EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > EM米(送料無料)[北海道・青森・新潟コシヒカリ・北陸] > ◆新潟産コシヒカリ◆有機JAS米:ブナのいのち

★新米のご予約承り中!
<有機JAS認定>新潟産コシヒカリ◆米袋に輝く有機JASマークは信頼の証!



厳しい冬が訪れると朝日村(現在は村上市)の山間部、磐梯朝日国立公園には何メートルもの雪が積もります。 この雪はやがて溶け出し、公園内に生い茂る広大なブナの原生林の落ち葉が作り上げた腐葉土の養分を たくさん含んで棚田へと向かいます。 この、どこまでも純粋でミネラル豊富な美味しい水、そしてそれを受け止める水田を農薬、化学肥料で 疲弊させてしまっては、今世間で言われている食品の安全性だけでなく、当地域の、本当の自然、水の すばらしさ、そこから生まれて来るお米の純粋な美味しさを伝えにくいのでは・・・?と貝沼純さんは、考え、 農薬、化学肥料を一切使用せず、有機質肥料にEM(有効微生物群)を組み合わせた有機JAS認証栽培の米づくり(ブナのいのち)を しています。


EM栽培の新米ご予約承り中




◆極上の有機新潟産コシヒカリ新米を予約しよう!
農薬、化学肥料を一切使用せず、有機質肥料にEM(有効微生物群)を組み合わせた有機JAS認証栽培米作りを している貝沼純さんの棚田。有機質肥料には米ぬか、魚カスをEMによって発酵させたEMボカシを用い、 生長に役立つ微生物を利用した栽培法で生産。ボカシを施用した水田では糸ミミズなどの生物が大発生し、 土が動き、盛り上るような印象を受けます。水田近くの牛糞堆肥にカブトムシの幼虫がもこもことたくさん 動いているのは偶然でしょうか?



「良い農産物は良い土壌から生み出される。」というが、こんな美しい農地があるでしょうか! しかし、この美しい農地には貝沼さんたちスタッフの苦労の連続のたまものなのです。真夏は膨大な農地の 草刈で、岩塩を舐めながら、水を補給しながらの作業。1日で何キロも減るほどのきつい作業なんです。



苦しい作業を支えるのは、生産者、消費者双方の健康を心かけた栽培管理をモットーにしている 貝沼さんの強靭な意志と農薬への不安からかもしれません。(生産者はある意味で、消費者以上に農薬におびえているのです。) EM農業士さんのほとんどが農薬で健康を害したことがある生産者さんを多く知っているからです。



有機農法での米作りは、 除草剤や、農薬を使う慣行栽培とは比べ物にならない程、膨大な手間、暇、資材代がかかるため、価格は少しだけ割高ですが、 多くの生物、微生物、そして生産者と共に伸び伸びと育ってきたこのお米には価格以上の価値があります。 このブナの森の水で育ったこの有機米は 決して、他では手に入りません。それほどの価値のあるお米なのです。



農繁期には若いスタッフも寝込むほど、連日、重労働の作業が続きます。そんな中、貝沼さんは空を見上げます。 そして、「青い空、ツバメが飛び交い、内、外、共に賑やかだなと思えば、夏の風物詩、蛍が心のなごむ光を見せてくれ、 この農法の楽しさを教えてくれます。」と。有機農業を続ける勇気と貝沼さんの誇りに心からエールを送ります。



磐梯朝日国立公園内の ブナの森に降り注ぐ恵みの雨が、美しい滝になって棚田に恵みをもたらします・・・。



ブナの森も、湧き水も、花も、風も、朝日村の一部で、限りなく美しい!



ブナの森から染み出た水が湧き水となって流れおちる、そのまま山から棚田に流れ込む。



多くの命を育むブナの森、その森の水でブナが育ち、そのミネラルたっぷりの湧き水が稲を育てる。 この湧き水で育ったお米が美味しくないわけがない!昔から、息づいてきたブナの森の大地と天からの 恵みの雨と朝日村の風とお日様の恵みと貝沼さんの愛情で育った「ブナのいのち」召し上がってみて下さいね。


★新米ご予約承り中!
<有機JAS認定>新潟産コシヒカリ:超人気銘柄:数量限定の為、売り切れ御免商品!



みなさん!稲の花です!出穂が起き始めて2〜3日で,穂の全体が姿を現すと,穂の先端からイネの花が咲き始めるのですが、 イネの花がさいているのは天気の良い朝の9時ごろからほんの数時間のあいだだけなんです。 なんと、貴重な瞬間!すごく、神秘的ですよね。


EM栽培の新米ご予約承り中




◆米袋に輝く有機JASマークは信頼の証!



有機JASマークは、無農薬栽培の農産物にだけつけることが許された、さん然と輝く「証」です。 苦労して育てられた、有機JAS認定米「ブナのいのち」は、 1年を通じて、夏の高温、梅雨の湿気などによる品質低下から守るため、収穫された玄米は全て専用の 湿度も温度も一定に保たれた低温倉庫(有機JAS認定室)にて保管されています。



又、精米も、お米の美味しさを損なわないよう、作り置きを一切行なわず、お客様から注文をいただいてから 精米する方法をとっています。精米機も有機JAS認定米専用のものを使用します。(特別栽培米など と混じらないように)県のお役人さんが有機JAS認定の許可申請の前に、監査に来るんですよ!



だから、1年中、美味しい玄米を、つきたての七分米・白米をお届けできるんですね。



もう、15年前になるでしょうか。初めて、朝日村を訪問した際には、驚きました。農地が黄金色で ゴッホの油絵のようでした。イネが風にそよいで、歌を歌っていました。若い20代の農業士だった貝沼さんも 今では40代に。堂々たる、農場主です。そんな、貝沼さん、 数年前から、EM菌の葉面散布、流し込みをさらに増量し、良食味、お米が持つ生命力向上の追及、 育土(良い農産物は良い土壌から生み出される。基本はあくまで土という考え)をモットーに 米づくりを続けています。



なのに、苦労して育てている稲が美味しく実る頃、毎日のように、野生の猿やイノシシ、鹿など、 多くの生き物がこの美味しい稲を食べにやってくるそうです。 ほんとうに大変なことですね。



そんなブナのいのちの産地だからこそ、おいしいお米ができるんですね。そして、美味しさの ヒミツは、この美しい黄金色の棚田が、標高の高いブナの山のふもとにあるからです。



新潟の海からの湿った 空気がブナの山にぶつかり、恵みの雨をもたらすからです。 この有機米は決して、他では手に入りません。それほどの価値のあるお米なのです。

EM米はEMボカシやEM活性液を活用し栽培したお米

◆送料:無料(沖縄・離島は別途送料加算)


Q■大事なお米をより美味しく食べていただくためには?

1)保管場所は高温・多湿・臭い(灯油など)を避ける。
2)精米後の糠に虫がわきやすいので、玄米で保存する。
3)七分・白米は最小限の保管がベスト、夏場は冷蔵野菜室に。
4)出会いの水を95%吸うので、はじめに浄水ですばやくとぐ。
5)新米は水を少なめに、夏以降は10〜20%増しの水加減。
6)夏は30分、冬は最低120分おき、十分水を吸わせて炊く。
7)炊き上がり後、ふんわり混ぜ、余分な水分を逃がしてふっくら。

Q■ご注文から出荷までの工程は?

農家さんは日々耕し、雑草を刈り、水管理、ボカシづくり、EM活性液の流し込み、種籾撒き、水入れ、 田植え、台風などの自然災害に耐え、夏の雨や気温に一喜一憂しながら、秋の稔りを待ちます。
有機農家では9月〜10月にかけて収穫された全てのお米は、湿度・温度を1年中、一定に保つ室にて 籾のみを取ったものを保管しています。
ご注文つど、室から出して常温に戻し、玄米はゴミや石を取り除く調整、袋詰めされ出荷。七分・白米は石 ・ゴミをふるいにかけてはじいた後、それぞれ精米されて出荷されます。 特に有機JAS認定は検査がきびしく、JAS認定以外のお米が混入しないように、精米機も別々にな っています。
日本のお米総生産量のたった0.1%の有機JAS認定米! この貴重な安全でおいしいお米を丹精込めて育て、ご注文があってから、調整・精米したてのお米をお届け いたします!
(農繁期、雪など天候によりお届けが遅くなる場合もございます。)

<送料とお支払いについて>
●新米のお届け時期は収穫・検査後の為、10月末〜11月中旬となります。
●銘柄によりお届けにお時間がかかる場合もございます。
●商品のお届けは日本国内に限らせていただきます。
●お米は送料込み価格で送料が発生しません。
●沖縄・離島へのお届けは別途送料が加算される場合がございます。
●予約商品はすぐには出荷致しませんのでご了承ください。
●「通常商品」とは同梱不可の為、別々にご注文ください。
●お届け先が請求先と異なる場合は代金引換システムをご利用頂けません。 ギフトの場合はクレジット決済でご注文ください。
●天候や天災によりお届けが出来ない場合もございます。
※送料・配送・お届け日についてのお問い合わせは下記まで
※配送サポートセンター(0120-57-4142:永井まで)