EM2はアミノ酸やミネラルを含有。甘みを高め、根の育成を促す効果があるEM1号の補助剤

EMショップ > 農業[EM・土壌改良・有用微生物・有機栽培] > EM2号 10L★


<有機JAS適合資材>EM2号 10L

EM2号 10L★
EM2号 10L★

EM2号 10L★

  • ポイント10倍

商品番号 8011006

20,520円(税込)

★登録するとポイントがどんどんたまる★⇒1,900ポイントも貯まりま〜す!

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く


■水稲・果樹・畑作の安定生産へ

EM2はアミノ酸やミネラルがバランスよく含まれています。
多くのアミノ酸は甘みを高めたり、根の育成を促したりする効果があると言われています。また、ミネラルは植物体内の酵素の発現に必要であり、健全生育を促すと言われています。
土壌中でこれらの有効物質の働きにより、生育や品質向上などに作用します。EM1号の補助剤として使用ください。葉面散布には500〜1,000倍に希釈してご使用下さい。土壌処理にはEM1と併用し、10ア−ル当たり1リットルを500〜1,000倍に希釈してご使用下さい。


EMを使って有機農業を可能に!


健康な土から元気な野菜が育ちます。


■使用のポイント
・土壌の湿り気を保つ
・こまめに散布
・堆肥を十分に!
・殺菌剤・消毒剤と混ぜない(展着剤・殺虫剤は可能)

■EM2号の効果のメカニズム
EMに含まれる乳酸菌、酵母、光合成細菌は互いに共生しながら、土壌の微生物 を活性化させ、腐敗菌の抑制、有機物の発酵分解の促進、作物への生理活性物質 の供給をします。EMを使用すると土が蘇り、根量が増加して作物が元気になります。

■EM2の使用方法
□種子処理
<施用方法>
EM2の100倍希釈液に種子を30分ほど浸し、播種します。
処理の時間はほうれん草などの硬い種子やカボチャなどの大きい種子は長めに浸し、 乾燥させる場合は陰干ししてください。
(EM1の2000倍液との併用も効果的です。)

□苗処理
<育苗期>
7〜10日に一度、EM2の100倍希釈液を散布します。
EM1の1000倍液との併用も効果的です。

<移植時>
苗の植え付け前に、EM2の100倍希釈液に浸して苗土に十分しみこませて定植。
定植後、EM2の100倍希釈液を灌水します。
□葉面への散布
<生育期間>
本葉の展開以降、EM2の500倍液を散布し、その後は、7〜140日毎に葉面に散布。
EM3の1000倍液・EM1の1000倍液との併用が効果的です。

EM2号にはアミノ酸やミネラルがいっぱい!


健康な土だからしっかり根ばりします。


農業用品・ 有機栽培を可能にするEM1号・ EM発酵液を作るときに使う糖蜜・ 石灰・貝化石の代わりにサンゴ要源A光合成細菌 簡易活性装置