EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > セミナー&イベント情報<一覧> > イベント情報 [1] 2011年11月〜

イベント情報 [ 1 ] 2011年11月有機農業映画祭⇒ EMフォーラム2011⇒有機農業塾⇒予防医学セミナー
★他のページもお探し下さい⇒ イベント情報 [1] [3] [2] [4] [5][6] [7] [8] [9] [10] [11]




▼「チェルノブイリから学んだお母さんの為の放射能対策BOOK 」 はこちら

国際有機農業映画祭も今年で5周年。2011年3月11日の出来事への思いを込めて、今年のテーマを 「それでも、種をまく」に決めました。ご一緒に歩みだしましょう。

>>>★国際有機農業映画祭2011!

◎2011年11月19日(土)〜20日(日)!
◎会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
◎時間:11:30〜20:00
◎参加費:1800円(1日券)
◎チケット購入:国際有機農業映画祭事務局

☆11月19日上映映画(11:30開場)
・セヴァンの地球のなおし方
・土
・祝の島
・ブッダの嘆き
・それでも種をまく(終了後:シンポジウム)
☆11月20日上映映画(10時開場)
・攻撃にさらされる科学者・農家から農家へ
・<再>それでも、種をまく・ダート!
・暴走をする生命(終了後:シンポジウム)
・ミツバチからのメッセージ
・わたしの農業体験(閉会挨拶)


※イーエムジャパンは国際有機農業映画祭に協賛しています。





※国立劇場おきなわ 〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4-14-1 TEL:098-871-3311

◆主催:EM研究機構
◆協賛:(株)EM生活・(株)サンバイオ
◆後援:名桜大学国際EM技術研究所
◆お問い合わせ:イーエムジャパン
(0467-45-4185)

EMフォーラム日程:11月19日(土)13:00〜

◆基調講演「予防医学とEM生活」
医療法人照甦会理事長:杉本一朗氏(13:00〜14:00)
◇EMXゴールドシリーズ
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr13 ◆EMでエコ家事ライフ「ハウスキーパーはアースキーパー」
重曹・酢・EMでエコ家事ライフ共著:高坂早苗氏
有用微生物の集まりであるEMを家庭で活用することで、環境に優しく 快適な生活空間を整えることができます。
◇<天然100%>EMW (イーエムダブルュ)500ml
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/gr4/35

◆「菌ちゃん、ありがとう!」子供と一緒に生ごみリサイクル元気野菜づくり
NPO法人:大地といのちの会理事長 吉田俊道氏(15:15〜)
教育現場で手軽に実践できるEM活用生ゴミリサイクルを紹介します。
◇EM生ごみバケツ・有機たねはこちら
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr3

◆パネルディッカッション「テーマ:災害対策へのEM活用」
東大震災で実際に活動されているEMボランティアの方をお招きし、災害対策でのEM活用をテーマにパネルディッカッションを行います。

<パネリスト>
比嘉照夫教授(名桜大学教授・国際EM技術研究所所長)
杉本一朗氏(医療法人:照甦会理事長)
足利英紀氏(三陸EM研究会代表)
菅原萬一氏(岩手コンポスト株式会社取締役専務)
平野勝洋氏(有限会社ひらの代表取締役)

◇EMによる放射能除染対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_49.php
◇EM技術による臭気および土壌汚染(塩害、ヘドロ、放射能)対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_41.php

◆比嘉教授の「EMフォーラム2011」総括講演
・EMによる口蹄疫対策で農林水産大臣から感謝状
・EM医学健康セミナー EM医学の検証「体験者の事例報告2010」
・EM活性液・EMだんごの投入
http://www.ecopure.info/rensai/teruohiga/yumeniikiru50.html

※比嘉照夫教授プロフィール (ひが・てるお) 1941年沖縄県生まれ。EMの開発者。琉球大学名誉教授。名桜大学教授、国際EM技術研究所所長。アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長、(財)自然農法国際研究開発センター理事、NPO法人地球環境・共生ネットワーク会長、農水省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長。著書に「地球を救う大変革@AB」「甦る未来」(サンマーク出版)、「EM医学革命」「新世紀EM環境革命」(綜合ユニコム)、「微生物の農業利用と環境保全」(農文協)など





★神奈川EM有機農業実践塾
EM特別講演会 2011年11月12日 講師:比嘉照夫氏

平成23年度「神奈川EM有機農業実践塾」は2月26日に藤沢産業 センターでスタートしました。「EM基礎講座」を兼ねて開催され、 「自然農法とEMとは」・「EMの農業への利用」・「EMの環境へ の利用」・「ボカシ作りの実践」など講師はEMネット神奈川の各理事が担当。 3月からは畑に入っての農業実践がありました。
春にお申し込み頂いた塾生の方は、11/12の比嘉照夫先生の講義を聞くことができます。
塾生の他に200名入れますので、関東・神奈川の方で、ご希望の方はお申し込みください。

★「EM特別講演会」お申し込み:0467-45-4185(イーエムジャパン永井)

東日本大震災救済!イベント・・・音楽で彩る環境配慮型農業と農的暮らしのマルシェ!
種まき実行委員会の実行委員長Yaeさんの呼びかけで、大地に感謝する収穫際開催! 実行委員会世話人代表はお母さんの歌手:加藤登紀子さん!共催:NPO法人全国有機農業推進 協議会、事務局:NPO法人:トージバ、ボランテイアも募集中です。
>>>★はじめる自給!・・・種まき大作戦!
◎EMJは「種まきファーマーズマーケット」に出店!
◎時間:10時〜16時
◎場所:噴水広場&にれのき広場
有機たね(各種)・自然のちから(EMW)EM1号などを販売!

>>>★EM1と有機種子で種まきはじめよう!
・有機種子 レモンバームはこちら
・有機種子 オークリーフレタスはこちら
・有機種子 ミズナ はこちら
・有機種子 マスタード(からし菜)はこちら
・有機種子 ミックスグリーン はこちら
・有機種子 ラディッシュ はこちら
・有機種子 ブロッコリー はこちら
・有機種子 ターサイ はこちら
・有機種子 ニラはこちら
・有機種子 ルッコラロケットはこちら

★日時:10月16日(日)AM10時スタート!
★会場:日比谷公園☆入場料:無料(雨天決行)
★種まきビックステージ(10:00〜17:00)ミュージシャン&スペシャルゲストのメインステージ
★種まきファーマーズマーケット(10:00〜16:00)全国の生産者の野菜を買って食べよう!
★種まき食堂&酒場(10:00〜16:00)オーガニック食堂や地ビール販売も!
マイ食器・マイ箸をご持参ください。ゴミ箱0(ゼロ)イベント!会場内、全面禁煙です!
★土と平和のトークステージ(10:40〜16:45)
☆10:40〜放射能と向き合う農業セッション・☆11:25〜危機にあるミツバチの世界セッション・☆12:10〜未来をつくる 新しい農村セッション・☆14:10〜微生物&発酵のすごい可能性セッション・☆15:05〜フクシマこども希望セッション ・☆16:00〜脱原発から100年の暮らしセッション
★種まきワクワクこども広場(10:00〜16:00)バンブーピラミッドが芝生広場に!
★種まきウキウキリズムランド(10:00〜16:00)太鼓・ガラクタ・手拍子でリズム!


第三世代になったEMXGOLD






<お問い合わせ先>
イーエムジャパン 0467-45-4185

講演会ご参加、ご希望の方は、メール・又は お電話(0467-45-4185)にて、イーエムジャパンまで、郵便番号・お電話・ご住所・お名前をお知らせください。
<資料>EM健康生活宣言

EMXGOLD資料送付、ご希望の方は、メールにて「健康生活宣言」希望!!と郵便番号・お電話・ご住所・お名前を お知らせください。 郵送にてEMXGOLD資料としてお送りいたします!
◆内容:特集/EMXGOLD
◆規格:A4サイズ×34ページ


1980年に誕生したEMは30歳となり、一般に販売開始から28年目に入りました。
EM発酵技術で、1994年、第一世代のEMXが誕生、2005年に第二世代のEMXリニューアル 、更なるEM技術の進歩で、2008年に第三世代のEMXGOLDが誕生しました。
30年の歴史を誇るEM研究の成果を込めて、お届けします。さあ、EMXGOLDで健康生活宣 言しましょう!
特に深く、EMXGOLDのご使用で、ご相談されたい方の為に、ホテルコスタビスタ沖縄に ある、EMウエルネスセンターの沖縄照甦クリニックにお問い合わせください。 EM専門の医師が対応できるシステムになっています。

■EM-X GOLDの安全性に係わる試験一覧
<ヒト試験>
・乳酸菌、酵母、光合成細菌発酵培養抽出成分を含む清涼飲料水(商品名:EMXGOLD)を 大量摂取した時の安全性の検討(CPCC株式会社)

<動物その他の試験>
・ラットを用いた急性経口毒性試験(日本食品分析センター)
・ウサギを用いた眼刺激性試験(日本食品分析センター)
・ウサギを用いた皮膚一次刺激性試験(日本食品分析センター)
・細菌を用いた復帰異変原性試験(日本食品分析センター)


EMXGOLDは発売開始から、1年余りで出荷量100万本を突破し、ドイツなどEU加盟国を 中心とした海外への輸出も伸びています。
近年、国内外において食品の安全に対する関心が高まり、お客様からも製品の安全へ の要望が高まってきたことから、更なる社内の食品安全管理のレベル向上を目指し、 2009年11月に国際的な品質管理認証「ISO22000」を取得しました。