でもその活動が大きく報じられていましたので、ご紹介しますね。

20140907-450-9

武造さんが、考案した地下灌漑法が取り上げられていました。

この農法は、狭い田んぼでも簡単に大豆畑に転換できることから、
鎌倉市在住の料理家・辰巳芳子さんの提唱により、
2004年に始まった「大豆100粒運動」に賛同。
その縁で、映画「天のしずく」に出演、大きな話題にもなりました。
現在は、地元の小学校、青森市立浪岡野沢小学校の児童に青森県在来大豆
「おおすず」の栽培指導もしています。

そのことも新聞で大きく報道されていました。

20140907-450-7

総面積約18ha。このうち、無農薬・無化学肥料の有機栽培は、3.5ha、
慣行農法が2ha。約6haは、毎年米と交互に栽培している大豆で
一部有機栽培であとは特栽レベル。
そして残りは、水稲の種を水田にじかにまいて育苗の手間を省き、生産コスト
を抑える「直播栽培」を行っているそうです。

20140907-450-8

今年は異常気象で、各地で豪雨、災害が起こっていて心配でしたが・・・
大丈夫とのこと、秋まで、台風が来なくて、
無事、秋の刈り入れが終わるのを祈るばかりです。

▼武造さんのお米はこちら
▼お得な<EM米年間定期便>赤とんぼクラブへのお申し込みはこちら

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋

EM古代こまちの産地便り

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。

今日は、映画「天のしずく」で一躍、有名になった福士武造さんのお話です。
2008年の夏、武造さんの田んぼに行ったことがあります。

20140903-450-19

武造さんは、その頃、新しい「稲の栽培方式」をテスト中でした。

案内してもらった田んぼには、「担い手経営革新モデル試験圃場」のタテ看板が・・・。
高齢化が進み、後継者が育たず、人手が足りなくなって、耕作放棄地が年々増加
そんな「農家の現実」を目の当たりにしてきた、武造さん。

「すごい方法」を考え出したのです。
それは、「田植え」の工程を省く稲作です。
お米といったら田植えというくらいの「常識」を覆す、驚くべき「米作り」!

 

20140903-450-13

この農法には、EMがかかせません。

EMボカシたっぷりの土壌は糸ミミズや微生物が繁殖しやすく、ふかふか。
だから、耕さず、籾を直まきすることで、稲作が可能になるのです。

耕さず、田植えをしなくて済むのですから・・・
つまり、高齢化が進む農家の人手不足を解消できる訳です。
そして、田んぼの地下にはもうひとつ、武造さんのすごい秘密兵器がありました。
田んぼの下に水路があり、水がぐるっと循環しているというわけ!

20140903-450-12

地下の水を求めて、根が下へ下へと深く伸び、根張りがよくなる。
用水路を通して放棄地からの雑草の種が紛れ込まないなど、いいことづくめ。
この方式は、青森県のモデル農場として、注目を浴び、武造さんも日本全国を
講演してまわることになります。
武造さんにはじめて会ったのは、もう、12年前頃でしょうか。
米作りについて熱く語る武造さんの目がキラキラ輝いてたのを覚えています。

 

20140903-450-15

田んぼから、ご自宅にお邪魔して、ごはんもごちそうになっちゃいました。
息子さん夫婦と、4人のお孫さんに囲まれた、やさしいお祖父ちゃんの一面、
プロ級のスキーの腕前で
地元のレスキュー隊の一員だとか。
そして、実は、工業高校卒で、農業よりも機械系に強く
どんなトラクターや農機具も動かしちゃうという
武造さんの素顔にも触れられ、
そんな創意工夫の一面が
米作りにも生かされてると感じた旅でした。

20140903-450-14

最後に、EM産地を訪れて、いつも感じることがあります。

爽やかな風、緑の大地、青々とした山があり、人の笑顔に出会えることです。
そして、EMを活用した産地の方たちには、ご家族が多く、
若い後継者がいらっしゃることです。

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋

★TOPへ戻る>>>

三浦の石渡さんの小玉スイカ

 

わぁー、たくさんのスイカ!

 

三浦の石渡さんからイーエムジャパンのみんなに・・・

ありがとうございます。

20150809-450-30

台風から無事に育って・・・

お盆がすぎると、三浦の畑は秋冬の土づくりがはじまります。

冬の大根畑は見事なもの・・・

もう、秋にちかづいてるんですね。

徳之島のマンゴー

今日、徳之島のマンゴー生産者中島律子さんからお電話が・・・。

この間の台風の影響で、お盆にお届け予定の方に、まだ、お届けできてないそうです。

20140816-528-1

 

お客様にご連絡を取り、すぐ出荷のご手配を取りました。

自然の猛威にはかないません。

今年はまだ、出荷できますが、去年はハウスが倒壊してマンゴーの出荷ができませんでした。

これから、9月まで、まだまだ、台風が発生するかもと、気が抜けません。

無事にお届けできますように。

 

 

日本で一番おいしい蒲萄かも・・・

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
今日は、この美しい蒲萄の木、山梨の大野蒲萄園のエピソードです。

数年前に甲府の大野ぶどう園さんにおじゃましたことがあります。
甲府駅のホームから町が見渡せて、ほとんどが蒲萄畑とワイナリー
バスに乗れば、すぐブドウの房に手が届く
そんな観光農園がほとんどの中、頑固に有機肥料のみでがんばってる
大野ぶどう園さんがありました。

続きを読む

爆弾みたいなスイカ「黒太陽」

こんにちは!

イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
お客様から、三浦産の「黒太陽」が届いて、美味しかったとのお便りを頂きました。

20140812-650-2

L玉2個を注文、ほんとに爆弾みたいで、びっくりしました。
味はすごく美味しかったです。さすが、本場三浦スイカですね。
男の孫が生まれて7人家族になった我が家だから
スイカが2個でもあっというまに食べてしまいます。

20140812-650-1

おねえちゃんになったそらちゃんとスイカの写真を送ります。
スイカが美味しかったと喜んでました。
農家さんに宜しくお伝えください。

 

▼イーエムジャパンではお客様からのたのしいお便り・お写真を募集しています。
EM大好き家族のアイデアやたのしいエピソード、お得意の腕をふるったEMXGOLDレシピとか・・・
お届けした商品と一緒のお写真を下記まで添付メールにてお送りください。
お客様の声(お客様便り)、ブログなどに掲載させていただきます。

emshop@emj.co.jp

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

東日本銀行とコラボ「食の魅力」発見プロジェクト

東日本銀行とコラボ「食の魅力」発見プロジェクト2014年

 

こんにちは!

イーエムジャパン通販店長の高橋万里子です。

地方発!「食の魅力」発見プロジェクト2014年

東日本銀行&地方銀行後援で地元の「産地品」の流通を応援するプロジェクトに

イーエムジャパンも出店しました!

場所はTRC東京流通センター第一展示場C・Dホール

このプロジェクトは、全国的にまだ流通量の少ない農産物や多彩な食材にスポット

を当て、商取引拡大の機会を創出することにより、地域の食品関連産業を発展させ

ることを目的に開催されました。

 

EMJとして地元の新鮮野菜とEMごぼう茶EMXGOLDをPR!

銀行も変わり始めましたね。

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋

★TOPへ戻る>>>

このメロンの重さを当ててみて!

こんにちは!

EMJ店長の高橋万里子です。

今が、メロンの旬、1年に1回のお届け時期です。

お客様から、「メロンの重さは?」のご質問メールが届いたので、

スタッフNちゃん、本社に届いたメロンを量りはじめました。

そして・・・

「すごい、どのメロンもぴったし700g!すごいですね。」

と、妙に感心してる。

20140717-450-1

ちょっと、まて!!!このメロン、絶対1キロ以上あるよ!

700gってことないよ!

農産物担当のHさんは、「1.5キロはあるぞ!」

「もう一回、はかってみろ!」

20140717-450-2

もういっかい、量りはじめたNちゃんを見て、全員、絶句!

切手代を調べる郵便物用500gまでの「計り」にメロンをのせてました。

針が振り切れて、500gを1周して200gを指してました。

・ ・ ・

だから、700gなんだ。

もっと重いものが量れる「はかり」にメロンをのせると

ジャジャーーーン!!!

1.56kgでした。

 

「メロンは700gです」とN子ちゃんがお客様にメールを出す前で

EMJのスタッフは「ほっ」としたのでした。

 

Q:このメロンの重さを当ててみて!

A:正解は1.56kgでした。

 

北海道産早川さんのメロンは7月中でしたら出荷OKです。

最後まで、読んでくださって、感謝です。

Nちゃんのとなりで、いつも、はらはらしながら

今日、無事に仕事が終わったことを感謝します。

インターネット通販EMJ店長 高橋万里子

三浦の青肉メロンの出荷がはじまりました!

三浦の鈴木浩之さんのメロンの出荷がはじまりました。

20140715-450-1

台風8号の被害がなくて本当によかったです。

20140715-450-2

糖度16度で、すごく甘~くて、めちゃくちゃおいしいです。

20140715-450-3

今週で一斉に出荷してしまいます。

1年で1度しか味わえない、夏の格別のフルーツです。

台風からスイカを守る!

20140710-450-1

関東に大接近中の台風

野菜営業部の山根さんが急きょ、三浦の農家さんの畑を見に行きました。

今、一番心配なのが、スイカ

スイカの葉は風に弱く、こすれて傷つくとそこから病気になるそうで、

今日はその対策に、風よけに、擦れを軽減するネットで覆うことに

写真

山根さんも農家さんたちを手伝ってすっぽり覆ってきたそうです。

写真を撮ってきてくれたので、広大なスイカ畑をおおうネットって

すごい!膨大な長さでこの作業たいへんでしたでしょう。

台風が来る前の日にやるのだから、ほんと農家さんって大変ですよね。

マダーボールという小玉スイカが主だとか。

はやく台風が過ぎて、スイカに被害が少ないといいなと祈ります。

北海道の早川さん

随分、昔になりますが、早川さんの農園におじゃましたことがあります。

背の高いひまわりがオホーツクから吹く強い風でゆれていました。

広大な北海道、なんと巨大なメロンハウスが11棟、となりの棟までけっこうあります。

大豆畑やお米の田んぼにも連れてってもらいましたが、遠くて車で移動

 

広大な早川農園の運営・管理・栽培を一人でやってのける早川さんは

EM業界ではカリスマ的存在。

早川さんのメロンを、お届けできることを誇りに思います。

 

当時、早川さんちには、白い犬「ラッキー」がいました。

早川さんは犬が大好きで、小さいときは獣医さんになりたかったそうです。

我が家にも、白い犬「カル」がいて、愛犬の自慢話をしていました。

カルが、2012年に亡くなったとき、偶然にもラッキーが同じ年に亡くなったと

早川さんに聞いて、お互いしょんぼりしたものです。

 

 

三浦のEM産地訪問

20140413-650-7

昨日の日曜日、EM産地訪問へ参加してきました!

三浦半島EM研究会のメンバーの畑見学と収穫体験。

20140413-650-2

お天気もよく、石綿農業士さんのお話も勉強になりました。

もう、キャベツはおしまいの頃

20140413-650-8

立派なネギ・・・

抜くとけっこう重い・・・

20140413-650-6

短大根、カブと大根を足して2で割ったような形

簡単にぬけた~!!!

20140413-650-5

短大根の収穫体験も後は、長島さんのハウスへ

20140413-650-13

甘いトマトの試食もあり・・・

20140413-650-14

楽しい一日でした。

 

EM栽培の春キャベツ

mm_20120401_ph03

春キャベツの季節。

神奈川県の三浦半島の南には見わたす限りのEMキャベツ畑。

真冬の大根畑もすごいですが、春も壮観です。

年間20万玉!を収穫する三浦半島のキャベツ名人・鈴木誠さん

そろそろ、東都生協コープや紀伊国屋やスズキヤの店頭にならぶころです。

甘くて柔らかくて、生でも、煮ても焼いても美味!

野菜には、デトックス効果もあるとか・・・

はやく食べてみたいですね。

有機の土(EMの定住化)

EMで家庭菜園を始めたいけど・・・

何から始めたらいいの?

とよく、聞かれます。

EMは農薬でも肥料でもない・・・

ビセイブツ(微生物)なんです。

土の中には、もともと微生物がたくさん棲んでるんです。

でも、殺虫剤や農薬がたくさんまいてあると、本来の土のチカラではないのです。

EMの土、本来のつちになるには年かかるといわれています。

EM1号をそのまま1000倍に薄めて使う!

毎日、水遣りのときにEMを入れて薄めてまく!(EMの定住化)

2次培養したEM活性液は広い畑や田んぼにはコストダウンで経済的!

植え付け前にまく!タネ付けに、水遣り時にまく!

EMは土の中にいたもともとの微生物と協力してフカフカの土にしてくれます!

土の団粒化になるまで、 2~3年かかるのです。

とにかく、毎日、EMを定着させ、多くの微生物が命の循環、有機物の分解を繰り返して

はじめて有機の土(生きた土)、微生物が棲みつく土になるのです。