タグ別アーカイブ: 産地

横田さんのイチゴ(とちおとめ)の出荷が始まりました!

こんにちは!イーエムジャパンネッ ト通販店長の高橋万里子です。
2018年もあと2週間、1年で一番、楽しみなクリスマスとお正月がやってきます!
クリスマスと言えば、ケーキ!そして、ケーキの上には定番のイチゴでしょ!

181210-s12
続きを読む

三浦半島EM研究会の石渡さんから巨大な大根頂きました!

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。
美味しそうな巨大な大根が、イーエムジャパンに頂きました。

181207-daikon3

大きくて太くて長い~!!!立派~!!!
これからの三浦半島は、大根の出荷で大忙しなんです! 続きを読む

EM米の産地で珍しい「稲の花」が咲いていました!

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

先日、EM栽培米の産地取材で、千葉館山へ行ってきました。
南房総だけあって、早生の稲が実り、
めったにお目にかかれない、稲の花がさいていました!

20170727-cniba6

この白い、めちゃくちゃ、ちっちゃいのが花です。
すごく地味で、田んぼで
よーーーく見ないと気づかないくらい・・・

続きを読む

1月21日(土)神奈川ゆめコープ産地訪問&交流会がありました!

こんにちは!
イーエムジャパン
ネット通販店長の高橋万里子です。

パルシステムって聞いたことありませんか?
TVのCMでかわいいウシさんが宣伝している宅配システムです!
宅配トラックも街中で、よく見かけるようになりましたよね。

paru-450-1

神奈川県でゆめコープの会員さんは、横浜を中心に30万人強!
なぜ、こんなにゆめコープの宅配パルシステムが
都会の多くの消費者に人気なのか?というと・・・

続きを読む

EM産直市場

EM栽培の農産物 詳細|EM・EMXGOLDの販売・通販ならイーエムジャパン

こんなにもあるんだ!EM栽培の農産物。 各地で、おいしいお米、おいしい果実を作っている産地を訪ねて 農家さんの熱意と声をご紹介します。

大人気EM米

有機JAS米コシヒカリ「ブナのいのち」
photo

朝日村の見渡す限り黄金色に輝く棚田を訪れた時 ゴッホの油絵の中に迷い込んだようでした。

新潟県朝日村の貝沼夫妻。農業高校を卒業後、園芸専門学校で学び、国際農業者交流協会の農業研修生としてドイツの農園で循環型農業を学んだ、貝沼純さん。園芸専門学校で知り合ったかわいい奥さんと二人三脚で安全で食べておいしいお米を作っています。

新潟県は日本海の「海の幸」も豊富ですが、神秘的な奥深いブナの森の水源を恵とする「山の幸」も豊富です。ブナの森がたっぷり吸い込んだ水が天然湧き水や冬には4mも積もる雪解け水が、川となり、土を滋養として稲を実らせ、海へ流れ込む。そして北風が朝日村の山のてっぺんに恵の雨を降らす。この黄金色の棚田に若い農業士貝沼さんの「循環型農業への夢」が実っています。 朝日村の香り高いつやつや。

有機JAS米「イーエム古代こまち」
photo

東に八甲田山、西に岩木山を望む津軽平野で
蜘蛛の糸バリヤーが稲を守ります!

東に八甲田山、西に岩木山を望む津軽平野。現在、武造さんが持つ水田のうち、有機の認証を受けているものは、4.5ヘクタール。
[武造のEM古代こまち」の有機認定田 んぼの地下にはEM活性液が循環して流れる、オリジナル灌漑システム。
2010年、 有機農業、環境保全型農業の確立に貢献してい る農業者や、団体等を表彰している、環境保 全型農業推進コンクールで、2010年、福士武造さんは、「担い手経営革新モデル実践事業」優秀賞・全国有機農業推進委員 会会長賞を受賞。
日本の農業の行く末を案じて、稲と大豆のように1年置きに連作できる「不耕起V溝乾田直まき方式」 を考え出したのです。 EMで糸ミミズや微生物が繁殖しやすい土壌は、耕さず、籾を直播することで、田植えなしで人手不 足を解消できる、この方式は、青県のモデル農場として、注目を浴びてるという。

有機JAS米「北陸コシヒカリ」

コシヒカリが生まれた地北陸
田んぼにたつオーガニック認定の看板

コシヒカリ発祥の地として安定したEM米として好評の北陸米。無農薬・無化学肥料栽培認定の看板がたっていました。

あまり知られていませんが、コシヒカリは北陸生まれです。北陸の気候や風土が一番あっている品種「コシヒカリ」の本物の味をどうぞ、お召し上がりください。

北海道ななつぼし
photo

北の大地「北海道新篠津」を訪ねて産地訪問!
「北海道新篠津EM米ななつぼし」

北海道産米の大革命!「しんしのつEM米」生産者
石狩郡新篠津村EM研究会のメンバー早川さんと石狩郡新篠津村EM研究会のメンバー岡崎さんと藤森さん。
長年の研究による土づくりと栽培管理で育てられた「しんしのつEM米」。寒さに強くさめても美味しい品種「ななつぼし」。
現在では「きらら」より北海道の主流の品種。

EMの農産物・フルーツ・有機酒!

早川仁史さんの最高級のEMメロン

日本の農地面積の25%をしめる北海道。農薬や化学肥料、抗生物質などを使用しない農業に挑戦し、EM技術による有機農法で環境浄化・資源循環型農業を目指して、すばらしいメロンを育てている早川仁史さん。2002年にはハウスでの植え付け時期をずらし、夏から12月までの長い安定した収穫時期を実現した実績を持ちます。鮮やかな赤肉でさっぱりとした甘みが特徴。よく「メロンは舌にぴりっとくるから嫌い」と言われる方がいらっしゃいますが、無農薬メロンを一度お試しください。メロンはフルーツの中でも一番土中の成分を溜め込むフルーツ、安心でおいしい上質のメロンをお選びください。有機農法に熱い情熱を注ぐ早川さんのEM極上メロンは送料込みでこのお値段ですので、全国区になると手にはいりにくくなるかも。ご予約はお早めにどうぞ。

福士忍顕さんのまるかじりりんご
photo

生産者の福士忍顕さんは、 りんごの町、日本一を目指す、北津軽郡板柳町の「りんごまるかじり条例」のガイドライン を、つくった地域のリーダとして、評価されているだけでなく、 りんごの木をこぶりにして密植できるようにして生産量を増やしたり、 さくらんぼの木に雨よけをして病虫害を減らしたり、果樹と水田を組み合わせたり、 家族間で協定して経営するなど、先駆的な試みが評価され 2010年、全国果樹技術・経営コンクールにおいて、大賞につぐ農林水産省生産局長賞を受賞されました。
EMたっぷりの産地から、9月のつがるりんご、ジョナゴールド、10月末からのサン陸奥、王林、12月からはサンフジを 出荷。春からはリンゴジュースも出荷しています。

モンドセレクション金賞「蔵ビール」

豊かな香りと味、のどごし。加熱もろ過もしないから非常にデリケートなビール達。 飲むときは普通の大手メーカーのビールよりも高めの温度が適温。普段はビールを召し上がらない方でも、 初めていわて蔵ビールを口にされた方の多くが、ナチュラルで飲みやすいと言われます。その一方、ビール通やドイツなど本場 のビールになじんだ方の愛されるビールでもあります。

ラベルに名前が入れられる「日本酒2本セット」
photo

EM活用特別栽培米使用の純米酒に名前が入れられます。成人式・結婚式の両家の名入れて・還暦のお祝いなどとても良い記念になります。大事な方の大切な時のギフトにいかがですか?「父の日に贈ったら喜ばれた!」とのうれしい「お客様のお声」も届きました。吟醸辛口、豪華な真紅ギフト箱入りの2本セット。

青森産EMサクランボ「佐藤錦」

りんごでおなじみに忍顕さん栽培。たっぷりのEM活性液とEMボカシで育てられた佐藤錦の桜の大きな木が50本、すずなりの実をつけた時は圧巻です。 EM栽培ですので、赤い実と緑色のサクラ茎の付け根のきれいな境目にご注目、安心して洗わずそのままほおばれます。忍顕さんは、自宅のリンゴの木の下にマメコバチを飼っていて、自然受粉で栽培、また、さくらんぼの木に雨よけをして病虫害を減らしたりする「雨よけ農法」を日本ではじめて行った農業士さんです。

中原さんちのにんじんジュース
photo

中原農園は新潟からJRで20分くらい。近くには新潟大、毎年白鳥が飛来する赤塚潟があります。日本海から吹き付ける風で砂漠化した砂地に、有用微生物群(EM)を利用して、年間250tものにんじんを出荷。おもしろいのは、お母さん、奥さん、娘さんがみんなウマ年で、中原さんはウサギ年。 にんじんジュースを製造するきっかけは、奥さんのにんじん嫌い。なんとかこの美味しいニンジンを食べてもらおうと、最初はジャムかジュースで試してみたそうです。農家4代目という中原さん、他にも水菜・春にんじん、メロン、白菜、ごぼう、とうもろこし、カブ、ダイコンなども作っているとか。

大内さんのEM梨「幸水・豊水」
photo

EM梨の達人珍しいEM栽培の幸水・豊水
福島県・福島市 大内孝さん

大内孝さんが育てているEM栽培梨。 (幸水・豊水)福島では、冬は山から吹き降ろす風が病害虫を予防し、夏は盆地特有の暑さが果実を甘くします。EM発酵堆肥を与えた梨は, 酸味なども加わりより、いっそう豊かな味わいです。是非、ご賞味ください。

★お届け期間:8月下旬から9月20日まで

金子椎茸園の「天然原木EM栽培椎茸」
photo

全国でも珍しい天然木EM栽培椎茸のふるさと、群馬県の東に位置するあずま村は雄大な自然をバックに草木ダムがあり、その豊かな水をたたえた草木湖のほとりに星野富弘さんの富弘美術館があることでもよく知られています。
その東村の自然の雨と森の風にはぐくまて育った椎茸。
湧き水の流れる森でEMをたっぷり吸い上げた天然原木のあっちこっちから顔をのぞかせた椎茸を天日干ししました。・の無農薬で限りなく自然に近い形のぜいたくな乾燥椎茸を天日乾燥丸とスライスと粉の3点セットでお届けいたします。

横須賀・長井有機農法研究会EM栽培メロン

7月15日頃お届け(品種:グリーンウエーブ2個入り)

お待ちかねの三浦EMメロンは夏の定番、キャベツの産地で有名な横須賀、鈴木浩之さんよりお届けのトンネル栽培メロン。安心のEM栽培。送料無料!ご贈答用だけでなく、ご家庭用に毎年のリピーターの多い逸品です。平成4年よりのEM活用による土作りから生まれた爽やかな甘味が特徴です。7月15日頃の出荷のみですから、ご予約はお早めに!

1日に、EM大根3000本、キャベツ2800個が出荷!

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。

2015miura-sanchi650-4

横須賀・長井EM有機農研究会のメンバー。
三浦半島で、「地産地消」の有機 野菜づくりを目指している農家さんたちです。
冬は大根、キャベツの出荷で大忙し・・・
夏はメロン・キュウリなど、東都生協やデリカフーズ・紀ノ国屋に出荷しています。

2015-emhirogari650-1

つまり、取れたて野菜を配送する
EMジャパンの横須賀・長井倉庫も大忙しです。
この大型トラックのコンテナは、毎日、納品先から、戻ってきたもの。
コンテナは組み立てて、青首大根なら10本、
キャベツなら8玉入ります。

2015miura-sanchi650-1

なんと、最盛期は、大根10本入りコンテナが300ケース
つまり、3000本(1日の出荷量)
キャベツは8個入りが300ケース
つまり、キャベツが2400個(1日出荷量)

2015-emhirogari650-9

出荷先は、主に、東都生協やデリカフーズ・・・
デリカフーズに届いた大根は皮がむかれて
千切り大根に加工されます。
そして、ビックリドンキーの大根サラダとして
消費者にお届けされるのです。

特に12月~3月末の冬は、毎日、みなさんに・・・
EM大根3000本、キャベツ2800個をお届けしているわけなんです!
夏は、トンネル栽培メロンの出荷で忙しくなります。
 

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ
>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

忍顕さんりんご果汁100%ジュース、癒される甘さ・・・

こんにちは!イーエムジャパンの高橋です。
これ、なんだか、わかります?

20150620-450-55

りんご果汁100%ジュースなんです。
普段の生活では、そう飲みませんよね。
私も、お茶は飲むけれど、ジュース類はほとんど飲まないので・・・
飲んだときはびっくりしました。

20150620-450-51

忍顕さんりんご果汁100%ジュースは、りんごの香りが強く
他社のりんごジュースと飲み比べてみると後味が違います!
びっくりするほど、癒される甘さで、
ほんわかさわやかな酸味があり、断然おいしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ニンケンさんに電話して、ジュースに使用している品種をきいてみました。
陸奥・紅玉・ジョナゴールド・サンフジ・王林の5種類のリンゴをブレンド
どれも、これもそのまま食べても美味のEM栽培林檎だから、爽やかなんだ。

20150620-450-54

品種の割合により、甘みが違ってくるそうです。
統計で、関東以北は甘みが強いものが好まれる為、
甘い品種が多めにはいってるそうです。
関西~西は、甘みの少ない品種を多めにと・・・
納品、出荷先の地域で分けて、好みに合わせてのジュースづくり

なんて、こまやかな心くばりなんでしょう。
そのせいでしょうか、実は少し甘いかな?と健康な人が思う「甘さ」
今、入院されている方には「癒しの甘さ」らしく・・・
とても、入院見舞いに喜ばれる・・・とのクチコミで
このニンケンさんの林檎100%ジュースのご注文が増えているんですよ。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

忍顕さんとマメコバチのサクランボ便り

こんにちは!イーエムジャパンネット店長の高橋です。

 

6月といえば、かわいくて真っ赤な「サクランボ」の季節。

しかし、しかし、サクランボは非常にデリケートな果実。

まず、花が咲くときの気温・・・

佐藤錦の花が咲くには、7度(かなり寒い)の気温が2ヶ月以上続くことが条件なんだとか。

なるほど・・・、だから、寒冷地の山形や青森での栽培が盛んなんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遅い寒冷地の春、4月~5月に花が咲き、6月にやっと実を結ぶのです。

すると、農家さんは、サクランボの木の上に巨大なビニールテントを張ります。

雨(ひょう)よけが主な理由です。

サクランボはひじょうに繊細で、赤くなってから雨に当たると実が割れてしまうからなのだそうです。

 

5月の末、青森県板柳町のニンケンさんの農園でも、毎年、大変な作業が行われます。

50本ほどあるサクランボの木のうち、佐藤錦、紅秀峰などの銘柄のサクランボの大木を

巨大なビニールハウスで覆う作業が行われるのです。

 

大きなサクランボの木をすっぽり、覆う作業は大変で、

大の男9人がかりで、太さ32cm、高さ4.5メートルのパイプを

何十本と組み立て、天井のビニールを張ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に、9メートル幅、長さ50メートルのビニールを、周りに張って、

サクランボの大木20本が収まる、

巨大なビニールハウスが出来上がります。

 

昼食以外は、朝4時から夜9時まで、真っ暗になるまで、働きづめだとか。

そんな忍顕さんを助けてくれるのが、カヤが束ねてある巣箱で飼っているマメコバチたち。

秋、リンゴの木の下に巣を置いておくと、花から花へと飛び回り、

授粉という大事な仕事をやってのけるのです。

 

冬、親蜂は、花粉や蜜で固めた巣に、12~13個の卵を産み死んでしまいます。

翌春に、サクランボの木の下でその卵がかえり、マメコバチの子供が生まれるそうです。

春はサクランボ、秋はリンゴの授粉に役立つ「マメコバチ」のことを、

「私と一緒でよく、働きますよ。」とにっこりしながら、忍顕さん。

 

今はビニールハウスも張れて、受粉も終わり、

小さなサクランボが赤く、大きく膨らむのをまつばかりの時期。

忍顕さんもマメコバチも、ほっとして一息いれていることでしょう。

 

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

>>>★イーエムジャパンホームページのTOPへ

>>>★EMJ店長ブログTOPへ戻る

新潟産コシヒカリ☆有機JAS米「ブナのいのち 」

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

 

普段は玄米を炊いているのですが、たまに白米を炊くと美味しいです。
う~ん、さすが、新潟コシヒカリ!!!!

 

20150219-450-71

 

生産者さんは貝沼さん。

ブナの森からしみでたミネラルたっぷりの水が棚田をうるおし

秋は田んぼは金色になります。
こんな美しい棚田で育つお米がおいしいのは納得です。

日本でも最上級の岩船産コシヒカリ「ブナのいのち」は春をすぎると完売になる場合もあります。
ご予約はお早めに、赤とんぼクラブでも承っております。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

春のフルーツ「伊予柑&ネーブル」が届きました。

春のフルーツ便り

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

和歌山の宮井さんから、春のフルーツサンプルが届きました。

20150219-450-60

伊予柑4kgネーブル4kg」です。

20150219-450-61

おへそのようなへっこんでるヘタがネーブル

20150219-450-62

ぽんかんみたいにぽこっとデべソなのが、伊予柑!

もちろん、どちらも無農薬栽培、ピカピカの有機JAS認定ものです!

20150219-450-63

まだ、酸っぱいみたいで、2~3日して甘味がのってから食べます。

本格的出荷は3月の予定です。
有機JAS認定宮井農園のネーブル<4kg>
有機JAS認定宮井農園の伊予柑<4kg>

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

EM栽培の自然薯にEMXゴールドプラスの三杯酢

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
頂いた自然薯を素材の味見として料理することに・・・

20150213-450-2

剥きにくいけど、しっかりした身でくずれない

20150213-450-3

短冊に切って、三杯酢であえる(すごくシャキシャキ感あり)
にめり成分が多く、新鮮で栄養価が高いのを感じた。

20150213-450-4

穀物酢がきついので、GOLDをまるごと30ml入れたら、すごくおいしくなった!
細いけど、ねばりが十分にありしっかりした自然薯でした。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

三浦のレディーサラダ大根

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
三浦のお野菜大好き便の農家さんから、赤いレディ大根頂きました。

サラダ専用に品種開発された『レディーサラダ』。
レディーサラダは、三浦ダイコンとアメリカやドイツのダイコンの交配で
作られた、サラダ向きの品種。

20150208-450-1

特徴は、外側の色彩がピンク色を帯びた美しい赤い色で、内部の色は純白。
皮ごと食べることで、白いダイコン に比べてアントシアニンを摂ることができます。
味もさっぱりしていてカブと大根の中間みたい。シャキシャキとしておいしいですよ。

20150208-450-2
スライスして塩コショウとオリーブオイルと酢でドレッシングをかけてできあがり

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

タイ産オーガニックジャム

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
社長がタイ出張から帰ってきました。
無農薬100%のフルーツで作られた珍しいジャムを持ち帰り、さっそく社員一同で試食!

 

これはパッションフルーツ?

 

グアバ?マンゴーやらパパイヤも?

IMG_4971

これはハイビスカス?
美味しかったので、輸入することになるかも・・・???

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

大寒は20日、大寒たまごのご予約は?

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

 

大寒たまごって言葉ご存知ですか?
一年で最も寒さが厳しい時期とされ、武道の寒稽古も大寒 に行われています。
この日に生まれたたまごは、昔から「食べると健康に暮らせる」と いわれ、「寒たまご」として珍重されてきました。
寒さのため鶏の産卵数が減り、その分たまごの滋養分がたっぷりになるからです。

 

寒たまごには「生気に満ちあふれた縁起物」という面もあるのです。
そのため風水の世界では、「寒たまごを食べると金運が上昇する」ともいわれています。
今年の大寒は1月20日。
今から、注文すると間に合いますね!

いまなら超お得な、ラッキー<送料無料>EM福たまご(広島産)あります!

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

EM育ちの小松菜

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。

20141217-450-1

これはEMブランド「EM育ち」の小松菜
北浦みつば連合が育てている美味しいEM野菜です。
鎌倉の紀ノ国屋、逗子のスズキヤ、大船「地天」でも売られています。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

毎日、1個はたまごをたべよう!

20141214-450-1

 

健康生活宣言でおなじみの杉本医師のお話によると、食品の中で、
この世の中で「たまご」にかなうものはないそうです。

20141214-450-2

とにかく、いちばん栄養が富んでいて、最高なんだそうです。
杉本医師オススメ食生活「1日にEMXGOLDと卵1日に1~2個は必ず食べよう!」
をはじめてみましょう!

おすすめはもちろん、EMもみじたまご!30個90個入りがあります。
抗生物質を使ってない餌で育てられた鶏が生んだたまご。
それに寒い時期の卵には、寒卵といって栄養がいっぱいつまっています!
ゆうパックでお届け!
少し前にご予約くださると、年末、年始のお届けも可能です。

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

2015年の3/14(土)収穫体験ツアーの募集、はじまりました!

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
今日、お電話で2名様の産地訪問ツアーのお申し込みがありました。
みなさん、とても楽しみにされてるのですね。
まだ、迷ってらっしゃる方、2014年の収穫体験ツアーの様子を参考になさってくださいね。
2014年はお弁当でしたが、2015年は収穫した野菜をその場で料理できないか?と企画中!
まだ、計画中ですが、うんと楽しい訪問ツアーにしていきますので、ご家族でもご参加くださいね。

EM産地訪問(収穫体験)ツアー!

2015年3月14日に決まりました!

参加ご希望の方は、0120-57-4142(EMJまで)!

2014年4月13日の産地訪問ツアーはこちら


2014年4月13日の収穫体験のメンバー、楽しかったですね!

収穫した野菜はもちろんお持ち帰り頂けます!

三浦は見渡す限りの大根畑、キャベツ畑が続きます。車窓の景色を見るのも楽しいですよ。
マイクロバスで畑に向かう⇒短大根の収穫
ネギの収穫(帰りの電車の中、ニオイが大変だった!・・・ので要ビニール大 袋
たのしそうな収穫のようす
イーエムジャパンのスタッフも同行、収穫も参加しました。
ハウスの中は、入れませんでしたが、甘いトマトの試食させて頂きました。
農家さんのお話も聴けて、帰りにはブロッコリーのお土産も・・・。

三崎口で解散、大船へ向かう人たちとお別れ!楽しかったですね。
2015年もJR大船駅又は京急三崎口に集合!
春の三浦半島へご一緒しましょう!

産地直送訪問ツアー
期日:2015年3月14日
参加費:4000円(三崎口からのマイクロバス代金・ランチ・野菜お土産付)
定員:25名
集合場所:JR大船駅前・京急三崎口駅改札口
お申し込み:0120-57-4142(イーエムジャパンまで)

2014年4月13日の産地訪問ツアーはこちら

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

H27/3/14(土)に三浦でEM野菜の収穫体験しませんか?

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
産地訪問ツアーの日にちが決まりましたよー。
◆来年の3月14日(土)です。◆

1410EMJ_P7-P8_校了ol

JR大船集合と直接三浦で集合の2パターン。
マイクロバスで産地へ向かいます。大根などの冬野菜の収穫体験、もちろん、ランチ、野菜のお土産付!
もう、お電話でのお申し込みも頂いており、定員25名様限りですので、お申し込みはお早めに!

体験してきました!(^-^)/◆

★2015年3月14日のEM産地での収穫体験ツアー◆応募中!◆

◆お申し込み:0120-57-4142(イーエムジャパンまで)

有機大豆・紅はるか・サンふじが届いた!

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
今日は1月下旬の気温とかで、寒かったですね。

20141126-450-1

そんな中、北海道の早川農園から有機JAS認定の新大豆が届きました。

20141126-450-2

収穫したての新豆だー。おいしそう!
これは、手作り味噌セットとしてお客様のところへ届きます。
あと、お味噌セミナーに参加するといただけちゃうみたいですよ。

20141126-450-3

これは鎌倉の自社農園のさつまいも。紅はるかです。
社員にもおすそわけされました。

20141126-450-4

こっちは、武蔵さんから届いたサンふじりんご!
おいしい晩秋のみのり・・・

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

有機農業塾の2015年度塾生募集

こんにちは!
イーエムジャパンネット店長の高橋です。
寒くなりましたね。今年もあと40日足らず・・・
で、・・・来年2月からスタートする有機農業塾の2015年度塾生募集のお知らせです。

IMG_7879

スタート日のEM基礎講座から、EM農家さん指導の農業体験も・・・
EM農家さんと、塾生さんとのつながりも
毎年、畑を借りて、大規模なEM栽培をはじめる方も出てきて

IMG_7913

すごう熱心でびっくりします。
始めたい方、2015年2月からの第④土曜日がEM講座・体験実習日になります!
お申し込みは0120-57-4142(イーエムジャパン永井まで)へ

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

イーエムジャパンにEM産地の農産物が届きました!

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
秋、深まって、本社に出荷サンプルの農産物が届きました。

20141025-450-1

まずは、和歌山の宮井さんの無農薬栽培みかん
有機JASン認定みかんとはほとんど、スーパーでは売ってません。
食べてみると、すっきりした甘さの濃厚な味でびっくりします!

20141025-450-2

次は北浦みつばの三つ葉!!!
すごくやわらかくて香りよく美味しいのです。
EMそだちというブランドで紀ノ国屋や逗子のスズキヤで買えます。

20141025-450-3

こちらは、EM栽培のれんこん

20141025-450-4

パンフレットも入ってました。

20141025-450-5

日曜日にレンコンのきんぴらつくってみようかな?

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

早川さんの有機大豆で手作り味噌をつくろう!

こんにちは!イーエムジャパンの高橋万里子です。
すごい、手作り味噌を企画しましたよ!

日本を代表する有機生産者である、北海道・早川さんのEM有機大豆と
有機白米麹とエンバランス容器の夢のコラボです!
それも、11月末まで北の大地に根を張っていた、とれたて、
収穫したての新豆をお届けします。

 

大豆と米麹の量が同じなので、ものすごくまろやか・・・
北海道新篠津村の早川さんの大豆(品種:とよむすめ)
根張りが良く、根粒菌がたくさん付いて、鞘数が多く実入りも良い大豆

 

1442_2

日本を代表する有機生産者である、北海道・早川さん
EM完熟堆肥を長年施用し、土の酸化物を取り除き、
微生物の密度を高め、直に土の性能を高め続けています。
この大豆で作る「手作り味噌セット」は期間限定です!

この大豆畑のとなり(と、言っても車で行くほど広い=遠い)には
ななつぼしの田んぼがあります。

今日も最後までお付き合いくださいまして感謝です。
TOPに戻る

EMたまごをたべてみよう!

★EMたまごってスゴイ!!!

☆知ってました??

卵白の「白」の文字。
これは茹でたり、焼いたりすると白くなることからついたそうな。
卵白が「生」のときは、うっすら黄色をしている。
これはビタミンB2の色。
栄養ドリンクが黄色をしているのと同じだそうです。

 

_________________

★めちゃくちゃ、栄養豊富なたまご
_________________

食品の中で、この世の中で「たまご」にかなうものはないそうです。
とにかく、いちばん栄養が富んでいて、最高なんです。
食生活「1日にEMXGOLDと卵1日に1~2個は必ず食べよう!」をはじめてみましょう!

_________________

★驚きのたまごのビタミンB群
_________________

脳でブドウ糖、アミノ酸、レシチンなどが働く時に欠かせないのが、水溶性のビタミンB群といわれています。
たまごの白身に含まれるB群の仲間は、エネルギーを作り出したり、神経細胞の働きを正常に保ったり、神経伝達物質の生成にかかわったりと、グループ(B1、B6、B12、ナイアシン、葉酸)で脳の元気を保つ為に
働いているのです。だから、脳がいつまでも元気であるように、ビタミンB豊富な「たまご」を毎日食べるといいようですね。

_________________

★たまご2個で1日に必要なたんぱく質のなんと1/4!
_________________

脳は水分を除けば、約40%をたんぱく質が占めています。
そのたんぱく質の構成成分がアミノ酸で、脳の働きに不可欠な神経伝達物質を毎日つくり続けています。
だから、蛋白質が豊富なたまごはいちばん、私たちに欠かせない大切な食品なんですね。

_________________

★脳の働きを高めるたまごのアミノ酸効果
_________________

たんぱく質を構成している成分がアミノ酸です。
脳を元気にする大切な栄養成分であり、さらにたまごには、その働きをサポートするビタミンB群も揃っています。
たまごには、体内で合成することのできない8種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれており、なかでもフェニルアラニン、メチオニン、トリプトファンが神経伝達物質の材料になります。

_________________

★☆知ってました??
日頃からよく食べるたまご料理には、
こんな脳力リフレッシュ効果が!!!
_________________

★朝のたまごかけごはん

脳への速攻エネルギー源!
シンプルだけど、ごはんのぶどう糖とたまごのアミノ酸との組み合わせで、しっかり、脳を目覚めさせ、集中力を高めてくれます!

★ひじき入り卵焼き
カルシウムにはイライラやストレスを鎮め、精神を安定させる作用があります。
ストレスがたまるとビタミンCも消耗するので、カルシウム豊富な卵と野菜や果実との組み合わせは効果的です!
また、ひじきにはカルシウムが効率よく働くマグネシウムが豊富。栄養価もランクアップします!是非、お弁当
やおかずに!!!

★ねぎトロたまご丼
まぐろ、鯖、イワシなどの青魚に多く含まれている脂肪酸「DHA」は脳の神経細胞の重要な成分で、脳の働きを活性化させるために欠かせません。たまごとDHAを組み合わせて摂る事によって、物忘れが少なくなるかも・・・?

DHAって実は、青魚より、マグロの「トロ」が最も豊富なんです!
生のトロと生たまごの組み合わせは、最強なんです!!!

驚きでしたね!

EMJでは抗生物質を使っていないEMもみじ卵をご紹介しています!
生で2週間は新鮮!
卵の黄身が箸でつかめます。その後は加熱料理で!
ところが、オムレツが甘い!味が焼いたり茹でたりすると本当においしい!品質はもちろん、「味のよさ」は、
グルメマンガ美味しんぼにとりあげられたことで有名なんですよ!

★<送料無料>広島産 EMたまご(30個)
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr12/gd1162

★<送料無料>広島産 EMたまご(90個)
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr12/gd1108

★EMXゴールド [EMXGOLD
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr13

朝日村のブナのいのちの新米、お届けできるかも?

こんにちは!イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。
もう、食べるお米がなくなっちゃった!とお困りの方からお電話が・・・!
H25年度米はみんな販売終了してしまって、困っていました。

 

20141001-450-3

だめもとで、朝日村の貝沼さんに相談してみたら・・・
有機JAS検査済んだものが少しあるとかで、
なんと、新米をご手配していただくことになりました。

 

20141001-450-5

ほんとに、感謝です。
こんなに美しい村で、1年をかけて実った新米・・・

20141001-450-6

今、秋の一番忙しい農繁期、
快く、お米をお届けしてくださる生産者さんたちに感謝です。
赤とんぼ(年間定期便)の方は、沢山なので、もう少しお待ちくださいね。
10月25日出荷、28日お届け予定で、今生産者の方はがんばってます。

でも、お米がなくてお困りの方、単品でしたらお届けできそうです。
★新米です!↓↓↓
◎「ブナのいのち」玄米5kg
◎「ブナのいのち」白米5kg
◎「ブナのいのち」七分5kg

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

武造さんのリンゴ

こんにちは!
イーエムジャパンネット通販店長の高橋です。

20140920-450-3

お米の生産者、武造さんから、リンゴがこんなにたくさん・・・

20140920-450-4

会社に、届きました。

20140920-450-2

社長、社員全員でわけました。

20140920-450-5

私も2個、頂いて帰りました。

農繁期の最中、本当にありがとうございました。

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

忍顕さんのりんご「サンつがる」

こんにちは!イーエムジャパンCM犬の育です。

今朝、荷物が2個、届きました!

同時に2個なんて・・・
さっそく、食べようよー。

ジャジャヤーーーン

ぜんぶで18個・・・
もぎたて、忍顕さんの農園から、直送・・・

この子を頂いちゃいましょう!

去年より甘味がすくないかも・・・
同日に実家から届いた、「梨」も、今年は雨のせいか
甘さが少なかったようです。

青森産 サンつがるはこちら
福島産 梨はこちら

 

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

「ブナのいのち」の産地「朝日村」

こんにちは!イーエムジャパン店長の高橋です。

今日は「ブナのいのち」の産地「朝日村」のご紹介です。
ここ数年の異常気象、広大な田んぼの畦の草刈り
冬になると、6メートルもの雪に閉ざされる朝日村
稲刈り(H13年度)から、その後、土づくり、田植えと1年の様子をお伝えします。

 

20140914-450-18

◆9月6日:稲刈りまで、あと少し・・・
作業場や機械の準備も着々と進み、後は台風が来ない事を祈るばかり・・・。

DSC_0634-300x199

 

◆9月11日:稲刈りスタート
台風が来ると、田んぼの稲は倒れて、傷つくため、予定を繰り上げて稲刈り。
長雨の影響で土が軟らかく、泥がもりもりと稲に覆い被さって難儀。

 

20140914-450-19

◆9月416日:台風18号
田んぼの稲は、まるでミステリーサークルのように倒れてきています。

◆9月29日:稲刈りラッシュ!
稲刈り最盛期、いたる所でコンバインが動いています。
10月10日位までには刈り終わりそうです。(あとは雨と検査状況次第・・・)

◆10月1日:稲刈り終盤
ようやくゴール。棚田の稲刈りも苦戦しながら、刈取り終了。

◆10月12日:籾殻の山
稲刈りが順調に進むと同時に、籾摺り作業が連日のように続きます。
この大量の籾殻、何か他にも利用できないか?と思案してるとか・・・。

 

20140914-450-23

◆10月15日:稲刈り終了
終盤は突然の雨天など異常気象に悩まされましたが、無事に終了。
コンバイン清掃後、久しぶりにゆっくりとお風呂につかったそうです。

◆10月31日:水田の整地作業
湿田など極悪条件では手作業(スコップ)プラス運搬機の難作業。

◆11月23日:圃場に客土
土作り作業を前に本格的な整地(沈下箇所に客土)。

◆11月25日:EM散布
異常気象に負けず高品質のお米を多収するための土作り。
来年のために数種類の土壌改良資材(EM1号等)を散布。

◆11月26日:天地返し
貝沼農園では、深層にいる塊茎雑草を地表の寒気にさらし弱らせ、
土塊に空気が良く入りワラの腐熟を促進させるために
天地返し(秋耕)は深く(15cm超)かつ粗く行ないます。

 

20140914-450-24

◆12月14日:降雪
予想より7日早い降雪に、慌てて除雪作業機の準備を行ないました。

◆1月13日:農機具格納庫完成
サビや電気系トラブルなど機械寿命を縮めないために、トラクター・
コンバイン等の新しい格納庫を作りました。

◆2月12日:雪下ろし
融けては積もっての繰り返しで重たく固まった雪は、危険です。
連日の深夜の除雪で睡眠不足が続きます。

 

20140914-450-5

◆3月4日:田んぼでスノーモービル?
一面、雪に埋まった田んぼで、地域の子供たちとスノーモービルの試乗会。
雪国&農家ならではのイベント。

20140914-450-7

 

◆3月5日:白鳥
まだまだ、残雪があるものの、春が近付いてきたと感じる。
ハクチョウたちもそろそろ旅立ちの準備。

DSC_0263

DSC_0263

 

◆4月1日:多忙を極める農繁期を前に
家族サービスを兼ねて、棚田までスノーモービルツーリング。
平地は雪どけが進み、水田が徐々に姿を現し始めましたが、
朝日村の雪深い棚田は道路標識がやっと見える程度で、まだまだ雪の中。

20140914-450-8

 

◆4月26日:農繁期スタート
気温が低いため、なかなか種子が目覚ず、遅い種まきとなりました。
播種(はしゅ)は、米の種まきに当ります。
種もみ後、育苗専用のハウスで育苗。
膨大な育苗枚数(17~18枚/反と50株用田植え機での育苗枚数)を、昼夜を
問わず、気温、水の流し込み等の調整で管理。
農家はこの時期、睡眠不足が続きます。

◆5月13日:代かき
田んぼを耕すことを耕起(こうき)と言い、1回目の代かきを、荒代(あらじろ)
2回目の仕上げ代かきを、本代=ほんじろ、植代=うえじろというそうです。
プロでも神経を使う、非常にデリケートで難しい作業で、貝沼さんも、
「田んぼの土を均一にするために、状態を絶えず目で確認しながら、
集中するためにラジオも消して、トラクターの音を聞きながら作業機を調整。
ただ、ひたすら稲にとって良い状態をつくるため、土と向き合っています。」
と語っています。
ちなみに、この「代」は、大化の改新頃までの田地の面積の単位のことらしい。

 

20140914-450-1

◆5月28日:田植えの時期
雪解けが遅れた影響もあり、田植えの時期がずれ込みましたが、
早生品種のこしいぶき、こがねもち、コシヒカリ、酒米の田植えは、終了。
この他に、直播栽培、特別栽培、有機栽培など栽培方法を組み合わせて、
作業時期をずらしています。
作業受託の田植えは終わりましたが、残りは山手、田植えはまだまだ続きます。

 

20140914-450-4

◆5月29日:直播の田んぼ
直播した種が芽を出しました。
水を張ると、うっすらと筋になって見えてきて、ホッと一安心です。
浅水管理も、あともう少しです。

◆6月6日:田植え終了!
5月初旬から続いたハードな農繁期(田植え)がようやく終了。
秋の農繁期を経験した新入りスタッフは「春の方がはるかに忙しい」と疲れ顔。
田植えが終了すると間も無く、大豆播種が始まります。

◆6月21日:草刈り
雨降りの日でも、合羽を着てケガに気をつけながら刈り進めます。
伸び放題の草も、スッキリさっぱりきれいに。
緑の畔を維持する事で、環境にやさしい農業を心掛けています。

◆6月25日
先日の雨で、大豆の芽が一気に出始めました。
大豆は、自分の体(豆の部分)を持ち上げて芽を出す畑の力持ちです。

20140914-450-11

 

◆7月12日:大雨洪水警報
梅雨明けし、連日の猛暑日と聞かれるこのごろですが、ここ村上では、
連日の雨による河川の増水が続いています。

 

20140914-450-12

◆8月5日:ようやく梅雨明け♪
新潟では、一昨日ようやく梅雨明けが発表されました。
稲の方は・・・早いもので、早生品種の穂が出てきました。

20140914-450-13

 

◆8月8日:朝もや
朝日が差し込み、朝もやで空気が潤っています。
とても涼しく、気持ちの良い朝。写真は、朝の5時半頃の様子です。

20140914-450-15

 

◆9月2日:最終の草刈り
稲刈りを直前に控え、草刈り。
ツインモアはトラクターに乗ったまま、体力温存で(道路沿い限定ですが)
広範囲の草刈作業をこなして行きます。
(画像と文:貝沼純さんのお米ブログから、抜粋)

20140914-450-17

 

1年の農作業を、文字で追っただけでも想像を絶します。
お米を食べていのちをつなぐことができるわけですから、その「お米」を
生産しているひとに感謝と、実ってくれた「稲」と「天」に感謝です。
大事にお届けして、大事に食べて頂くことが、私の使命と感じました。

◆EM米・・・新潟産コシヒカリ「ブナのいのち」玄米・白米・七分はこちら
◆EM米・・・「赤とんぼクラブ」ブナのいのち<米年間定期便>承り中!

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>

農業従事者の高齢化に挑む武造さん

日本の食に提言を続ける料理家・辰巳芳子さんが絶大な信頼を寄せる農家の
ひとりが、青森県浪岡町の福士武造さん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

農業従事者の高齢化により、日本の農業の行く末を、だれよりも案じている人です。
ある日、武造さんから電話がありました。

「日本という村に100人、村人がいるとすると、40人しか食えない状況ですよ。
残りの60人はよその村から、食物を買わなければならないんですよ。
村人100人のうち、3人だけが、米を作っている。
その3人のうち、2人は65歳から75歳です。
あと、5年もすれば、その2人は70歳から80歳。
もう、米を作れない年ですよ。
今、どうにかしなければ・・・・!」

そうなんです。農地や田んぼに行くと、驚くほど、雑草の生えた畑や、
干上がった田んぼ が、あちこちに見受けられます。

耕す土地はあっても、後継者がいない、
農耕放棄された荒れた土地が目立ってきています。
その土地の隣で、どんなに耕しても、雑草の種が飛んできます。
雑草だらけの土地の下流の田んぼには、種が混じった灌漑用水が
ようしゃなく流れ込んできます。
有機JAS農家にとって、大きな問題が山積しているのです。

これの問題を武造さんは、自分だけの問題とは捉えず、
日本の農業全体の問題として見つめてきました。

武造さんが、考えた出したのは、とてつもない、
すばらしい「高齢化農業への挑戦」なのです。

それは、稲と大豆のように1年置きに連作できる「不耕起V溝乾田直まき方式」。

耕さず、籾を直播することで、田植えなしで人手不足を解消できる、
この方式は、青森県の モデル農場として、注目を浴びています。

実際に、多くの農業士の方に説明をするために、県内外を飛び回っているのです。
武造さんが考え出した、「不耕起V溝乾田直まき方式」に関心のある方は、
イーエムジャパン 0467-45-4185(高橋まで)にご連絡ください。

武造さんの産地訪問「有機農法を次世代へ」はこちら

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。
イーエムジャパンネット通販店長 高橋
★TOPへ戻る>>>