EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 2016年、EM研究所へ行ってきました!


◆EM研究所に行ってきました!




H28/10/21(金)総勢18名、静岡のEM研究所へ!

◆EM菌が培養されている工場内に!



黒田社長さんがEMEMWの6000Lタンクがずら〜っと 並ぶ工場の入り口で出迎えてくださって・・・



EMタンクの前での説明に、真剣にメモを取って、聞き入る参加者の方々でした。たしかに、 お酒や、お味噌やお醤油を醸造している蔵に入るときは、神聖な場所、特別な場所に入らせてもらう んだという感じがしますよね。



長年、EM菌(有用微生物群)がここで育ってきていると思えば、 このEM研究所の工場が特別な場所なんだ・・・という思いが強くしました。

◆EMWの生絞り体験!



EMWのボトル詰め作業の見学後(撮影禁止でした)、空の容器をもらって、再び、大きなタンク前に 集合!そうなんです!これからお待ちかねの・・・



そう、これが、今日のメインイベントのひとつ!「EMWの生絞り体験!」



直接、6000LものタンクからEMWを500ML分、容器に詰めれる体験なんて、そうできるもんでは ありません。みんな、うれしくって、たまらない様子ですねぇ。



こぼさないように、慎重に!!!でも出来るだけ、たっぷり注ぎたい???



順番待ちもわくわくドキドキです。人が絞ってても、自分ごとのように心配?



ちょっとタンクの絞り口が高い位置にあるので、気をつけて!



◆生きているEM菌を見る!



生きたEM菌(乳酸菌・酵母・光合成細菌など)を顕微鏡で見たり、身近な乳酸菌や納豆菌などとの 形のちがいや、色、ニオイ、自然界に存在する場所など、いろいろなことを教えて頂きました。



また、EM活性液や糖蜜、微生物のエサなどの使い方や、phのこと、 生きたEM菌の上手な培養の仕方とEMの発酵分解の力についての講義がはじまりました。



顕微鏡で動いてるEMがスライドに映し出されて、主な微生物、乳酸菌や酵母の形がよくわかりました。



微生物ごとに、自然界から採種し、抽出、培養して、有用な微生物だけ複合微生物集団を培養液と してタンクの中で培養しているということでした。



◆光合成細菌はドブのニオイがする?



EM2号や光合成細菌などの色や働きのちがいについても勉強。



においをかいでみました。なんと、光合成細菌ってドブのニオイがするんです。



たしかに、水辺のコケが生えてるようなところ、池や溝のニオイがしました。実際、自然界の 池や沼、溝などの苔や藻が発生する場所に存在しているのだとか・・・。



EMWのストレートタイプの消臭テストも行いました。アンモニアを入れたペットボトルにEMWのストレート タイプを入れて振り回すと?効果は?





臭気テストの結果は、ご覧のとおり!数値でわかるようになっています。

◆電磁波対策セミナー!



電子レンジやホットカーペットやパソコンの電磁波がどのくらいなのか? どうしたら、有害な電磁波から健康を守れるのか?目の前での電磁波の数値が0に近づく方法を見せられて みなさん、興味津々でした。



お別れしがたく、とても貴重な2時間でした。最後にみなさんとEM研究所の社長さんと一緒に記念撮影!



沢山の方が、聞きたいことがたくさんあって、質問したいことが一杯!でも、でも、 時間がすっかりオーバーして、EM研究所の皆さんのお昼時間まで食い込んでしまいました。 最後まで、お世話かけっぱなしで、ご迷惑をおかけしました。本当に皆様の温かいおもてなしと 教えて頂いた知識は、これからの私たちの心の中で、どんどん培養されて、 EMみたいに増え続けていくと思います。 本当に、ありがとうございました。

◎10/23:EM研究所&丁字屋&みかん狩り
◎EM研ツアー参加者のお声はこちら