EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 生活[シャボン玉EM石けん・エンバランス・EM生活] > セラミック製品 > スペースメイトミニ(グレー)

◆EMスペースメイトを身につける!
◆EMセラミックスでつくられたスペースメイトミニをご存知ですか?
◆EMテクノロジーを活用したEMセラミックスのスペースメイトのミニサイズです。
セラミックを使ってみよう!



>>>☆セラミックスのはじまり&使い方はこちら⇒ 店長ブログ:セラミックについて詳しく



(注) 皮ひも付きスペースメイトミニは こちら

スペースメイトミニ(グレー)
スペースメイトミニ(グレー)
スペースメイトミニ(グレー)

スペースメイトミニ(グレー)

おすすめ

商品番号 0220060

1,080円(税込)

★登録するとポイントがどんどんたまる★⇒10ポイントも貯まりま〜す!

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

この商品の平均評価:おすすめ度(5.0) 5.00

坊っちゃんママさん(17件) 購入者

愛媛県/50代 投稿日:2014年07月13日

おすすめ度 おすすめ度(5.0)

ひもに通して固焼きパイプと一緒に使用しています。効果抜群です。


☆売れてます!

サイズ:厚さ:4mm・重さ:10g・幅42×たて42mm スペースメイトミニはEMの持つ抗酸化・非イオン作用により、空間を調整する作用 が期待できます。カバンにぶらさげたり、ネックレスとして身の回りにおいてみてください。 穴の大きさは7〜8mmです。

【材質】ケナフメラミン(耐熱温度120℃・耐冷温度-20度)
【サイズ】幅42×たて42mm
【規格】1枚入り


(注)穴があいてるので、皮紐でペンダントに!⇒ 皮ひも付きスペースメイトミニ(グレー)は こちら

★スペースメイト(ミニ)の 白(ホワイト)もあります!



◆EMセラミックスとは?
◆EMセラミックスでつくられたスペースメイトをご存知ですか?
EMテクノロジーを活用したEMセラミックスをみの周りにおいてみましょう。
◆私たちの身の回りに 空間用EMセラミック<一覧>
◆環境・建築用 EMセラミックパウダー<一覧>
◆農業用セラミック・飼料用 別送品<一覧>


セラミックを使ってみよう!



◆EMスペースメイトを身につける!
>>>☆セラミックスのはじまり&使い方はこちら⇒ 店長ブログ:セラミックについて詳しく



(注) 皮ひも付きスペースメイトミニは こちら



■驚いたのは勧めた僕のほうだった・・・。(談:比嘉教授)

コロンビアを訪れた時、椎間板ヘルニアを患って痛がっていた人に出会い、「このスペースメイトをドライヤー の熱で温め腰の痛いところに乗っけておきなさい。」 と勧めたところと翌日は痛みが和らいで、杖なしでスタスタ歩いてきたよ。





EMのパワーいっぱいのセラミックス!

EMを活用した土壌改良や水質浄化を行うのにあたり、当初は木炭や素焼きのかけらなどにEMを定着させる試みが行われてきました。成果は出たものの、よく調べてみると、微生物であるEMは環境の変化に応じてそれらの素材から移動してしまっていることが判りました。
そこで、EMを粘土に混ぜこみ素焼きにすれば、EMを移動できないように封入できるのではないかというアイデアが生まれたのです。このねらいは見事に的中!半永久的にEMを封じ込めることが出来、そして、更なる検証と改良、安定化がはかられて完成したのが、EMセラミックスです。
工夫ひとつで、ありとあらゆる分野でこの微生物の神秘な力を確認できるでしょう!


●進化を続けるEM技術●

★EMセラミックスはいつ生まれたのでしょうか?

☆1982年☆・・・EM1号として流通スタート!

☆1986年☆・・・EMの海外普及開始!

☆1993年☆・・・比嘉教授の著書「地球を救う大変革」が大ベストセラーに!

☆1994年☆・・・EM-X・EMセラミックス誕生!

☆1997年☆・・・コスタリカ・中南米でのEM普及開始!

☆2004年☆・・・EM・EM団子による大阪道頓堀川・淀川の浄化活動。

☆2007年☆・・・国際EM技術研究所設立。

☆2008年☆・・・EM-XGOLDがついに誕生!

☆2010年☆・・・宮崎県で発生した口蹄疫のEMによる感染拡大防止で農林水産大臣から感謝状!


★答えは、1999年!EMセラミックスって、ずいぶん前に誕生してたんですね。


☆これからも進化しつづけるEM技術を使って、エントロピー(崩壊)型社会から、地球上のあらゆるものが、原始のように 共存共栄をベースにシントロピー(蘇生)型社会への転換にかわることが出来たら、ありと あらゆる植物、生物が安心して暮らせる地球環境になるのではないでしょうか。
私たち人間は、地球上の一部なのですから。