EM・EMXGOLD・EMW・生ごみ処理器・ホームスパンのことならEMジャパンへ

EMショップ > 生活[シャボン玉EM石けん・エンバランス・EM生活] > サニタリー用品 > サージカルマスク(50枚入り)



★えっ、マスクが1枚12円?

★風邪・インフルエンザ予防・花粉対策にに使い捨てマスク!

◎たった1枚12円でできる予防!

でも、毎日のうがいと手洗いもわすれずに!

サージカルマスク(50枚入り)
サージカルマスク(50枚入り)
サージカルマスク(50枚入り)

サージカルマスク(50枚入り)

おすすめNEW!!

商品番号 0150700

通常販売価格1,058円
604円(税込)

★登録するとポイントがどんどんたまる★⇒6ポイントも貯まりま〜す!

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く



★えっ、マスクが1枚12円?

1枚、12円の使い切りマスク。お気軽に、毎日、通勤、通学にご使用いただけるます。どうぞ、ご自分の為に、ご家族の為に、ご用意、ご利用ください。

▼FM-305 サージカルマスク(50枚入り)の特徴
・顔への密着度を高めるための樹脂が上部に入っている。
・50枚入りなので、毎日の通勤通学の予防として着用できる。
・ウイルス捕集効率99.7%のフィルター付き。
・耳かけなので、簡単装着。
・薄型でダーツがあり、立体的で息苦しくない。

▼材質
マスク本体部:ポリプロピレン
紐部分:芯⇒ポリウレタン・外被⇒ポリエステル
ノーズブリッジ部分:オレフィン系樹脂


▼ご使用上の注意
・用途以外のご使用はお止めください。
・万一・かゆみ、かぶれ等の症状が現れた場合は直ちにご使用をお止めください。
・本品は使い切り商品です。洗濯により再使用はできません。
・湿気のない清潔な場所に保管ください。
・本品は簡易マスクの為、有毒ガス、粉塵発生場所ではご使用不可。
・火気のそばでのご使用は避けてください。
・熱発生機器(オーブン・レンジなどの)そばでのご使用を避けてください。

マスクはあくまでも、予防です。
ウイルスは人ごみにまぎれて、手の触れる場所を介して、感染します。外出する時は、マスクをしましょう。外出から、帰ったら、手洗い、爪先と手首の上まで、念入りに!!EMWを入れた水でうがいをするといいですね。

※試験証明書(CK-09-033060)
品名:マスク1点
試験項目:バクテリアバリア性(BFE)他
<試験結果>
バクテリアバリア性(BFE)
バクテリアバリア性⇒BFE⇒99.7%
試験方法:供試菌:黄色ブドウ球菌
H21年8月28日
財団法人 日本化学試験検査協会
生物試験センター


◎マスクするのが、エチケット?

流行ってますよね。インフルエンザ!
神奈川県の小中学校では「1回目の学級閉鎖から、 2回目の全校休校!」と広がっています!

新型インフルエンザは、飛まつ感染を中心として、空気感染、接触感染の3つのルートで感染します。 今回の新型インフルエンザは、季節性インフルエンザに近い症状ですので、厚生省も、かかった場合 冷静に対応、自宅治療としています。
企業も、家族に新型インフルエンザ患者が出た場合も、マスク着用で通勤を認めています。 これからの寒い時期、新型ウィルス大流行に備えるには、当面は、今されているように、うがい、手 洗い、咳エチケット、マスクの着用などを十分に行ってくださいね。

■家族が万が一、新型インフルエンザにかかった場合
もし、発熱したらまずはあなたの住む地域の窓口へ問い合わせてください。
感染力は強いですが、弱毒性なので、あまり心配しないで、冷静に対処しましょう。 潜伏期間は発病するまでの期間です。感染しなくなるのは、完治するまでです。 家族は、インフルエンザ看護キットで、防御して看病します。

感染が心配な場合は、7日間、安静に規則正しく生活し、毎朝体温を測り、 異常があれば、発熱相談センターに電話してみてください。
しかし、発熱外来ももはやパンク状態らしいので、この冬は、今まで以上に予防に気をつけておくのが、 一番かもしれません。 当面は、うがい、手洗い、咳エチケット、マスクの着用などを十分に行ってください。


■神奈川県:新型インフルエンザに関する「発熱相談センター」設置場所

□平塚保健福祉事務所 0463(32)0130 9時〜17時
□鎌倉保健福祉事務所 0467(24)3900
□小田原保健福祉事務所 0465(32)8000
□茅ヶ崎保健福祉事務所 0467(85)1171
□三崎保健福祉事務所 046(882)6811
□秦野保健福祉事務所 0463(82)1428
□厚木保健福祉事務所 046(224)1111
□大和保健福祉事務所 046(261)2948
□足柄上保健福祉事務所 0465(83)5111
□県保健福祉総務課 045(633)3777 9時〜21時

各自治体の保健所、横浜市の区の保健センター、川崎市、横須賀市、藤沢市及び相模原市でも、 窓口で発熱相談センターを設置し、相談を受け付けています。

<問い合わせ先>
神奈川県保健福祉部
健康危機管理担当課長 此田
電話 045-210-4612

神奈川県以外の方は各自治体にお問い合わせください。