EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 廃油で石けんづくり

☆天ぷら油や揚げ物をした後の廃油にEMセラミックスを入れてEM石けんを作ろう!
◆EM石けんを作ろう!



★廃油でEM石けんづくり

★天ぷらや揚げ物などの廃油でEM石けんをつくろう!

天ぷらや揚げ物などの廃油は、化成ソーダ(水酸化ナトリウム)を加えると石けんとして再利用する ことができます。今回は、これにEMセラミックスAパウダートEMWを入れて、EM石けんを 作ってみました。 EMやEMセラミックスパウダーを混ぜると、反応速度と抗酸化力がアップして、洗濯や肌に優しく、 排水は水を浄化する力がある、良質なEM廃油石鹸が出来るんです。 廃油ゴミを減らして、EM石けんを使うことで、川も、海もきれいになりますし、 石けんも買わなくてすみますから、ぜひ、つくってみてくださいね。



簡単なので、すぐ作れますよ!


使った天ぷら油、捨てないで!石けんつくってみよう!


この方法は、小さな容器で簡単に作れるところが魅力です。天ぷらの後の廃油で作れますので 、 ぜひ挑戦していただきたいと思います。 ◆お問い合わせは0467-45-4185(イーエムジャパン:村越まで)

★必ず、窓を開けるか、換気を充分な場所でつくってください。
★安全の為、防御めがねとマスク、長袖、長ズボンで作業してください。



材 料


・ 苛性ソウダ(水酸化ナトリウム)45g
・ 水100cc
・ 廃油330cc
・ EMセラミックスAパウダー10g



EM石けんの作り方




材料をそろえ、量っておく。



手袋を着用、容器に苛性ソーダを入れる。



水にAパウダーを溶かしておく。



苛性ソーダにAパウダーを溶かし入れた水をいれる。熱と悪臭が発生します。



冷えたら、廃油と混ぜます。



10分間、混ぜ続けるます。



10分間後、とろんとしてきます。



ふたをして、3〜4日おきます。



固くなっていますので、容器から取り出します。

(注)苛性ソウダは薬局で450gで340円程度。購入するときは印鑑が必要です。


使う道具




■道 具

・容器(ペットボトルを半分に切ったものでもつくれます。)
・豆腐ケースまたは牛乳パックなど
・はかり
・計量カップ
・じょうご
・ゴム手袋(軍手)

____________________________

■作り方

@ 容器に苛性ソウダ45gを入れます。
A @にAパウダーを溶かし入れた水100ccを入れます。このとき、 化学反応で熱を出し、悪臭があります。 水をためた洗面器などで冷やします。このとき、ふたはしないでください。
B 冷えたら、廃油330ccと混ぜ、10分位混ぜ続けます。
C Bがだんだん、とろんとなってきたら、ふたをしておいて置きます。
D 3〜4日すると固くなりますので、容器から出します。
E 適当な大きさに切って、乾燥させます。固形せっけんの完成です。

____________________________

★必ず、窓を開けるか、換気を充分な場所でつくってください。
★安全の為、防御めがねとマスク、長袖、長ズボンで作業してください。

____________________________

※Aパウダー

<用途・特徴>
・接着剤や塗料に混ぜてご使用下さい。
・接着剤や塗料中に含まれている、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを  除去します。  (接着剤や塗料の種類により効果が異なる場合がありますので、初めてご使用に  なられる場合はご相談下さい。)

____________________________

<使用方法>
・接着剤や塗料に重量比で1.0%を目安として投入して下さい。

____________________________

<規格>
1袋500g入り・・・\1,050 (税込)

____________________________

<取扱上の注意>
・湿度の高い場所では保存しないで下さい。セラミックにカビが生える恐れがあります。
・直射日光が当たる場所や高温の場所では保存しないで下さい。袋が劣化する恐れがあります。

※Aパウダーのご注文はこちら

____________________________