EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 農産物・産直便 > 有機JAS認定 はるみ<5kg>

★お届け先1ヶ所につき1件ごとにご注文ください。

◆EM栽培の柑橘類の特徴◆
◆有機の柑橘は力のある味と香り!


有機みかん園は毎日が雑草と害虫対策にあけくれる日々・・・ 愛媛の三皿園では EMを活用して、 レモン八朔甘夏なども有機栽培しています。
本物の有機果実を手に入れたければ、“有機JASマークをお探しください!”

有機JAS認定 はるみ<5kg>
有機JAS認定 はるみ<5kg>
有機JAS認定 はるみ<5kg>

愛媛県【三皿園】有機JAS認定 はるみ<5kg>

送料無料

商品番号 8313414

6,230円(税込)

★登録するとポイントがどんどんたまる★⇒58ポイントも貯まりま〜す!

[ 送料込 ]

【販売期間:2月1日0時0分3月5日12時0分

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


▼EM栽培のはるみ蜜柑です↓↓↓

★食べ頃の旬は2月後半から3月上旬となります。 !

★天候によりお届けできない場合もございますので、ご了承ください。

★国産、有機JAS認定なので貴重です。

「清美」と「F2432ポンカン」との交配によって生まれた中晩柑橘で、タンゴールの一種になります。 1996年に命名され、1999年11月に品種登録されました。 「はるみ」と言う名は春を予見させる味と香りにちなんで名付けられたそうです。

はるみの果実の大きさは180〜200g程度で、果皮は艶があり、やや厚みがありますが、 皮は剥きやすく、ジョウノウも薄くそのままでも食べられます。果肉はジューシーな割りに サノウの一粒一粒がしっかりしていて、ジョウノウを開いても果汁が滴るようなことはあまり無く、 食べるとサジョウのツブツブした感じがプチプチと舌に感じられます。味はポンカンなど より甘味酸味共に濃く感じられます。

●皮は剥きやすく、ジョウノウごと食べられます はるみの皮は比較的剥きやすいです。ミカンのように手で剥いても大丈夫です。ジョウノウも薄いのでそのまま食べられますが、ジョウノウを剥くときに汁が垂れにくく剥きやすいので、ジョウノウも手で剥いて果肉だけにして食べるとより美味しいです。また、種がほとんど無いのも特徴です。

★産地から直送!他の商品と一緒にはお届けできません!

◆EM栽培の柑橘類の特徴◆
◆有機の柑橘は元気な力の味と香り!
オーガニック(有機)栽培で育てた柑橘は、形が不ぞろいだったり、不恰好だったり、 皮に小さなすり傷が付いてしまうことがよくあります。 皮を光らせて美味しそうに見せるワックスも使いませんから、いつも、見慣れた 柑橘と比べたら「おいしくなさそう」と心配になるかもしれませんが、これが、オーガニックの証なのです。 味は単に甘いだけでなく、酸味があったり、ほろ苦さがあったり、柑橘の種類それぞれに 本来の持ち味を強く感じることができるのです。



はるみの果実の大きさは180〜200g程度で、果皮は艶があり、やや厚みがありますが、 皮は剥きやすく、ジョウノウも薄くそのままでも食べられます。果肉はジューシーな割りに サノウの一粒一粒がしっかりしていて、ジョウノウを開いても果汁が滴るようなことはあまり無く、 食べるとサジョウのツブツブした感じがプチプチと舌に感じられます。味はポンカンなど より甘味酸味共に濃く感じられます。



食物は体と心に影響を与えるとっても大切なもの。食物は私たちが口に入れて食べることで栄養になり、 体を作ったり、動いたり考えたりするエネルギーになります。 だから、本当に安心して食べられ、安全な食べ物を選ぶことは重要です。 有機JAS認定柑橘は、赤ちゃんから年配の方まで、安心して食べていただける柑橘です。 農薬や化学肥料を一切使わない有機栽培を行い、有機JAS認定を取得している果実です。



農薬や化学肥料をたくさん与えて栽培すれば、大きい果実がたくさん収穫できますが、 その代わりに農薬が果実に残ったり、土の力を弱めたり、水を汚染することもあります。



農薬に頼ると果樹自体の力も弱くなりますので、土・水・木と悪循環に陥ってしまうのです。



有機栽培やEM栽培は、ミミズやダンゴ虫などの小動物や有用微生物の力を借りて、土の持つ力を高め、 病気や虫に負けない元気な木を育てる農法です。有機で栽培・収穫された果実はとても 元気で力のある味と香りがします。



愛媛の三皿園では毎日が雑草と害虫対策にあけくれる日々・・・ EMを活用して、 レモン八朔甘夏なども有機栽培しています。
本物の有機果実を手に入れたければ、“有機JASマークをお探しください!”

有機農産物は、3年以上化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、 播種または植付け前2年以上(多年生作物にあたっては、最初の収穫前3年以上)の間、 堆肥等による土づくりを行った圃場(ほじょう)において生産された農作物を指します。 農林水産省では2000年4月1日より改正JAS法のもと有機農産物および、有機農産物加工食品のJAS規格 (日本農業規格)を定め、JAS規格に適合するものであるかどうかについて厳しい審査をし、 合格したものにだけ有機JASマークの表示を許可しています。 三皿園は、2000年12月21日に有機JAS認定を受け、認定された後も、毎年登録認定機関より検査を受けています。