EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 2016年、EM研究所へ行ってきました! > EM研究所&丁字屋&みかん狩りツアー(H28年10月21日)


◆丁字屋でとろろ飯を頂きました!




東海道膝栗毛にでてくるような丁字屋



慶長元年創業、現在、14代目なんだとか・・・。店内には浮世絵や当時の様子のわかる品々が・・・。



東海道丸子宿として400年のとろろ汁の味と文化が味わえます。



◆これがお目当てのとろろ飯

梅わかな 丸子の宿のとろろ汁 松尾芭蕉



芭蕉も食べたとろろ汁、麦ご飯のうえにとろろをかけて食べます。



お味噌汁のなかにたたみいわしが入っていて美味しいです。



宿場町は鎌倉時代よりも以前に、すでに1189年ころにはあったとか・・・



源氏や戦国時代の武者や、江戸の大名行列や維新の志士たちが通った道なんですね。

★EM研究所工場見学はこちら


◆秋沢園でミカン狩り!




丁字屋でお昼を頂いた後、ミカン狩りのあきさわ園へ向かいます!

◆樹齢300年のみかんの原木

小田原市明沢地区でのみかん栽培の歴史は、約300年近くになります。 江戸中期の豪商、紀伊国屋文左衛門(〜1734)が紀州より、みかんの苗を運んできた事から始まります。



現在もあきさわ園には推定樹齢300年くらい(2012年玉川大学山岡好夫先生による年輪鑑定)の みかんの原木が現存してるんだそうです!すごいですね!



みかん山に登ってきました!けっこうなさか道でした!



現在、秋沢園ではおじいちゃん、お父さん、当主、小さな息子さんと4代にわたってみかんを栽培しています。



あきさわ園では、以前より、極力農薬を使わず、EM栽培で安心して丸ごと食べられる、みかんの生産を始めていました。



おいしいけど、何個も食べるとおなかが膨れちゃうんだよね。



くるくるっと回して取るといいのよね。



このミカン、おいしいわぁー!!



この樹のミカン、甘いですよー♪



おいしそなのを選んで選んで!!!



夕方になってきたので、寒くなってきて、冷たいミカン・・・!



300年もの長い間、みかんの栽培は代々引き継がれてきました。この室も代々引き継いでるそうです。



熟成室の入り口前で、この青いトラックが大活躍!!!



夕方、山は4時半には暗くなってきて、寒くなってきました。 おみやげに自分でもいだミカンと柿も頂き、本当にありがとうございました。 とっても楽しかったです!たのしい、お話とおいしい蜜柑を頂き、 秋沢園さんに、感謝です!

★2016年EM研究所見学はこちら