タグ別アーカイブ: 東日本大震災復興支援活動

気仙沼「魚の散乱・腐敗・悪臭」を解決したEM(三陸新聞:2011年6月2日付)

■気仙沼「魚の散乱・腐敗・悪臭」を解決したEM(三陸新聞:2011年6月2日付)

東日本大震災から約2ヶ月半後、気仙沼では、漁業の町ならではの「魚の散乱・腐敗
・悪臭」の問題がおこり、その解決にEMが活用されることになりました。

最初は、「何も手を打たないでいるよりは・・・」という軽い気持ちだった地元の人達。
EM散布後、翌日の早朝には、全ての人がEMの効果を実感することとなるのです。

EMの驚異的な成果に驚いた、地元の人達の様子が、2011年6月2日、気仙沼の三陸新聞
の記事として掲載されましたので、ご紹介します。

20150609-650-1

_______________________________________________________________________

■三陸新聞 2011年6月2日付 より引用

『 東日本大震災から80日が過ぎ、行方不明者の捜索とともに、がれきの撤去が進む中、
営業再開をする商店や企業がふえつつあり、復旧・復興の兆しが見えてきている。とこ
ろが気仙沼市は“さかなのまち”だけにがれきの中にはヘドロや大型冷凍・冷蔵庫に保
管されていたサンマ、サバ、イカ、イサダ、メカ、ヨシキリのすり身などの魚類が大量
に混じっている。市内の冷蔵庫には大量の魚が保管されていたそうで、散乱した魚は膨
大で、暖かい日が続くようになって、このところ発生する悪臭やハエに周辺ばかりでな
く、広範囲の住民が、この解決策に頭をいためている毎日だ。

特に厳しいのは市内渡路上内田囲い。約14ヘクタールの水田のうち、約10ヘクタールが
津波の被害を受け、1000トンを超える魚類が、がれきに混じっているとされ、被災見舞
いに訪れた人も数分で帰ってしまうほど周辺集落には酷い悪臭が漂う。市や保健所など
にも再三相談したが“たらい回し”でらちが明かない。

このため周辺の人たち関係者(地主を含む)と階上大谷土地改良区、地区水利組合の了
解を得て先月21日、津波の被害を受けた内田囲い約10ヘクタールで「EMアグリ・フィッ
シュ・クリーン大作戦」を展開、EMを散布した。(中略)

EMは市内牧沢の理想産業・足利秀紀さんから約100トン(希釈液)と粉末数十袋を提供
してもらい、JA南三陸の協力で物見生産組合、鹿折東中才地区の有志などから大型噴霧
器を4台借り受け、小型噴霧器数台(参加者持参)も用意した。

散布作業は茨城県から深夜に出発してきたというボランティア26人をはじめ、(中略)
約70人が参加、善意と団結、絆の深さに感謝、感激する。

散布は噴霧器隊と手まき隊に分かれ、手まき隊は如雨露やプラスチックのバケツにEMを
入れ、噴霧器が入れないところにくまなく散布した。散布すると鼻を突く悪臭は和らぎ、
変色した水は徐々に透明度を増していく。

驚異的な効果にボランティアの皆さんはじめ、参加者全員が感激。作業前に効能を述べ
ていたEM提供者の足利さんは“したり顔”でいる。

午前10時から休憩を挟んで午後3時には約10ヘクタールの散布が終了。ホッと胸をなで
下ろす。EMの効果は聞いたことがあるが、体験したことがないだけに、何も手を打たな
いでいるよりは・・・という軽い気持ちだったが、翌日の早朝はEMの効果を実感した。

百聞は一見に如かず

何と、あれほど鼻を突いた悪臭は、大幅に和らぎ、マスクをしなくても苦にならないほ
どになっていた。散布から2週間、悪臭は相当に和らぎ、白壁が真っ黒になるほど発生し
ていたハエも徐々に減っている。「ウジは死なないが、ハエにはならない」と話してい
たのを思い出し、あらためて納得した。

この微生物集団が作り出す酵素や抗酸化物質は、日常生活のあらゆる分野で有効である
ことが分かり、現在では農林水産業、畜産業に止まらず、病院、理美容店、園芸、ペッ
トショップ、食品加工業、清掃業、一般家庭などで活用されている。

気仙沼市内でも15年前から小学校や幼稚園のプール浄化、河川浄化などに活用されて成
果を上げており、今回の東日本大震災でも青森県の八戸市をはじめ、岩手県のほぼ全域、
気仙沼市内でも水産加工場や冷蔵庫、田中前地区などで「悪臭が消えた」と評判だ。
今回の震災で避難所のトイレから始めたEM散布ボランティア活動を聞きつけたフカヒレ
工場や商店街などからも依頼が舞い込んでいる。

EMを散布してもらった新中央商店会の赤間会長は「悪臭に悩まされていたが、効果はは
っきり出た。被災地全体でEMを活用してほしい」と話している。渡路上内田囲い約10ヘ
クタールの水田では特別に調合したEM約100トンを散布した後の脱臭効果は明白で、ハエ
の発生抑制にも効果があるようだ。

散布後は報道関係者や県・市、県議会、市議会関係者も注目し、連日視察に訪れている。
(後略) 』

三陸新聞 2011年6月2日付 より引用

_______________________________________________________________________

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る