有機農業、酪農、畜産、河川や海、ゴミ問題など環境活動に活用の微生物資材[EM]誕生秘話!

EMショップ > EM1は、比嘉(ひが)教授の研究室(沖縄)で誕生!

■EMは、1980年、比嘉教授の研究室で発見されました!■
EM誕生から、世界中で活用されている今日までのEMの歴史についておはなししてみましょう。




当時、琉球大学農学部の助教授だった比嘉教授は、研究室に123種類ほどに絞り込ん でいた実験済みの微生物を密封したまま、(微生物を密封容器に閉じ込めることは 常識外れとされてた。)数日、放置して出かけてしまいました。

戻ると、容器は膨張、中は白く混濁して、PH3.5をすでに超えていました。 微生物学の常識では、PH4近くになると、微生物はノーマルな活動ができず死滅 すると考えられていたのです。

しかし、信じられないことに、密封容器の中で、81種類、生きていたのです。 比嘉教授が微生物学専門でなかったからこその、幸運な「偶然の失敗」による発見。

これが、EMのはじまりです。




EM(有用微生物群)の特徴は、光合成細菌、乳酸菌、酵母菌、納豆菌を中心に、 お互いに安定して共生した状態を形成しつつ、かつ抗酸化のパワーをもっていて、 既成の微生物学の常識をはるかに超えた内容でした。

比嘉教授は、天才的勘で、将来、地球を救う「EM」の効果を確信、農業利用への 研究に没頭しました。

当初EMは、沖縄農業の神様と親しまれている名前「サイオン」と命名されました。 しかし、世界的に評価されEMの需要が広がっていく中、簡明な英語名が必要とな り、1982年には、「EM(Effective Micro-organsms=有用微生物群)」という名 前になり、EM1号、2号、3号として世に出たのです。

農業資材として普及しはじめた「EM」はまたたく間に、業界で注目を集めました。 しかし、EMのすごい効果は、農業だけにとどまらず、環境、工業、医療などのあ らゆる分野でも、多くの国で利用され注目を集めることとなるのです。




1900年末、世界中では、地球温暖化や、酸性雨、環境ホルモン、農薬が大きな問題 でした。
1997年に、比嘉教授は著書「地球を救う大変革」を出版。
EMで第一産業での生産を高め、貧困、病気をなくし、地域社会・環境を守り、国 を守り、地球を大事にしよう!という世界規模、地球規模の大改革を提言! 世界各国で翻訳、出版され、大反響をまきおこしました。
EMは今、世界54カ国でEMの製造がおこなわれて、EMが使用されていおます。 そのうち朝鮮民主主義人民共和国、ベトナム、ラオス、ミャンマー、ブータン、モ ルジブ、エジプト、シリア、ベラルーシの8カ国は、直接各国の政府機関と提携し、 事業を推進しているのです。

日本では、比嘉教授は、いちはやく、環境に負荷をかけず、河川の浄化、生ごみリサ イクルのバイオ資材としてEM活用を提言、実践し続けてきました。
2006年以降、市場でのオーガニック農業物の需要拡大に伴い、生産地でのEMの需 要も爆発的に拡大。
学校現場での「食育」「環境」教育も進み、自治体でのCO2削減「生ごみリサイ クル」事業への推進、無農薬栽培でのベランダ家庭菜園家のニーズによりEMが爆 発的に需要が増えている現状です。

2009年の宮崎県の口蹄疫予防にEMが効果を上げました。
2011年3月には、東日本大震災がおこりました。
こんなときだからこそ、復興のために、未来のために、子供たちのために、出来る 限りのことをしなくてはなりません。
比嘉氏は、EMでの除染、塩害対策を提言しています。
EM研究機構、EM研究所では、要請のあった自治体に対して、EM活性液を無料 提供することで、東北復興を支援しています。

◆エコピュア:比嘉照夫氏連載「夢に生きる」
各種情報提供はEM研究機構
EM無料提供についてはEM研究所


◆EMによる放射能除染対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_49.php

◆EM技術による臭気および土壌汚染(塩害、ヘドロ、放射能)対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_41.php



※比嘉照夫教授プロフィール
(ひが・てるお) 1941年沖縄県生まれ。EMの開発者。琉球大学名誉教授。名桜大 学教授、国際EM技術研究所所長。アジア・太平洋自然農業ネットワーク会長、(財) 自然農法国際研究開発センター理事、NPO法人地球環境・共生ネットワーク会長、 農水省・国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長。著書に 「地球を救う大変革@AB」「甦る未来」(サンマーク出版)、「EM医学革命」 「新世紀EM環境革命」(綜合ユニコム)、「微生物の農業利用と環境保全」(農文協) など

★農業・環境バイオ資材EMはこちら↓↓↓
http://www.emj.co.jp/fs/emjapan/c/gr2

有機農業、酪農、畜産、河川や海、ゴミ問題など環境活動に活用の微生物資材[EM]誕生秘話!

▼EM団子泣け(H26年7月21日:逗子海岸)