EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > em活性液の作り方 > 塩活性液の作り方

EM活性液の作り方 ガーデニング&家庭

菜園 青空宮殿レポート


★塩活性液って知ってます?

EM家庭菜園講座:塩活性液の作り方!(海水EM発酵液のつくり方:海水がないときで作ります)



EM(EM菌)とは、もともと自然界にいた微生物(乳酸菌、酵母、光合成細菌など)を 組み合わせ、共生できるように、沖縄琉球大学の比嘉教授により開発された 「善玉菌の微生物」のことです。今、この微生物の培養したEM活性液とを活用した栽培方法が話題です! 沖縄の比嘉教授の青空宮殿での実験から伝授された最新のEM技術ですから、試してみません? もともと、は大地のミネラルとして、海が出来る前に地球にあったもの。海の水がなぜ、辛いのか? 太古の昔、雨で大地から染み出てきた(ミネラル)が流され、川となり海に流れ込んだからなんです。 って、もともと、大地のものだったのです。だから、大陸のど真ん中に、 隆起した場所に岩が存在しているのです。


塩を使ったEM発酵液とは?


今、EM園芸マニアの間で、話題の海水EM発酵液!でも、海水なんて無理!と言う方に、朗報です! なんと、台所にある食塩や天日塩で、同じ効果の 「塩活性液」が作れちゃうのです! さっそく、EMジャパンの園芸スタッフが塩活性液づくりに挑戦してみました! EM活性液や米のとぎ汁発酵液と同じく、とても簡単でしたから、試してくださいね。

塩活性液をつくるのに準備するもの


<材料>(2リットル分)
@2Lのペットボトル
A水(浄水または置き水1200ml・お湯:700ml)
B善玉菌のエサ 30g
CEM1号 40ml
D30g



EM+塩活用の発酵液=塩活性液を培養してみよう。

塩活性液の作り方


塩は普通の食塩でも天日塩でもOKです。



30g計ります。



水と塩30g入れます。



混ぜて溶かし塩水を作ります。



ペットボトルに塩水を入れます。



そこに善玉菌のエサを入れる。



今回は善玉菌のエサを使いましたが、もちろん、糖蜜でもOKですよ!。



EM1を40ml計っておく。



EM1号40mlをペットボトルの中に入れる。



ペットボトルをさかさまにして、よく混ぜます。



のこり、1/3のお湯を注ぐ。



再び、逆さにしてよく混ぜます。



塩活性液(EMと塩活用の新しいEM活性液)の出来上がりです。 4〜5日経ったら、PHを計ってみましょう。3.5以下でしたらOKです。

EMボカシの作り方 ガーデニング&家庭

菜園 EMダンゴの作り方


塩入りEM発酵液の使い方


【日常管理】  野菜の場合:50倍以上希釈して株元のまわりに散布
 果樹の場合:5倍以上希釈して根元のまわりに散布
(注)土壌が乾燥している状態の時は100倍以上希釈して使用する。

【病害虫対策】
 20〜50倍に希釈して葉面散布
(注)病害虫予防の場合、原液だと葉が枯れるため、ネギや葉肉の厚いものは、20〜50倍 に希釈して散布する。作物によっては、葉面散布3時間後に真水を散布して洗い流す。

【除草剤として】
 原液を雑草に散布
(注)畝と畝の間や作物からはなれた場所にまく。 雑草対策に、塩活用で塩と併用でもEM青草発酵液も併用すると効果的です。


塩活性液のQ&A:よくある質問?


Q&A:よくある質問?

Q:どんな塩を使うといいのですか?
A:培養に使う塩は、普通に販売されてる安い塩でOKです!

Q:なぜ、EM活性液や米のとぎ汁発酵液に、塩を加えるといいのですか?
A:EMの有用微生物と塩の微量ミネラルを同時に農地に供給することが出来て、 土を豊かにし、元気な作物に育てることができるのです。

Q:塩を入れても発酵しますか?

A:はい、EMは発酵して良いEM活性液をつくつことができます。 塩を入れた培養液では雑菌が繁殖しにくいため、EMの有用微生物が優占して 、発酵して増えていきます。そのため安定的に品質の良いEM活性(発酵)液を作ることができます。 塩を使えば、培養時にフタを完全に閉めていなくても(密閉できない状況でも)培養可能です。

Q:塩活性液でEMボカシは作れますか?
A:はい、EM活性液と同じく、作れます。

Q:塩分が残って、作物に塩害などの影響はないのですか?
A:塩分は微生物の働きによって、植物に害を与えず、生長を促すものに変化していくので、 EMを使用している土で使用するのであれば、塩害の影響はでません。 (注)使い方の注意事項を参照ください。

Q:塩活性液を使うと、土壌はどう変わるのですか?
A:土はふかふかになり、雑草もとても抜きやすくなります。

Q:塩活性液はどんな作物に向いていますか?
A:サンシャイン農場では、トマト、インゲン、小松菜、二十日ダイコンの4品目の作物 に、海水EM発酵液(塩活性液)を活用、どれも素晴らしく生長しているそうです。



◆詳しくはEMってすごい!
em活性液の活用事例<一覧>