EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 食品[EMXゴールド・塩・味噌・海苔・きび糖] > 静岡産茶 EM蘇生三年番茶 150g

本物の有機茶を手に入れたければ、“有機JASマークをお探しください!”


静岡産茶 EM蘇生三年番茶 150g
静岡産茶 EM蘇生三年番茶 150g

静岡産茶 EM蘇生三年番茶 150g

おすすめ

商品番号 0411010

540円(税込)

★登録するとポイントがどんどんたまる★⇒5ポイントも貯まりま〜す!

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

ぽんぽこさん(40件) 購入者

非公開 投稿日:2014年03月24日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

雑味がなく、香ばしさが引き立っています。ほっこりする美味しさです。

Nさん(1件) 購入者

非公開 投稿日:2013年04月22日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

お値段も手ごろでとても飲みやすかったです。

EM自然農法による、無農薬・無化学肥料の<JAS有機茶>番茶を熟成させ、長時間、焙煎したほうじ茶風味。おだやかな味わいになり、優しくカラダを温めてくれます。 お茶どころ静岡・掛川で、約250年の歴史をもつ老舗「宝和園」が創設した、環境と健康に優しいこだわり茶をプロデュースする「お茶の芸術村研究所」が育てたお茶です。土づくりからこだわり、肥料はEM有機100%。茶畑はもちろん、製茶・袋詰めの作業場まで、すべてJAS有機認定です。安全安心でおいしい、お茶をぜひ、ご賞味ください。

名称:有機煎茶(茶銘:EM蘇生茶 三年番茶)
原料名:有機緑茶
原産地名:静岡県産
内容量:150g
賞味期限:枠外株に記載
保存方法:高温多湿を避け、移り香に気をつけて保存ください。

★フジテレビ お昼の番組バイキング 「がんの死亡率が最も低い街を徹底調査!秘密は(秘)茶?」で、12/1日(火)11:55〜12:55放送、 EM蘇生茶・玄米茶・3年番茶でおなじみの掛川市とお茶が登場!

坂上忍&みきママがMCのフジテレビ お昼の番組バイキング明日の放送で、 なんと、EM蘇生茶・玄米茶・3年番茶でおなじみの掛川市とお茶が登場!

それも、タイトルが「がんの死亡率が最も低い街を徹底調査!秘密は(秘)茶?」 とインパクトのあるもの!

情報もとの宝和園さんによると・・・ がんによる死亡率が低い街として掛川市が紹介されるんだそうな!

静岡は言わずと知れた日本一のお茶の産地: 掛川もお茶の一大産地なんですよー。

東京都板橋区 茜台クリニックの済陽医師によると 「緑茶にがんの予防効果がある!」 「抗酸化さようのあるカテキン、免疫機能を改善するビタミンE,腸内環境を整える クロロフィルが多く含まれており、様々ながん予防に効果が期待できる」とのこと。

国立がん研究センターの臨床実験でも、緑茶の摂取で胃がんのリスクが減ることが 立証されているんだそうです。 更に、深蒸し製法により、茶葉の栄養成分まで摂取できるとか。

掛川市内の小学校では、給食時に緑茶を飲んでおり、自宅から水筒持参で、お茶で うがいをする子もいて、子供のときから日常で緑茶を摂取している。

地元では、お茶を使った料理も食べるとか。 済陽医師によると「茶葉を食べると食物繊維も取れて、腸が整えられて、大腸がんなどが 予防できる」とのすごいお話!

済陽医師から、新しいお茶として「水出し茶」を紹介! 水出しでエビガロカテキンが多いお茶ができ、カフェインも少ないのだとか。 「エビガロカテキンは免疫力をアップ!抗酸化作用が強くなり 、がん予防に効果的!」なんだそうです!

みなさんも、緑茶を飲んだり、茶葉を料理にしたりしてはいかがですか?
★有機JAS認定茶なら言うことなし!
緑茶といえば、話題の成分「カテキン」。花粉症、アレルギー性皮膚炎、肥満など、あらゆる 現代病の予防などに注目されているのは、皆さんもご存知のとおりですね。
また、緑茶に含まれる「フラボノイド」は口臭を防ぐほか、血管の柔軟性を保ち、血圧を 下げる働きが。渋み成分である「タンニン」は皮膚をひきしめ、止血、抗菌、鎮痛効果が あるといわれ、美白にいいビタミンC、皮膚や粘膜を強くするビタミンAも豊富で、美肌にも オススメ! 更に「テアニン」にはリラックス効果もあり、まさにお茶はいいことづくめ。

とりわけ、農薬や化学肥料を使わない、有機JAS認定茶なら言うことなし!
自然の恵みが凝縮されたお茶本来の味と香りが存分に楽しめるのはもちろん、安全、 安心。 だからこそ、飲むだけでなく、天ぷらの衣に混ぜたり、お茶漬けにしたり、クッキー に混ぜ込んで焼いたり楽しんでくださいね。





この蘇生茶の産地は世界農業遺産!

■世界農業遺産の茶草場農法とは?


このEM蘇生茶の茶畑(静岡県掛川市など)は「世界農業遺産:茶草場農法」の産地として 登録されています。

「茶草場農法」とは、茶園周囲にススキなどの草を生やして秋頃に全てを刈り取って干草にし 、茶園の畝間に敷きます。

この農法は古くから行われていた伝統農法で、茶草を敷くことによって土が軟らかく豊かになり 、茶の味や香りが良くなります。

EM蘇生茶の産地では、自然循環を活かし豊かな生物多様性を育む茶草場 農法に、更にEMを活用することで、茶草の発酵を高め、自然の循環力を高めてより 自然に近く、より美味しいお茶が育ちます。





◆お茶の産地(静岡県)放射能調査結果について(H23年6月17日発表)
静岡県は6月17日に、県内茶産地の二番茶の生葉及び荒茶について、茶の放射能モニタリング調査を実施したところ、すべての地 点で食品衛生法の規定に基づく暫定規制値を下回り、健康への影響を心配するレベルではなく、問題ないことを確認しました。

◆放射性セシウム調査結果(二番茶:生茶・荒茶)
* 放射性ヨウ素は全ての地点で検出されませんでした。


(注1)生茶・荒茶の採取した場所・時期が異なります。
(注2)暫定規制値:生茶、荒茶いずれも500ベクレル/kg
(注3)検査機関:構成労働省横浜検疫所
(注4)調査結果公表:静岡県経済産業部 農林業局茶業農産課