EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

  • 新規会員登録で500ポイントプレゼント
  • 農業・ガーデニング用EM1号
  • EMの発酵飲料水 EM-X GOLD
  • 室内・ペット用 EMW
お探しものは?
  •  EMXGOLDお試し品<送料無料>
  • GOLD 倶楽部
  • お米(EM米)
  • 赤とんぼクラブ
  • お野菜・フルーツ
  • ガーデニング
  • インテリア・寝具
  • 浄水器
  • お台所まわり
  • サニタリー用品
  • ペット
  • プロハーブ
  • エンバランス容器
  • セラミック
  • シャボン玉
  • ホームスパン
  • 別送品(肥料など)
もっと知りたい?
  • EMとは?
  • EMX GOLDとは?
  • EM活用法
  • EMWの使い方
  • お役立ちQ&A
  • キャンペーン特集
  • おすすめ商品:みちのくあかね会のホームスパン[マフラー・ ネックウエアー・ 帽子]
  • 生ごみリサイクル
  • 新着情報:新商品
  • 産直市場:産地と生産者さん
紹介
  • お客様の声
  • EM用語辞典
  • リンク集

メルマガバックナンバー

  • 社長ブログ
  • emj店長ブログ
  • EMの歴史<目次>
  • 映画「蘇生」<目次>
  • スタッフブログ
  • EM商品のことならEMショップ地天
  • エンバランスの新着チャック袋がリニューアル
  • みちのくあかね会ホームスパン
  • EM・X GOLD 10ml×10包
  • EM・XGOLD500ml×2本から<送料無料>
  • EM野菜をお届け お野菜大好き便

営業日カレンダー

会社概要

株式会社イーエムジャパン
〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船3-1-3

イーエムジャパンお電話:0467-45-4185

EMモバイルショップ

携帯電話で楽々お買い物QRコードよりアクセス

EMショップ > 書籍[健康生活宣言・比嘉照夫教授著書・エコピュア] > チェルノブイリから学んだお母さんの為の放射能対策BOOK

★「NPO法人チェルノブイリへのかけはし」の野呂美加さんの著書!!
チェルノブイリから学んだお母さんの為の放射能対策BOOK

チェルノブイリから学んだお母さんの為の放射能対策BOOK

NEW!!

商品番号 9005051

1,404円(税込)

★登録するとポイントがどんどんたまる★⇒13ポイントも貯まりま〜す!

ご好評につき、完売いたしました。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

◎「NPO法人チェルノブイリへのかけはし」の野呂美加さんの著書!

▼野呂美加さんのお話会についてはこちら
▼健康生活宣言のバックナンバーはこちら

★EM2011イベント・セミナー情報⇒12/8野呂美加さんお話会★



「チェルノブイリから学んだお母さんのための放射能対策」の著者、野呂美加さんのお話し会

19年におよぶチェルノブイリ被災児童の保養活動から学んだことをもとに大切な子どもたちを親としてしっかりと守っていくための考え方や方法ヒントなどを、同じ母親の立場からやさしくアドバイスしていただきます。放射能を心配するだけではなく、具体的にどう 対処するかご一緒に考えましょう。

■講師 野呂美加さん
■日程 12月8日(木)
13時30分〜16時30分 13時10分開場
■会場 鎌倉芸術館集会室3F
■定員 150人
■資料代 500円 (おつりのないようにお願いします)
■お子さんが遊べるコーナーあり。


■野呂美加さんはこんな人
特定非営利活動法人「チェルノブイリへのかけはし」代表。
HP http://www.kakehashi.or.jp/ 1992年、チェルノブイリ原発事故被災児童を、1か月間日本で保養させる活動を知人とともに始める。これまでに招待した子どもは、19年間で648人。ベラルーシ共和国およびウクライナ共和国を20回以上現地訪問し、交流を重ねてきた。2005年、国際交流基金より「地球市民賞」受賞。今年10月チェルノブイリで現地の人たちと情報交換を行う。
著書「子どもたちを内部被ばくから守るために親が出来る30のこと  ―チェルノブイリの体験から」筑摩書房・「チェルノブイリから学んだお母さんのための放射能対策BOOK」学陽書房 


■主催  NPO法人エコガイア
■後援  鎌倉市・鎌倉市教育委員会
■お申し込み⇒TEL 0467-45-4192 FAX 0467-45-0936



◆2011年8月に鎌倉市生涯学習センターで行われた野呂美加さんのお話会は、立ち見がでるほど、定員250人満員でした。 小さいお子さんを連れた若いお母さん方がいかに、今、心配なさっているか・・・。
わかりますよね。↓↓↓↓↓