EM活用の味噌・醤・きび糖・青汁,蘇生海塩,米,蘇生茶,有機海苔,焼酎,もろみ酢などの自然食品

EMショップ > 食品[EMXゴールド・塩・味噌・海苔・きび糖]

EM販売・EM・X GOLD通販(emxgold500mlは1本でも送料0円)・em情報のことならイーエムジャパンへ!



こだわりのEM安心、安全の食品

■EM活用の健康食品・有機茶・オーガニック酒■
兼田さんの 元気のり蘇生海塩GOLD 有機JAS認定茶、幻の米焼酎 豊永蔵◆食品のギフトセットはこちらへ。

52 件中 1-40 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ

EM・X GOLD 200ml

EM・XGOLD200ml

2,263円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る
EM・X GOLD 500ml

EM・XGOLD500ml

おすすめNEW!!送料無料

4,628円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

手仕込みそ[ 700g ]

手仕込みそ[ 700g ]

おすすめNEW!!

1,150円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る










EM蘇生きび糖 500g

EM蘇生きび糖 500g

NEW!!

906円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る
調味たれ(500ml)

調味たれ(500ml)

669円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る






EM蘇生カレー

EM蘇生カレー

617円(税込)

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る




52 件中 1-40 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ


熱中症の私を救ったのはスプーン2杯の塩でした!

こんにちは!
イーエムジャパンHP担当の高橋万里子です。
先日の8月11日、私は、初めて、熱中症になる寸前の怖い体験をしました。
NEWSでご存知の通り、8月11日、日本は、甲府、高知で40度以上を記録、災暑列島。

そんな中、お盆で来客が来ていたので、三浦半島を案内。
真夏の観光を続けましたが、エアコンはきかず、駐車場は炎天下。
お茶やジュースを頻繁に飲んだのですが、汗は流れっぱなしでした。

自宅に帰ってからが大変でした。
この丈夫で、疲れ知らず、夏大好き人間の私が、とにかく、だるい!疲れた!気分が悪い!
ソファーに倒れた後は、記憶にないほど、最悪の「症状」。
その上、その夜は、日本全体がかって経験したこともないような出来事が続いていました。
深夜0時を過ぎても、30度以上という、記録的な超熱帯夜。
我が家は数年前、エアコン故障を機に、省エネを宣言!だから、エアコンなし!
逃げ場もなく、30度のお湯の中に、何十時間も浸かっている状態でした。

水分補給し、アイスノンで頭や体を冷やしても、具合は最悪でした。
深夜の3時に汗ぐっしょり、「これは危ない!」と本能的に感じました。
もうろうとしている中、なんとか、助かりたい一心で頭に浮かんだのが「塩」でした。
きっと体が欲してたのでしょう。
ステンレスポット(750ml)に水と氷を8分目いれ、EMXGOLDを30mlと蘇生海塩を2さじ 入れ、よく振ってからコップに。

いつもは1杯で、スポーツドリンクのような喉越しで、すーっとカラダに沁みていくのですが、今回は お吸い物のような塩加減。倍入れてみたのです。
これが、最高に美味しくて、飲んだ瞬間にわかりました。「あっ!助かる!」と直感!
すぅっと、喉を通り過ぎた瞬間に、カラダの無力感が消え、優しい力と安堵感が沁みこんでいきました。
横になると、不思議と寝苦しさも取れ、気分がよくなり、頭痛、疲労感が消えていきました。

1時間おきに、コップ1杯飲んで、4時間おきに、新しいEMXゴールド+蘇生海塩ドリンクをつくり、枕元へ。 12時間後の午後には、すっかり、体調が戻っていました。
助かったのです。スプーン2杯の塩入りEMXGOLDドリンクが体内の血液の濃さを元通りにしてくれたのでしょう。 一時は救急車でも呼ばなくてはいけないかもと思ったほどのはじめての怖い症状でした。

今も、スプーン2杯の塩と30mlのEMXGOLDドリンクは続けています。
今日は、8月14日、まだ3日しか経っていないのに、体調は快調!元気に!
でも、この怖い経験は、二度としたくありません。
気温が30度したまわるようになるまではスプーン2杯を続けてみようと思っています。
みなさんも、気をつけてください。水だけではだめ、いつもと同じではだめ!
いつもより塩加減を濃くして、この災暑を乗り切ってくださいね。
少しでも早く、この怖い体験と熱中症対策をみなさんにお伝えしなくてはと・・・。
お大事に、元気な私も倒れる、猛暑です。くれぐれもご自愛くださいね。

そして「お塩」をとにかく忘れずに!

H25年8月14日 高橋万里子