タグ別アーカイブ: 環境

最高気温は2080年までに年平均4~8度上昇?

こんにちは!
イーエムジャパンの高橋です。
毎年、最高気温を更新、とうとう、12月の最高気温も更新と異常な天候が続いていますね。
確実に、地球の温暖化が進んでいて、北極の氷も溶けて、海面上昇も深刻ですよね。

181210-earth1 続きを読む

私のゴミ仲間?

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。
私の住む逗子では2015年からゴミ収集が有料化になりました。
それを機に、ご近所さんが集まって、ゴミ問題について話し合ったのです。

181117-gomi13

そのとき、私は逗子に暮らして26年でしたが・・・
なんと、初めて、ご近所全員のお名前とお顔を知ったというわけ! 続きを読む

EM団子は、海底で、「海をきれいにする!」仕事をしてくれる!

EM団子は、海底で、「海をきれいにする!」仕事をしてくれる!

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。

7/16(祝)は、海の日、日本中でEM団子投げがおこなわれます!

180705-emdango00

よく、泥(EM団子)を海や川に投げ込んで、かえって汚れるんじゃないかと

心配する人もいますが、どうしてでしょう?

 

泥(土)は、母なる地球そのもの。

続きを読む

それでも、月は輝いている・・・

おはようございます。

イーエムジャパン (四方八方=四方山)よもやま部です。

今朝のニュース番組は

昨夜の🌑皆既月食🌒の様子画面に大写し!

予天気報の曇りに反してよく見えたので

天文ショーを楽しんだ方も多いはず・・・

でもね

その後の月もいいんですよ・・・

続きを読む

チラッと映って、ドキっ!いい風吹いてま~す🎶

おはようございます。

イーエムジャパン 通販部です。

先日偶然見たテレビ・・・

一人舞台を続けて上演50周年!

公演回数もうすぐ1187回!

ある俳優さんの特集番組を見ていたら

次なる衝撃が・・・

(ちょっと大袈裟?・・・(^^;)

続きを読む

いろいろ使えるEM活性液♪大いに活用!大活躍!

おはようございます。

イーエムジャパン 通販部です。

今年も余すこと10日・・・(^^;)

アレをしときゃ~よかった・・・

コレをやり残した・・・

年頭に誓った言葉は

どこ行ったのぉ~🐓=3=3=3

終わり良ければ全てよし!

一日一日、七転び八起き٩( ”ω” )و

「これで良し」と感謝して

大晦日まで微生物と共に

元気に過ごしていきましょ~\(^o^)/

(はい。自分への言い聞かせでした。。笑)

続きを読む

まだ間に合いま~す(*^▽^*)比嘉教授の講演会!

おはようございます。

イーエムジャパン 情報室です。

本日

聞くと希望が見えてくる

地球を救う微生物のお話があるんです!

chirashi

日時 2017年11月11日(土)12:00開場 13:00開演

場所 横浜市金沢産業振興センター ¥1,500(当日)

続きを読む

実行あるのみ?なりたい自分が待っている。

おはようございます。

イーエムジャパン です。

10月も残り10日を切りました。

あっという間に年末ですね~(-_-;)

念頭に断捨離!を今年の目標に立てて

自己採点のほどはいかに・・・?

続きを読む

お洗濯するなら、シャボン玉EM石けんでしょ♪

お洗濯するなら、シャボン玉EM石けんでしょ♪

20150516-450-8
__________________________________

お洗濯のはじまりはいつ?
__________________________________

大昔の人間は葉っぱや毛皮を身につけていたはず。
となると、服は使い捨て?

お洗濯は、宗教とも深い関わりがあるようです。
神様の前では清潔にという気持ちから、
体を水に浸すなど「清める」ようになりました。
同時に衣服も清めていたようです。

続きを読む

目には見えないほど小さな生き物(EM:有用微生物たち)の大きな力

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。
今年もEM団子投げの日がやってきました。
今日は、目には見えないけど、微生物たちのすごい力についてお話してみます。

EMには、生態系に負荷をかけずに、水環境キレイにする力があります。
水の中にEM(善玉菌)をいれることで、
水中及び汚泥の微生物が活発化して
自然浄化力を高め、水の汚れをキレイにするのです。

170716-c18

続きを読む

なぜ海水はしょっぱいのか、不思議に思いませんか?

なぜ海水はしょっぱいのか、不思議に思いませんか?

海の水がしょっぱいのは、中に塩がとけているからです。
おもにナトリウムイオンと塩素イオンがたくさん含まれているからです。
これらは食塩のもとになる成分なんですよ。
これらの成分が80%、その他の成分が20%となっています。

海の水にとけている塩は、もともと陸地の岩の中にあったものなのです。
陸にふった雨が、川となって海に流れるときに、岩などをけずりとって、
その中にふくまれている塩を、いっしょに運んできたからです。

続きを読む

Q:なぜ、地球だけが水をたたえているのでしょうか?

Q:なぜ、地球だけが水をたたえているのでしょうか?

地球は水の惑星(わくせい)といわれています。
でき方が同じ9つの太陽系惑星の中で
なぜ地球だけが海(液体の水)をたたえているのでしょうか?

不思議だと思いませんか?

170716-c9

地球より太陽に近い惑星ではすべて水蒸気になって大気の中にあり、
地球よりも外の惑星では氷結しています
太陽との距離と地球の大きさが地球に海を作り出しているのです

続きを読む

地球カレンダーってご存知ですか?

地球カレンダーってご存知ですか?

地球の誕生から現在までの46億年の地球の歴史を、
365日の1年分のカレンダーで表したものです。

これを見ると、とても興味深く、恐い気がします。

170711-em4

人類は1年最後の12月31日の大晦日に誕生して、
紅白歌合戦のはじまる頃に、やっと、原人が石器を使い、火をおこすのです。
そして、除夜の鐘がなる2秒前に、私たち人類はとんでもないことになっているのです。

続きを読む

眼から吸収、色のチカラ。

おはようございます

イーエムジャパン  情報部です

昨日は桃の節句・お雛祭り✿でしたね

スカッ晴れて青空が気持ちよかった~✨

やっぱりお天気がいいと

ココロも弾んできますよね~٩( ”ω” )و

からだの中の微生物も、きっとウキウキしてるはず♪

続きを読む

湘南のオシャレなオーガニックカフェで想う。。。

おはようございます。

イーエムジャパン 情報室です。

全国的に予想最低気温が氷点下になるところが9割近くなる、

とニュースで聞きました。水道管凍結、なんてところも

増えるのかしら。。。そんな時はこれ見てね!

さてさて、先日久々に湘南をひとりブラ散歩♪

新しくできた気になるオーガニックカフェに行きたくて。

続きを読む

コレで、カラダもクルマも洗えるんです!

 

こんにちは。

イーエムジャパン 情報部です

お正月どんな過ごし方をしたの?と

社内で盛り上がってた中で

『オォ~~~!!』と、どよめき?が起き !(≧◇≦)!

ある意味発見かも!

と、

一同👀目から鱗が落ちた事がありました~👀👀

続きを読む

お客様の声:EMで東京豊 洲のアルカリ地下水を浄化できないものか?

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
メールでお客様のお声が届きましたので掲載させて頂きます。

初めてお便り致します。
福島県の中央部にある猪苗代湖のほとりに住む者です。

比嘉教授の当県内でのボランティア活動の件は、5年前たまたま
インターネット記事で知り、それ以来、私も教授のDNDI.JPサイト
の月刊の記事を読ませて頂いております。

続きを読む

逗子海岸、梅雨明けです!

こんにちはイーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

7月最後の日曜日の朝!
なんて、すがすがしいんでしょう!
7月18日のEM団子投げを行った逗子海岸・・・
あれから、2週間、EMたちは、川や海でがんばってくれてるはず!
梅雨も空け・・・

続きを読む

同じだけど、同じじゃない。

こんにちは

イーエムジャパンです

毎日膨大な情報の渦に

巻き込まれている私達・・・

必要あるのも、ないのも

調べたいことは

辞書なんか引かなくても

瞬時にわかっちゃうんだから・・・

ダウンロード

でも!

そんな情報過多な世間にNO!

(と、言ったわけではないんだけれど)

Ipadと同じ値段のあるモノと

どっちを買おうか悩んだ末に

こっちを選んだ人がいるーーー(笑!)

桶

じゃ~ん!白木の桶!

ipadが頭の栄養?だとすると

白木の桶は、体の栄養!

旬の魚や菜の花で、ちらし寿司を作れば

皆で、美味しく楽しい心の栄養♪

半ば強引なオチではありますが (^。^);;

脳や体の細胞は

喜びやリラックスが多いほど

活性化するようなんです

ますます多様化する世界の中で

シンプルに

必要で大事なモノだけに

囲まれて生活できたらいいな

 

わかっちゃいるけど

断捨離が思うように

ススマナイ私は

白木の桶を愛でつつ

お寿司をおかわりしつつ

選択のあり方についても

味わったのでありました

 

>>>>>イーエムジャパンHPトップに戻る

>>>>>EMJ店長ブログTOPに戻る

 

農薬を使わずに、「飛べないテントウムシ」で害虫(アブラムシ)駆除!・・・を考えた高校生はすごい!

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。

今朝のテレビで、「全国高校生みんなDE笑顔プロジェクト」で
優勝した、千葉県立成田西陵高校の地域生物研究部生徒たちの
飛べなくしたテントウムシの力拝借 害虫駆除アイデア
見ました!聞きました!驚きました!

なにが、すごいって、お金もかからず、
薬も使わず、自然に逆らわず、
遺伝子組み換えや生態系の影響もなく
テントウムシを益虫として味方につけ、
害虫アブラムシを食べてもらうという
自然界ではあたりまえの「天敵駆除法」を
高校生たちが見つけたからなんです!

高校生たちが目をつけたところは・・・
「ナナホシテントウムシ」はアブラムシをえさにしていること!

そこで、農作物にくっいたアブラムシを全部、食べてもらうため、
テントウムシが、飛んでいかないように、
2~3.ヶ月で生分解する接着剤を1滴、
テントウムシの羽にくっけて羽がひらかないようにして
逃亡を防ぎ、そこにいるアブラムシを全滅させる方法!

10月にハウスのイチゴ畑で始めた実験では、
一平方メートルに、たった2匹のテントウムシを放したところ、
67匹いたアブラムシが一週間でほぼ全滅したという!

すごい!すごい!すごい!

テントウムシに一匹ずつ接着剤を付けるのが大変だった「課題」も
2015年4月に、掃除機の吸い込み口に網を付けた装置で
テントウムシを集めて動きを止め、一匹当たりの処理時間を
2秒まで短縮するのに成功して、クリア!

20160113-650-1

高校生たちのコストが少なくて、すばらしいアイデアで
飛べないテントウムシの大量生産が可能になった。
このことが、実用化に向けて大きく前進、日本の農家のみならず
タヒチ政府が、バジルやミント栽培のために技術提供を打診するなど、
世界中から注目されているのだとか!

すごいのは、これだけでは、ないのです。

高い研究費用をかけ、人工交配で「飛ばないテントウムシ」を
つくる技術は、兵庫県の試験研究機関などが開発しているらしいが、
高校生たちが実験に使ったテントウムシは
学校周辺で簡単に捕獲できる
ただのナミテントウとナナホシテントウ!

つまり、遺伝子組み換えや、品種改良をしないで
在来の個体を使うので、生態系や、生物多様性への
影響が小さいのです。
安心ですよね。

これまでに約500匹のテントウムシを実験で使ったそうですが、
死んだテントウムシはゼロだったとか。

それだけではありません!
益虫としてがんばったテントウムシにも優しいのです!
実験後は、テントウムシの背中の接着剤に
つめを軽く引っかけて取り外し、自然に還す。

自然界に戻されたテントウムシの飛びかたや繁殖、
4~5ヶ月とされる寿命にも影響はなかったそうです。
ほんとうに、自然界の仕組みに逆らわず
低コストで、安全な害虫駆除とすばらしいアイデア!!!

高校生らしい、やさしい、あるものでやってみる・・・
そんな身近な、素朴で、小さなアイデアが
農薬でもうけてる企業に大打撃を与え
大きく、世界にはばたき、日本の、世界の農業を
変えてしまうかもしれません。

※(注)身近な天敵としてよく知られている「ナナホシテントウムシ」は
成虫、幼虫ともにアブラムシをえさにしています。
同じ、テントウムシでもニジュウヤホシテントウは茄子やジャガイモなど
ナス科の野菜を食害する害虫です。

 

 

▼有機JAS適合資材・A飼料<微生物土壌改良>EM1号 1L

EMとは

EM(有用微生物)も、目に見えないけど
やさしい、自然界にいつもそこにある身近なもの

環境に、生態系に、生き物への負荷がなく
低コストで、安全な「土づくり」や「水質改善」を
自然界の仕組みに逆らわず、可能にするのです。

 

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

洪水後のEM活性液での処理対策

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。
9月の洪水による被害にあわれた方に、心よりお見舞い申し上げます。

平成27年9月9日から11日に、台風第18号から変わった低気圧に向かって
湿った空気が流れ込んだ影響で、関東地方と東北地方では記録的な大雨に
よる被害が発生。
気象庁は、この豪雨について、「平成27年9月関東・東北豪雨」と命名。

2011年の東北大震災のボランティアの方で、今回の洪水災害にあわれた方が、
いらっしゃったそうで、その方に東北のかたからお返しにボランティアのかた
が来て、EM散布をしてくださったそうです。

EMでの洪水後の処理対策は、EM活性液を300~500倍にして徹底的に
洗浄することを基本とし、家屋全体がEMづけになるように繰り返しEMを
散布します。

仕上げの洗浄には、EMスーパーセラ蘇生C(建築用のEMセラミックスパウダ
ー)3000~5000倍、EM・Xゴールド5000倍を添加します。

木造やコンクリートに限らず、浸水すると基底部に大きなダメージを受けて
しまいます。
いずれも下水まじりの汚水や環境中の汚染が同時に流れ込むため、悪臭もひ
どく、腐敗菌などの有害な微生物が大量にしみ込むためです。

有害な微生物は多量の活性酸素を放出します。
この活性酸素は、土台全体を酸化し、その上に建っている建築物を基底より
ジワジワと酸化破壊するようになります。

その結果、耐用年数が半減するばかりでなく、その家に住む人も健康を害す
ることになり、消毒剤を徹底的に使った場合も結果的に酸化を促進してしま
います。

有害な微生物で汚染された場合は、消毒ではなく、EMのような有用な微生
物を散布し、土台の微生物相を蘇生化することが先決です。

この場合、床下に100m2あたり20kgのスーパーセラCを散布し、さら
EM活性液を100~200リットルくらい注入します。

20150925-soseic

EMが盛んに活用されているタイでは、洪水被害による汚水浄化プロジェクト
が国家プロジェクトで推進され、軍隊の放水車が、EM活性液を洪水後まいて
安全に処理されているそうです。
映画「蘇生」でEM(微生物)のことが評判になり、日本でも洪水の後処理に
EM活用が増えてきています。
イーエムジャパンでもお問い合わせがあると、EM研究機構に連絡を取り、多
くのボランティアさんがEM活性液散布で活動しています。

デジタルニューデールの比嘉教授の緊急提言はこちら↓↓↓
第56回 タイ国の大洪水後の浄化活動に国策として活用されたEM (3)

 

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ>>>

EMJ出勤前の出来事:ゲリラ豪雨の怖さ

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。

イーエムジャパンの配送センターは16日までお休み、17日からお盆明けの出勤でした。
朝、8時前の出来事。

20150825-450-17

いきなり、バケツをひっくり返したかのようなゲリラ豪雨・・・
家を出てすぐの道が、雨水であふれていました。

20150825-450-18

降りだしてから、5分くらいでこの状態・・・
音もすごくて、怖いくらい・・・
ゴーゴーと降ってる音と傘にあたる音と地面に落ちる雨音の合唱で・・・

20150825-450-19

あらら、さっきまでサンダルで出かけようと思ってたくらいの曇り空・・・
間一髪で、出かけるときの豪雨で履き替えてきて大正解!
もっと早く家を出た人は、もちろん、軽装、革靴・・・

20150825-450-21

もう、足下、びしょびしょでした。
よけたって、このとおり、
道路に水面が波打ってる

20150825-450-23

ここは少し低くなってるから、貯まってるんだ・・・
今日は夏休みが幸いして、学生たちはお休み・・・
駅まで、長靴でも、全身びしょびしょになるくらいのゲリラ豪雨でした。

20150825-450-20

ちかくの川はものすごい勢いの流れ
みるまに水位があがっていました。
温暖化のせいもありますが、アスファルトや
コンクリートに覆われた地面が多くなり
雨を吸い込む「土」や植物が少ないせいだなぁと感じました。
人間に暮らしやすいように思えても、自然に逆らう環境にしている。
実は災害を引き起こしているのは、人間のせいかもしれません。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ>>>

174円であなたもアースキーパー

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。

今日は、地球の環境を汚さない、たった174円で買える石けんのご紹介です。
それはシャボン玉EM浴用石鹸台所用石けんのこと。

石けんを作る方法として、何度も熟成させ、1週間かけて炊き込む
「ケン化法」 と、短時間で出来る「中和法」の2つの方法があります。

「ケン化法」とは、油脂に苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させる方法で、
熟練の技が要求される手間のかかる製法。

1445_2

シャボン玉EM石けんの、ケン化法で じっくり作った石けんには、
油脂に含まれていたグリセリン(古くから保湿剤として用いられていました)
が数%残っていてるのす。
だから、洗い上がりがしっとりしてやさしい石けんが出来上がるのです。

「中和法」とは、脂肪酸と苛性ソーダ(液体は苛性カリ)を反応させる方法で、
短時間で石けんを作ることができ、大量生産向き。
しかし、中和法で作られた 石けんは、油脂の代わりに脂肪酸を用いるので、
グリセリンが含まれていません。

シャボン玉EMせっけんは、他の大量生産の石けんとちがって、時間がかかっても、
「ケン化法にこだわって」製造された、天然の保湿成分、つまり・・・
グリセリンが含まれてる「しっとり」 良い石けんなんですねぇ。

見開き.indd

こんな手間隙、かかってて、174円!
100%天然油脂の良質な石鹸が、1個、174円!
この石けんの排水は微生物の栄養源となり、
短期間のうちに生分解されます。
石けんカスは海や川にいる微生物のエサになり
生態系のリサイクルを守り環境を汚すことはありません。

だから、あなたも174円でアースキーパーに・・・!

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ>>>

EM団子に菌糸がこんなにいっぱい・・・

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。
もうすぐ、海の日イベント「全国一斉EM団子投入」なんです。
その準備に、EMJ男性陣スタッフが大忙し・・・。

20150708-450-5

鎌倉御成中の生徒さんたちが
6/30に作った、3500個のEM団子・・・

7/4の逗子海浜倶楽部の皆さんが
ボランティアで握ってくれたEM団子3000個・・・

そのEMダンゴ達の様子を昨日、見に行ってくれました。

20150708-450-2

すごい、雨続きで、気温が低かったので心配だったけど・・・
いつもより、白い菌糸がたくさんついている。

20150708-450-1

これなら、しっかり菌糸がはって、
川や海の底に沈んで、ヘドロの分解を促進してくれるでしょう。

明日は鎌倉学の生徒さんのEMダンゴ作りの日!
どうぞ、よろしくお願いしますね。

今年も鎌倉・逗子・葉山で海の日「全国一斉EM団子投入」
イベントにご参加ください。
10時(少し前に来てね)から投入開始ですから・・・
お待ちしてまーーーす!!!!

海の日「全国一斉EM団子投入」詳しくはこちら

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

EMだんごを作りましょう

EMだんごの作り方

EMだんごを作りましょう

 

photo

EMだんごとは?・・・・

EM活性液やEMボカシを土と一緒に練りこみ、団子状にして、発 酵乾燥したもの。

汚泥(ヘドロ)のたまった川・ 海、湖沼・干潟などに投げ入れることで、EM(有用微生物群)の定着を促します。その結果、EMがヘドロを徐々に分解し、元の生態系が蘇ってくる効果を発揮!堆積したヘドロの表層から、発酵分解が始まります。

作り方はこちら
<用意するもの>(ダンゴ約100個分の目安)

 

・団子にしやすい(土出来れば赤土)・・・15kg

EMボカシ(籾ガラの入ってないもの)・・・3kg

EM活性液・・・4L〜5L

EMスーパーセラ発酵C・・・ひとつかみ(全体の0.1%〜 1%位)

・混ぜる容器(大きめの桶)

 

<ポイント>

 

■使用する土(塊や石を取り除く)にボカシ、パウダーを入れ、土の湿り具合に合わせEM活性液の量を調整しながら、よくこねる。 (EM活性液は100倍活性液で原液を使い、10倍活性液ではそれを10倍に薄めて使用します)

■テニスボール程の大きさになるように丸める。

■出来たEMダンゴを並べ、ビニールで上から覆い5日間位で熟成・ 発酵し白い菌糸で覆われたら出来上がり。 1〜2週間陰干してから使用します。保存も可能。

 

photo photo photo
ボカシ、パウダー、を入れて土をこねる テニスボール大でダンゴを作る 完成したダンゴを並べ、その上からEMを散布する。
photo photo photo
ビニールで覆いして陰干しで発酵させる 約5日間で白い菌糸がびっしり 作った勇士でダンゴ投入
<EMはこんなところで使われています>

EMは世界55ヶ国で製造されており、環境や農業など様々な分 野で問題解決に役立っています。
当初は農業分野向けの土壌改良材でしたが、幅広い対象に有効というEMの特徴に注目され、現在ではEM技術として建築や医療、教育、福祉などの分野でも広く利用され、環境浄化推進のために行政が培養して配布する例も増えています。その他、EMを応用した
ラミックス
飲料水食品衣料など、様々な製品が開発されています。最近は日本各地で環境浄化に活用されていて、生活排水・学校のプール ・河川・湖海の浄化に使われています。

>>生態系に負荷をかけないEMで海の浄化作戦はこちら
>>EMをプール清掃に活用事例はこちら
>>自治体も応援!EMで生ごみリサイクルはこちら
>>EM活性液の作り方ははこちら

■EM災害復興支援プロジェクトについて

2011年3月11日の東日本大震災発生後、被災地では衛生問題が発生しないように緊急的対策がとられ ました。NPO法人地球環境・共生ネットワークをはじめ、EMグループの災害復興支援もEM資材 の供給や、EM拡大培養器培養タンクなどの提供が、現地の要請に応じてなされました。

宮城県気仙沼市や七ヶ浜町など、地域全体をEMで洗浄するような体制が取られた箇所もあり 、環境におけるEMの放射能汚染対策も各地で着実な成果を上げています。高濃度汚染対策に ついてはシステム的な工夫が必要ですが、限界線上の汚染は1�あたり1リットルのEM活性 液の散布で50%以上の減少が多々確認されています。散布量や散布回数が多くなれば、効果は 早く現れますが、1〜2回散布しても時間の経過とともに放射線量がかなり低下することも確 認されています。

この成果を確認した岩手県共生ネットワークでは、EMボランテイアの協力を得て、一部学校の運動 場や校庭にEM活性液を散布したり、EMで校舎を洗う体制が取られました。 また、福島には、自主防衛的なEMボランティアの拠点は20件で、EMの大量培養システム を設置。しかし、ボランティアのみでは限界があり、行政の積極的な取り組み が期待されるところです。

2011年10月8日には、二本松市で放射能汚染対策の成果を発表するフォーラムが開かれ、 EM研究機構と共同研究を行っているベラルーシの国立放射線生物学研究所の 所長と主任研究員も出席し、チェルノブイリ原発事故後のベラルーシにおけるEMの成果が発表 されました。

EM災害復興支援プロジェクトは、EMによる復興支援を希望している市町村や各種団体に対して、 いつでも対応できるようにEM研究機構、公益財団法人自然農法国際研究開発センター、NPO法 人地球環境・共生ネットワーク、全国EM普及協会、EM研究所、EM生活社、各地のEMボラン ティア団体との体制を強化し、さまざまな支援体制を続けていくことになっています。

「シントロピー[ 蘇生 ] の法則」・・・比嘉照夫(ひが てるお)教授著書
副題は「EMによる国づくり」です。東日本大震災における震災復興への大きな支援となったEMの 効果、EMの災害対策、EM災害復興プロジェクトの活動報告とこれからの長い復興支援の手引き書 として活用ください。

チェルノブイリから学んだお母さんの為の放射能対策BOOK
1992年、チェルノブイリ原発事故被災児童を、1か月間日本で保養させる活動(日本に招待した子 どもは、19年間で648人)の特定非営利活動法人「チェルノブイリへのかけはし」代表:野呂美加氏著書