EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 園芸[生ごみバケツ・EMボカシで有機野菜・お花づくり] > 園芸ボックス45L

EM生活 園芸ボックス45L
EM生活 園芸ボックス45L
EM生活 園芸ボックス45L

EM生活園芸ボックス45L

商品番号 0093030

3,785円(税込)

★登録するとポイントがどんどんたまる★⇒35ポイントも貯まりま〜す!

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(4.0) 4.00

ガトーさん(13件) 購入者

岐阜県/40代/男性 投稿日:2015年07月04日

おすすめ度 おすすめ度(4.0)

ドクダミを収穫し乾燥させたので保存容器に使おうと思ったけどパッキンがありませんでした。
ふたのバックルはしっかりしてます。
踏み台にはなりませんから普通に使います。
冷蔵庫に入れない野菜入れにしたらどうなるんだろう。
安心の日本製でした。



★園芸用品入れに!
★生ごみリサイクルの堆肥づくりに!


EMセラミックスが配合してあるプラスチック素材ですから、EM発酵堆肥づくりに適しています。

EMで発酵させた生ごみと古い土をまぜてふたをした箱の中が暖かくなってきたら、かき混ぜて空気を送り込むこと3回。その後2日間日光にさらせばEM堆肥のできあがり。

軍手やスコップなどの園芸用品入れはもちろん、台所に置いて食品保存やおもちゃ入れとして子供部屋に置いても便利!
外寸サイズ:545×379×322mm

(お知らせ)取っ手部分がステンレス製からプラスチック製に変更されました。また、キャリーは付かなくなりました。

(注)サイズ(内寸について)
底から上に向かって大きくなっています。
底部サイズ:32.5×46cm
上部サイズ:33×48.5cm


■EMでいきいきエコ菜園
オーガニックブームで無農薬・無化学肥料で野菜を手作りしたい人が増えて きました。
EMを活用すれば、簡単に「安全で、健康によく、おいしい」野菜をつくる ことができます。
またEMは、ごみ減量にも一役買っています。
EMを使えば、私たちの台所から出る生ごみが栄養たっぷりの堆肥に生まれ 変わるのです。 そして土を豊かにして作物を育て、そこで育った作物を食べる私たちも健康 になります。 それぞれの四季を楽しめて、経費もコストダウン、有機の美味しい野菜が穫 れてカラダにも環境にもよい「EMエコ菜園」をあなたも始めてみませんか?

■菜園の準備
基本的な土づくり:種まきや苗の定植前に基本の土づくりをします。
夏場は2週間以上、冬場は1〜2か月前までに行いましょう!

1)完熟堆肥(落ち葉や草や作物残渣を2年間発酵完熟させた腐葉土で園芸店で 購入できる)
EMボカシ2型(又はEM生ごみ堆肥)を投入。
2)EM活性液又は米のとぎ汁EM発酵液を500〜1000倍に薄めて1L/平方メートル 散布。その後、完熟堆肥やEMボカシなどが土によくなじむようにすき込む。 備中鍬などを使って深めに耕しましょう。
3)畝幅は60〜80cmくらい(できるだけ経験者に聞いて行いましょう。)畝間 は野菜が成長すると作業がしにくくなることも念頭において30cmくらいは あけ、日中、陽がまんべんなく当たるように南北につくるのが一般的 また、区画の一隅に、EM生ごみ堆肥を入れる場所を作っておくと追肥に使う のに便利。
4)生ごみ堆肥の施行
畝に沿って条状に堀った穴に入れる。土とEM生ごみ堆肥をよく混ぜる。 さらに上から土をかぶせる。(やせ土の場合は、あらかじめ完熟堆肥、籾殻 クン炭、貝化石などを土とよくなじませ、基本の土づくりをしてから行い ましょう。)

■種まき・苗の定植・水やり
種まきには、土に直接まく「じかまき」と、一度苗床やビニールポットなどに まいて、苗がある程度育ってから移植する「苗床まき」があります。植え替え る時、根を傷めやすいものは「じかまき」にしましょう。

■よい土はフカフカしている
堆肥などの有機物を土に入れると土中の微生物がこれを発酵分解します。
分解物ネバネバとした糊のようなもので、土粒と土粒をくっつけ、団粒をつく ります。さらに団粒と団粒が結合して、大きな団粒になります。 団粒になると、土の隙間が広がり、水はけ、水もち、通気性のよい、フカフカ の土になるのです。
※EMは土中の微生物に働きかけ、発酵分解するのを助けます。