EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 大豆100粒運動に参加しよう! > 大豆100粒運動とは?


大豆100粒運動とは?


日本人が昔からみそや しょうゆなどに加工してきた大豆の自給率が近年、5%ほどにまで落ち込んでいることに 危機感を覚えた料理研究家の辰巳芳子さんが、約10年前に提唱した「食育」活動。 子どもの手のひらいっぱいに大豆を持つと100粒ほどということにちなんだ。 全国の小学校に呼びかけ、子どもたちが自分で大豆を育て、 食べることで、食の大切さを学んでもらおうというのが、「大豆100粒運動」です。



EM農業士 福士武造さんも大豆100粒運動に賛同、地元の小中高生に大豆栽培指導中!
子どもの手のひら一杯の大豆はおよそ100粒。100粒の大豆から3キロの大豆ができ、6キロの味噌ができます。 現在、日本の食料自給率は40%、大豆は5%。高い栄養価に加えて、日本の食文化における大豆の価値。 つまり、ひとむかし前の人々が抱いていた大豆への思い、 その心根こそ宝物・・・なのに、「食」を取り巻く環境が過去に例を見ないほど 厳しくなっています。子供の手のひら1杯ぶん、100粒の大豆から日本の 食文化を見直し、立て直していこうというのが「大豆100粒運動」の願いなのです。 大豆100粒運動会長、辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画「天のしずく」 にも出演した、 福士武造さん(78歳)は、岩木山を望む青森市の17haの広大な土地で、 と大豆を栽培する篤農家。



武造さん、明宏さん親子、小野田恭介さんたちは、将来の日本の食問題に警鐘を鳴らす、 辰巳芳子さんの大豆100粒運動に賛同、 大豆100粒運動を支える会のリーダーとして、地元青森で「青森大豆だより」を発行、更に青森県内の 農業高校の生徒さんや、地元の小学生に、土地を提供し、大豆の植え方、育て方を指導しています。




大豆100粒運動を支える会で活動中!


◆大豆畑を子どもたちに開放・・・。




日本の篤農家、福士武造さんをご存知ですか? 大豆100粒運動会長、辰巳先生のドキュメンタリー映画「天のしずく」の冒頭に出てきた青森 の田んぼの稲の生産者さんです。



武造さんは地下灌漑法を活用し、飼料米の不耕起直播栽培にも取り組んでいます。 今後は直播の飼料米と大豆の田畑転換により、飼料米10a当たり収量700kg、大豆は300kgが目 標にしているとか。



「安定して大豆が収穫できれば、転作作物として地域ぐるみで生産できる。大豆の自給率も 上げられる。 まず大豆で試してみたのですが、ほかの作物でもいけるでしょう。作物に幅が出れば、地域 の特産品も生まれるかもしれない」 津軽の大豆畑に種をまいたのは、地元の青森の小学生。 武造さんは、料理研究家の辰巳芳子さんが提唱している「大豆100粒運動」の賛同者として、 大豆畑を子どもたちに開放しています。 種まきから4カ月半。収穫も種をまいた子どもたちにしてもらうという。



食糧自給率は日本は39.9%。地方と都市部の格差もすごいのです。 北海道や東北は%を超えていますが、東京・大阪・神奈川は1〜2%です。



武造さんは、稲の収穫も、子どもたちや一般希望者に、コンバインで体験させている。 「もう手で刈る時代じゃない。今のコンバインは子どもでも扱えるほど操作が簡単になった。 子どもや若い人たちがそれを知っていれば、やがては新規就農を考えてもらえるのではないか」
日本でつくられている米は700万トン、反面、廃棄されている食品は600万トンあるといわれています。 これから、日本の「農業人口」は減少の一途。主食のお米の作り手さえ、心配な昨今。 日本の将来の「食」の安定を、子供たちの未来をよりよくする為に、あなたも大豆100粒運動に参加しませんか?

◎H29/4/4: 辰巳芳子特別講演会のお知らせ


大豆100粒運動のこと調べてみました!




料理研究家の辰巳芳子さんが、約10年前に提唱した「食育」活動「大豆100粒運動」












大豆100粒運動会長の料理家辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画 [ 4 ]< A NAME="天のしずく" >天のしずく< /A >
★他のイベント情報⇒ [ 1 ] [ 3 ] [ 2 ] [ 4 ] [ 5 ][ 6 ] [7] [8] [9] [10] [11]



この映画は、料理家・辰巳芳子さんの作る料理と言葉を通じて描くドキュメンタリー作品―― 「食べること」、「生きること」そして「大切な人を想いやること」を、改めて問いかけます。



「食物」の自給率の低い日本。今、日本の「食」が、「農業」の進むべき 「道」が問われている今こそ「生きる=食べる」をもっと、真剣に考えよう!と・・・。



鎌倉の草木、青森の稲、瀬戸内海の海が限りなく美しく、日本の自然と食が大きく かかわっていることを静かに、そして力強く訴えている映画です。



〈シナリオ〉
日本の食に提言を続ける料理家・辰巳芳子。 彼女が病床の父のために工夫を凝らして作り続けたスープは、やがて人々を癒す「いのちのスープ」 と呼ばれるようになり多くの人々が深い関心を寄せている。いのちの始まりに母乳があり、 終わりに唇をしめらす末期の水がある。人の命は絶えることのない水の流れに寄り添って健やかに 流れる。映画で描かれる、辰巳芳子のスープにも長い物語がある。

調理以前は、海・田畑など日本の風土が生み出す生産の現場。 調理後にはスープを口にする家庭や施設、病院など多様な人の絆が見えてくる。 脳梗塞で倒れ、嚥下障害(えんげしょうがい)により食べる楽しみを奪われた父。 その最後の日々を、母と娘が工夫した様々なスープが支えた。 それがいのちのスープの原点だった。

映画では、スープを作り出す食材を作り出す全国の生産者。 彼らは作物への誠実な志を持ち、辰巳さんに食材を提供する。 旬の作物を育てる繊細で美しい自然風土。そしてそれぞれの素材が性質を生かし、 喜ぶように丁寧に調理する辰巳芳子。幼児から老人まで、スープを口にする人々の姿。 それぞれが交響曲のように、いのちの響きを奏でていく。 ここで描かれるスープの物語は、辰巳芳子が唱える、食を通して見えてくる 「いのちと愛」への道筋を示してくれる。(監督・脚本 河邑厚徳)


監督・脚本 河邑厚徳(かわむら あつのり)
映画監督。元NHKドキュメンタリー番組ディレクター/エグゼクティブ・プロデューサー。『シルクロード』『エンデの遺言』『世界遺産プロジェクト』などのドキュメンタリー作品で新しい映像世界を開拓し、知の冒険を続ける映像ジャーナリスト。

ナレーション 谷原章介(たにはら しょうすけ)
朗 読    草笛光子(くさぶえ みつこ)
音 楽    吉田潔(よしだ きよし)


★イベント情報 [ 4 ] 大豆100粒運動会長:辰巳芳子さんの映画「天のしずく」
★他のイベント情報ページ⇒ [ 1 ] [ 3 ] [ 2 ] [ 4 ] [ 5 ][ 6 ] [7] [8] [9] [10] [11]

H25/4/26:鎌倉上映会





◆[天のしずく]に出演の農業士さん
■青森県のEM農業士 福士武造さん

武造さんは、青森の有機JAS認定農業士さん。
農業従事者の高齢化により、日本の農業の行く末を、だれよりも案じている人です。早くから 辰巳芳子さんの大豆100粒運動に賛同して、青森地元の小学生・高校生に土地を提供、大豆の 栽培方法を指導している。




★日本の農業の行く末・・・
「日本という村に100人、村人がいるとすると、40人しか食えない状況ですよ。
残りの60人はよその村から、食物を買わなければならないんですよ。
村人100人のうち、3人だけが、米を作っている。
その3人のうち、2人は65歳から75歳です。
あと、5年もすれば、その2人は70歳から80歳。
もう、米を作れない年ですよ。
今、どうにかしなければ・・・・!」(福士武造さんの言葉より)


武造さんが推奨している、「不耕起V溝乾田直まき方式」に関心のある方は、イーエムジャパン 0467-45-4185(高橋まで)にご連絡ください。



★映画に出てくる武造さんの 玄米10kgはこちら
★安心のEM栽培を年間定期便で武造さん白米5kg×6回
★武造さんの古代こまち<一覧>はこちら
★お得で便利な年間お米の定期便「赤とんぼクラブ」はこちらへ